モトローラ / Motorola(企業)

  • モトローラがエントリー向け6.5型スマホ発表、1万8800円のmoto e7と1万6800円のe7 power

    モトローラがエントリー向け6.5型スマホ発表、1万8800円のmoto e7と1万6800円のe7 power

    モトローラ・モビリティ・ジャパンは2月18日に、6.5インチディスプレイを搭載するエントリークラスのスマートフォン、moto e7とmoto e7 powerを発表しました。価格はmoto e7が1万8800円(税込)、moto e7 powerが1万6800円(同)。どちらも2月26日発売予定です。 続きを読む

  • 約3.6万円でペン&トリプルカメラ搭載!6.4型スマホ「moto g PRO」

    約3.6万円でペン&トリプルカメラ搭載!6.4型スマホ「moto g PRO」

    モトローラ・モビリティ・ジャパンはスタイラスペンを内蔵したAndroid 10搭載6.4型スマートフォン「moto g PRO」を10月26日に発表、10月30日に発売した。ペン内蔵スマートフォンといえばGalaxy Noteシリーズが圧倒的なシェアを獲得しているが、moto g PROは直販価格税込3万5800円という低価格が魅力。 続きを読む

  • モトローラの第2世代折り畳みスマホRazrは10月2日に米国発売決定、価格は約12.6万円

    モトローラの第2世代折り畳みスマホRazrは10月2日に米国発売決定、価格は約12.6万円

    折り畳み式のスマートフォンは、ここ数年でかなりの進歩を遂げた。第2世代、初代よりもはるかに堅牢なデザインを採用したGalaxy Fold 2は魅力的だ。そして今回、Motorola(モトローラ)はRazrの改良版で同様の評価を期待している。 続きを読む

  • 5G対応の折り畳みスマートフォン「Motorola Razr」が約15万円で登場

    5G対応の折り畳みスマートフォン「Motorola Razr」が約15万円で登場

    昨年のMotorola Razrの復活は失敗だった。象徴的な名前が最先端のフォームファクタに付けられていたのだ。何が間違っているだろうか?特に折り畳み式の世界では、何も計画どおりにいかないことが多い。いくつかの疑わしいデザインの選択により、評価の低いデバイスが生まれ、折り畳み式モデルの先行きの不透明感が続いている。 続きを読む

  • モトローラが約4.2万円の格安5Gスマホを欧州向けに発表、米国向けには約5.4万円以下の端末を今秋投入

    モトローラが約4.2万円の格安5Gスマホを欧州向けに発表、米国向けには約5.4万円以下の端末を今秋投入

    Qualcommは2019年に「Snapdragon 765」を発表し、低価格な5Gスマートフォン時代の到来を約束した。そしてMotorolaも、このチップを積極的に採用する。同社は高価な端末(結果はまちまちである)を売りにしているが、低価格のデバイスが当面の収入源になることはほぼ間違いない。 続きを読む

  • モトローラは2020年も低価格スマホ中心の戦略、Moto G FastとMoto Eが登場

    モトローラは2020年も低価格スマホ中心の戦略、Moto G FastとMoto Eが登場

    米国時間6月5日、モトローラの低価格スマホラインに2つの新製品が加わった。気どった名前のMoto G Fastと、それよりずっとシンプルな名前のMoto Eだ。 続きを読む

  • アップルやサムスンが低価格モデルを模索する中、モトローラはプレミアム路線に足を踏み入れる

    アップルやサムスンが低価格モデルを模索する中、モトローラはプレミアム路線に足を踏み入れる

    モトローラは、近年お買い得なスマートフォンのメーカーとして定着しているが、まったく別の方向に打開策を見いだそうとしている。同社初の1000ドル級スマートフォンとなるEdge+の投入によって、同社は本物の高級機種の領域へ足を踏み入れた。 続きを読む

  • モトローラが低価格スマホ2機種発表、1機種はスタイラス付き

    モトローラが低価格スマホ2機種発表、1機種はスタイラス付き

    モトローラはスマートフォンの新製品を2機種発表した。250ドル(約2万7500円)のMoto G Powerと、300ドル(約3万3000円)のMoto G Stylusで、後者はその名のとおりスタイラスペンが付属する・ 続きを読む

  • MotorolaのRazrは10万回折りたためなかった

    MotorolaのRazrは10万回折りたためなかった

    今後の数週間で、折りたたみ式スマホであるRaxrに関するいろんな評価や反応が出てくると思うが、それは発表時の期待を上回るような、Motorolaが喜ぶものにはならないだろう。 続きを読む

  • モトローラからGoPro意識の廉価スマホが登場

    モトローラからGoPro意識の廉価スマホが登場

    Motorola(モトローラ)は興味深い試みを続けている。現時点では廉価な「アクションカメラ・スマートフォン」の市場の大きさはわからないが、単調な電子機器の世界では、Lenovo(レノボ)が所有するブランドは面白い立ち位置にいる。 続きを読む

  • 自動運転車の視界に入っていない歩行者を検出できるRF探知技術

    自動運転車の視界に入っていない歩行者を検出できるRF探知技術

    今では歩行者もそのほとんどがモバイルデバイスを持っているから、この検出装置はそれらをスマートなビーコンに換えて、車から見えるように、そして避けられるようにする。 続きを読む

  • Motorola Razrが縦に折り畳みで復活か?

