nasa

  • HyperSciencesは超音速ドリル技術で宇宙飛行の「大逆転」を目指す

    HyperSciencesは超音速ドリル技術で宇宙飛行の「大逆転」を目指す

    Eron Musk(イーロン・マスク)がトンネルを掘りながら、地球の遙か上空を飛びたいと考えているのは偶然ではない。 続きを読む

  • オポチュニティ、火星での偉大な探査ミッションを終える

    オポチュニティ、火星での偉大な探査ミッションを終える

    NASAとJPL(ジェット推進研究所)は2月13日、2004年に火星に送られた2台の探査機のうちの1つ「オポチュニティ」の活動が終了したと、特別なプレスカンファレンスにて発表した。 続きを読む

  • Keplerが引退前に撮影した「最後の光」をNASAが公開

    Keplerが引退前に撮影した「最後の光」をNASAが公開

    NASAは9月にKeplerが撮った最後の写真を公開した。 続きを読む

  • SpaceX、ボーイングの有人宇宙飛行計画さらに遅延、当面ソユーズの利用が続く

    SpaceX、ボーイングの有人宇宙飛行計画さらに遅延、当面ソユーズの利用が続く

    今後の宇宙プロジェクトでもっとも重要なのはSpaceXとボーイングが進めている有人宇宙飛行カプセルの開発だが、すでに遅れているスケジュールがさらに遅れることが明らかとなった。 続きを読む

  • Voyager 2が恒星間宇宙に到達、その双子の兄弟に追いついた

    Voyager 2が恒星間宇宙に到達、その双子の兄弟に追いついた

    1977年に打ち上げられた多惑星探査機Voyager 2が、ついに恒星間宇宙(interstellar space)に到達した。 続きを読む

  • NASAのInSight探査機が収集した、心落ち着く火星の風の音を聞こう

    NASAのInSight探査機が収集した、心落ち着く火星の風の音を聞こう

    InSight火星探査機は先週、Elysium Planitiaエリアへの完璧な着陸を果たした。 続きを読む

  • NASAの探査機、InSight、火星着陸に成功――ライブビデオあり

    NASAの探査機、InSight、火星着陸に成功――ライブビデオあり

    NASAの新しい探査機、Insightは無事火星に着陸した!  観測機器を含め探査機の状態が完全であるかどうか確認するにはまだ多少時間がかかる。しかし宇宙を4億6000万キロも飛行した後で火星の大気圏に突入するという、もっとも危険な部分はクリアされた。Insightのチームにおめでとうを言いたい。もっと詳しいことが分かり次第アップデートする。 続きを読む

  • 現実のHAL9000が開発される – その名はCASE

    現実のHAL9000が開発される – その名はCASE

    慌てないで! たしかに、現実は芸術を模倣するが、Cognitive Architecture for Space Exploration(宇宙探査のための認識アーキテクチャー):CASEの開発者たちは、映画『2001年宇宙の旅』から教訓を学んでいる。彼らが作るAIは人を殺さないし、人間を未知の物体に遭遇させて宇宙の涅槃の境地に導いたりはしない(たしか、そんな話だったと思うが)。 続きを読む

  • イーロン・マスクの秘密の屋根裏部屋、NASAのSpaceX立入検査を呼ぶ

    イーロン・マスクの秘密の屋根裏部屋、NASAのSpaceX立入検査を呼ぶ

    Elon Muskが9月のラジオインタビューで口走ったマリファナとの関わりは、彼の信奉者たちを離れらせただけでは済まなかった。 続きを読む

  • 「スペースペン」、50周年を迎える

    「スペースペン」、50周年を迎える

    スペースペンのことは誰もが知っているだろう。NASAが無重力で使える究極のペンを作るために数百万ドルの開発費をかけた結果、この驚くべき道具が出来上がった。いや、違う。事実はといえば、1966年にあるボールペンメーカーが作った——しかしそれが軌道に乗ってスペースペンの運命を全うしたのは1968年10月のことだった。 続きを読む

  • ロシアのロケットの失敗にもかかわらず、NASAはソユーズの打ち上げ予定を変えない

    ロシアのロケットの失敗にもかかわらず、NASAはソユーズの打ち上げ予定を変えない

    米国時間10月11日に起こった、通常は信頼性が高いソユーズロケットの打上げ失敗は、様々な意味で宇宙コミュニティに衝撃を与えた(今回は国際宇宙ステーションへ向かう有人ミッションだった)。だがNASAの担当官Jim Bridenstineは、いずれにせよ新しい乗組員を12月にソユーズで打ち上げる予定だと語った。 続きを読む

  • 宇宙船の液体極低温化技術や空中回収でNASAが$44Mの助成金をBlue Originらに

    宇宙船の液体極低温化技術や空中回収でNASAが$44Mの助成金をBlue Originらに

    NASAがアメリカの宇宙企業数社と、総額4400万ドルの巨額なパートナーシップを結んだ。Blue Origin, Astrobotic Technology, United Launch Alliance(ULA)などの各社が、宇宙利用の安全性と効率性を探求する複数のプロジェクトで、それぞれ最大1000万ドルを受け取る。 続きを読む

