mufin

  • Mufin、パワフルなレコメンドエンジンを組み込んだ独自音楽プレイヤーを公開

    Mufin、パワフルなレコメンドエンジンを組み込んだ独自音楽プレイヤーを公開

    なかなかうまくできている(たいていの場合)音楽レコメンドエンジンのMufinが、独自のメディアプレイヤーをベータ公開した。このプレイヤーにはFraunhofer Instituteで開発されたレコメンドエンジンの機能が組み込まれている。このレコメンドエンジンの機能を使えばライブラリに登録した曲と似ているもののプレイリストを簡単に作成することができる。プレイヤーは現在のところWindows版のみ。但しMacユーザも11月から公開されているMufin.comサイトでレコメンド技術を試してみることはできる。今回発表されたプレイヤーの機能リスト… 続きを読む

  • Mufinの自動楽曲推奨エンジンが一般利用開始

    Mufinの自動楽曲推奨エンジンが一般利用開始

    パワフルで類似楽曲が本当に見つかる楽曲推奨エンジン「Mufin」が一般公開になった。ここの話を最後に紹介したのは、入室制限のあるプライベートベータ版が公開になった10月はじめのエントリ。 このサイトは、今やユビキタスとなっているMP3のファイル形式を開発したのと同じ団体が開発した。 曲を“聴く”高度なアルゴリズムを使い、40を超える特徴をベースに、似たサウンドの曲を見つけてくれる。こうした自動システムは実現が極めて難しい(だからもう一つの楽曲推奨エンジン「Pandora」では人力の専門家判断に任せている)が、僕がや… 続きを読む

  • ソックリな曲が本当に探せる自動楽曲推奨エンジン「Mufin」

    ソックリな曲が本当に探せる自動楽曲推奨エンジン「Mufin」

    “デジタル・フィンガープリンティング・テクノロジー”とかナントカを備えた楽曲推奨エンジンのサイトと聞くと、いつもつい身構えてしまう。フィンガープリンティング(音の波形の指紋)は複数の場所から同じ曲を検出するのには有効でも―例えば楽曲ライブラリにあるコピー曲探しとか― 楽曲推奨が得意な自動システムではない。当たることは稀だ。だからこそPandoraでは推奨エンジンは機械ではなく50人以上いるアナリスト集団に任せているんだし、他のサイトも大体はソーシャルなサジェスチョンやメタデータに頼っているのだ。 でも、今日(米国… 続きを読む