    Motorola Razrが縦に折り畳みで復活か?

    MotorolaのRazrはこのようなデザインで近くリバイバルするかもしれない。Weibo他のオンラインに新しいRazrのものだとするリーク画像が流れて注目を集めている。 続きを読む

  • モトローラ、ガジェット分解のiFixitと組んで「公式DIY修理キット」を発売

    モトローラ、ガジェット分解のiFixitと組んで「公式DIY修理キット」を発売

    携帯電話の修理は必要以上に難しい。この10年端末メーカーは機体の薄さと契約期間だけもてばいいデバイスの開発に注力し、修理のしやすさはおよそ気にかけてこなかった。修理が必要だって? eBayで見つかりますように! 続きを読む

  • Moto Z3はModを使って5Gに対応

    Moto Z3はModを使って5Gに対応

    モトローラのMod(機能拡張モジュール)ラインについての意見は色々出されているが、モトローラ自身は地道な努力を続けている。同社は現在、17種類のModを提供しているが、ほどなく18番目が登場する。そしてそれは最も興味深い応用例の1つとなる。 モトローラは、新しいMoto Z3ハンドセットと同時に、新しいModを発表した。これはVerizonの新しいネットワークを介して、ライン全体に5Gの接続性を提供する。価格は発表されていないが来年の早い時期に出荷が予定されているこのModは、携帯電話に次世代ネットワークを導入する際の苦労に対して、面白い… 続きを読む

  • 着せ替え携帯「Moto Z」の最新モジュールはスマホをポラロイドカメラに変える

    着せ替え携帯「Moto Z」の最新モジュールはスマホをポラロイドカメラに変える

    Moto Zのモジュラー式背面パネル(Modと呼んでいる)は当たり外れがかなりある(大方が外れ、というのが正直な感想)。でもこれはかなり賢い。確かにPolaroidのInsta-ShareプリンターのMoto Modは、 誰かがMotorolaのフラグシップ機種を買いに走るような代物ではないだろうが、アクセサリーをマグネットスナップオン式にする意味のある事例ではある。 続きを読む

  • Motorola Moto Zのサードパーティによるモジュール開発はそこそこ盛ん、最新作を紹介しよう

    Motorola Moto Zのサードパーティによるモジュール開発はそこそこ盛ん、最新作を紹介しよう

    ‘モジュール構造’が売りのMotorola Moto Zはまだ、スマートフォンの世界を変えていないようだが、モジュールのシステムを一般公開して以来、世の中の関心は高まっているようだ。ハッカソンも重要な宣伝役を発揮し、これまではニューヨーク、サンフランシスコ、ブエノスアイレスで開催してきた。来月は中国を予定している。 12月に発表された3つのモジュール入賞作品は、ゲームパッド、美容デバイス、そしてオーディオコンバーターだった。サンフランシスコとブエノスアイレスの最新回では、血糖値を測定するSimple Syrup、赤ちゃ… 続きを読む

  • MotorolaがMoto ZのTangoモジュールを出すかもしれない…むしろモジュールが合ってる技術か

    MotorolaがMoto ZのTangoモジュールを出すかもしれない…むしろモジュールが合ってる技術か

    歩みは遅いけどしかし確実に、Moto Zはエコシステムができつつある。その将来性のありそうなハンドセットはしっかりとしたスペックを持ち、アドオンも多く、これまでのモジュール化ハンドセットとしてはいちばん完成度が高かった。でも、もちろん、それだけでは足りない。 Motorolaは足りないものを補うべく、デベロッパーに開放して改造を自由にし、このハンドセットの機能を充実多様化するために、ハッカソンまで開催した。 続きを読む

  • Motorolaがモジュール方式のスマホMoto ZでクラウドファンディングのIndiegogoとパートナー、アイデアのコンテストを行う

    Motorolaがモジュール方式のスマホMoto ZでクラウドファンディングのIndiegogoとパートナー、アイデアのコンテストを行う

    MotorolaのMoto Zは、それ自体は意欲的で感動的なデバイスだったけど、でもその成功は結局のところ、アクセサリーに依存していた。すばらしいゲーム専用機が必ずしも優れたゲームのエコシステムを作らないように、モジュール方式のハンドセットも、それ自身が、売れるモジュールの数々を作り出すわけではない。 続きを読む

  • ハッセルブラッドのTrue Zoomは、モジュラースマホ Moto Zを本格的カメラに変える

    ハッセルブラッドのTrue Zoomは、モジュラースマホ Moto Zを本格的カメラに変える

    Motorolaのスマートフォン、Moto Zシリーズ用の最新アドオンは、魅力的なモジュラースタイルに本格的カメラの重厚感を付加する。HasselbladのTrue Zoomは、実質的にこのスマホを5.5インチビューファインダー付き薄型コンパクトカメラに変える。 続きを読む

  • 先月の腕時計販売額が10%も下落したのはスマートウォッチのせい?

    先月の腕時計販売額が10%も下落したのはスマートウォッチのせい?

    NPDの調査によると、Apple Watchの発売をうけて、アメリカの時計売上が2008年以来最低の水準になっているのだそうだ。7月の腕時計の売上額は3億7500万ドルで、これは昨年比で11%の下落となっているのだとのこと。 続きを読む