  • SpaceX、明日NASAの重力観測衛星を打ち上げへ――地球の水循環をモニター

    SpaceX、明日NASAの重力観測衛星を打ち上げへ――地球の水循環をモニター

    明日(米国時間5/22)打ち上げが予定されてSpaceXのFalcon 9ロケットには5基のIridiumコミュニケーション衛星と2基のNASAの観測衛星が搭載される。Iridium衛星の高度は800キロだがNASAの衛星は480キロ前後なのでFalcon 9は複雑な機動をする必要がある。NASAのGRACE-FO衛星は地球の重力を精密に測定して水の循環をモニターするのが目的で、いわばレーシングカーがシケインを抜けるような動きをする。 続きを読む

  • NASAの惑星探査衛星TESSが星だらけの最初の試験画像を送ってきた

    NASAの惑星探査衛星TESSが星だらけの最初の試験画像を送ってきた

    先月NASAが打ち上げた衛星TESS(Transiting Exoplanet Survey Satellite)は、何千もの星の中に地球に似た太陽系外惑星を探すことが目的だが、このほど最初の試験画像を送ってきた。それはとりあえずざっと撮ったもので“科学品質”のものではないが、それでもミッションの規模を伺わせるに十分だ。TESSが調べる領域は、この画像がとらえている領域の400倍の広さだ。 続きを読む

  • NASAの火星着陸探査機、順調に飛行開始――InSightの火星到達は11月

    NASAの火星着陸探査機、順調に飛行開始――InSightの火星到達は11月

    火星の成り立ちを詳しく調べる科学的機器を満載したミニ宇宙船、Mars Cube One(MarCO)は2段目Centaurロケット頭部のディスペンサーから無事に切り離され火星に向かった。 続きを読む

  • SpaceX、NASAの宇宙望遠鏡を軌道に送り出す

    SpaceX、NASAの宇宙望遠鏡を軌道に送り出す

    SpaceX は、NASAの新しい太陽系外探査望遠鏡を地球高軌道に送り出すことに成功した。今後は月の重力補助を受けて軌道に乗りミッションを開始する。一方、地上ではFalcon 9の第一段ロケットがドローン船 Of course I Still Love Youへの着陸に成功した。 続きを読む

  • 真菌建材から形を変えるロボット群まで、これがNASAの「野心的」最新プロジェクトだ

    真菌建材から形を変えるロボット群まで、これがNASAの「野心的」最新プロジェクトだ

    NASA Innovative Advanced Concepts program(NASA革新的先進コンセプトプログラム)は、おそらく馬鹿げているように聞こえるアイデアに、国家予算が使われていることを観察できる最適な場所だ。なぜならこのプログラムのマネージャーたちは、実現できたら本当に素晴らしい大風呂敷を狙っているからだ。 採択された研究者たちは約12万5000ドルと9ヵ月を与えられ「フェーズI」で自分たちのアイデアの実現に取り組む。これは気の遠くなるような作業か、ひたすら技術的に困難なものである。もし重要な進展が見られたり、そのコンセプトが… 続きを読む

  • SpaceX、Dragon補給船打ち上げ成功――ISSから故障したロボットを持ち帰る予定

    SpaceX、Dragon補給船打ち上げ成功――ISSから故障したロボットを持ち帰る予定

    先ほどSpaceXはCRS-14ミッションを開始し、Falcon 9によるDragon補給船の打ち上げに成功した。これは国際宇宙ステーションに対する14回目の物資補給で、再利用されたDragonはISSに物資を補給した後、故障したロボット、Robonaut 2を持ち帰る予定だ。 続きを読む

  • NASAが作った雪の結晶が解けていくシミュレーションは嵐の予報に役立つだけでなくとても美しい

    NASAが作った雪の結晶が解けていくシミュレーションは嵐の予報に役立つだけでなくとても美しい

    雪については、まだ分かってないことが多い。それはどこから来るのか? どこへ行くのか? どんな味がするのか? これらの疑問に、一応の答はあるけれども、もっと複雑な疑問もある。顕微鏡的な微細なレベルでは、空中の雪はどのように解(溶)けるのか? それが、NASAのあるプロジェクトのテーマで、その結果は実用的であると同時に美しい。 続きを読む

  • アメリカ、国際宇宙ステーションの民営化を検討――シャトルの引退後NASAによる運営困難に

    アメリカ、国際宇宙ステーションの民営化を検討――シャトルの引退後NASAによる運営困難に

    Washington Postによれば、トランプ政権は2024年に国際宇宙ステーション(ISS)を退役させる代わりに、民営化する方策を検討しているという。Washington Postが入手した文書によれば、アメリカ政府はISSを単に洋上に落下させるのではなく、民間企業に運営を任せる方法を模索している。 続きを読む