nasa

  • NASAが月への荷物運搬業務の入札企業リストにSpace XやBlue Originを追加

    NASAが月への荷物運搬業務の入札企業リストにSpace XやBlue Originを追加

    NASAはCommercial Lunar Payload Services (商業月ペイロードサービス、CLPS)プログラムの契約の入札に参加できる企業のリストに新たに5社を追加した。 続きを読む

  • 毒針を持つアカエイにヒントを得た航空機が金星の大気を調べる

    毒針を持つアカエイにヒントを得た航空機が金星の大気を調べる

    NASAの次の金星探査では、バッファロー大学(University of Buffalo、UB)が設計した、アカエイのように後尾に針のあるロボットが大気のサンプリングを行う。 続きを読む

  • ボーイングのStarliner宇宙船の発射台緊急脱出テストが成功

    ボーイングのStarliner宇宙船の発射台緊急脱出テストが成功

    NASAの商業乗員輸送計画のパートナーであるBoeing(ボーイング)は、CST-100 Starlinerに実際に宇宙飛行士を搭乗させるための、重要なマイルストーンを達成した。 続きを読む

  • NASAとボーイングがStarliner宇宙船の発射台からの緊急脱出システムテストをライブ配信

    NASAとボーイングがStarliner宇宙船の発射台からの緊急脱出システムテストをライブ配信

    NASAの商業乗員輸送プログラムに参加するBoeing(ボーイング)社は、早ければ来年にも米国の宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)へと輸送するために開発した新しい宇宙船「CST-100 Starliner」の重要なテストを、米国時間11月4日に実施した。 続きを読む

  • SpaceXが有人宇宙船「クルードラゴン」のパラシュート試験に13回連続成功

    SpaceXが有人宇宙船「クルードラゴン」のパラシュート試験に13回連続成功

    SpaceXは、13回に渡るパラシュート試験に成功した。同社の宇宙船Crew Dragonで利用予定の第3世代パラシュートシステムだ。直近のテストでSpaceXは、短く編集ビデオをTwitterで公開し、パラシュートの一つを意図的に作動させないシステムの実験を見せ、仮に部分的に不具合が起きた場合にも飛行士がが安全に着地できることを示した。 続きを読む

  • 米国空軍の宇宙試験機「X-37B」が780日間の軌道滞在から帰還

    米国空軍の宇宙試験機「X-37B」が780日間の軌道滞在から帰還

    米国空軍が運用する試験宇宙機X-37Bが軌道を離れ、NASAのケネディー宇宙センターに無事着陸した。SpaceXのロケットで打ち上げられてから2年以上を経ての帰還となった。 続きを読む

  • NASAの火星探査車「Mars 2020」が6輪ホイールで初接地

    NASAの火星探査車「Mars 2020」が6輪ホイールで初接地

    NASAの火星探査車ことMars 2020は、地球から何億マイルも離れた過酷な環境の中で、自律的に活動しなければならない。現在はまだNASAのジェット推進研究所で開発中だが、どのマイルストーンも重要なものだ。そして今週、Mars 2020は完全に組み立てられ、自身の6輪のホイールで自重を支えながら接地した。 続きを読む

  • NASAが月の南極の地表下で結氷水を探すVIPER探査車を2022年に打ち上げ

    NASAが月の南極の地表下で結氷水を探すVIPER探査車を2022年に打ち上げ

    試料採掘とスペクトル分析を大面積にわたって行うと、地表下の水の所在を地図に落とし、大きなパターンを掴めるだろう。月の上の、人間が大好きな物質の存在を、もっと体系的に理解できるかもしれない。 続きを読む

  • アルテミス有人月飛行計画にはもっと多くのスタートアップを呼び込みたいとNASA長官が呼びかけ

    アルテミス有人月飛行計画にはもっと多くのスタートアップを呼び込みたいとNASA長官が呼びかけ

    国際宇宙会議が今週開かれたが、私はNASAのジム・ブライデンスティン長官に、NASAが意欲的に推進するアルテミス計画におけるスタートアップの役割をどう考えるかを尋ねた。 続きを読む

  • NASA長官が人類は2035年までに火星に行けると発言、ただし予算が付けば

    NASA長官が人類は2035年までに火星に行けると発言、ただし予算が付けば

    NASAのジム・ブライデンスタイン長官は月曜日(米国時間10/21)の年次国際宇宙会議で、複数の国際宇宙機関の代表者と共同講演を行った。最後に講演者全員にある質問が投げかけられた。人類はいつ火星に行けるのか? 続きを読む