NASA(組織)

NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。

  • NASAと米連邦航空局もSolarWinds製品を使った大規模ハッキングで被害に遭ったとの報道

    NASAと米連邦航空局もSolarWinds製品を使った大規模ハッキングで被害に遭ったとの報道

    米国政府機関や民間企業を狙ったスパイ活動の一環として、ハッカーが米国の宇宙機関NASAと米連邦航空局のネットワークに侵入したと報じられた。 続きを読む

  • NASAが火星に降下するパーセベランス探査機の高精細度動画を公開

    NASAが火星に降下するパーセベランス探査機の高精細度動画を公開

    NASAは、火星探査機パーシビアランスとその着陸モジュール・ローバーが撮影した火星大気圏突入から着陸までの「恐怖の7分間」を完全に記録したビデオを公開した。 先週公開された画像は予告編だった。 続きを読む

  • 火星探査車降下途中の「恐怖の7分間」がリアルに感じられる写真

    火星探査車降下途中の「恐怖の7分間」がリアルに感じられる写真

    火星探査車「Perseverance(パーセベランス)」は日本時間2月19日朝、無事に火星に着陸したが、その直前には火星の大気圏に高速で突入し、NASAのチームが「恐怖の7分間」と呼ぶ着陸に向けた一連の複雑な操作が行われた。NASAはその時に撮影されたゾクゾクする写真を公開している。 続きを読む

  • パーセベランスが火星着陸に成功、最初の火星表面画像を送信

    パーセベランスが火星着陸に成功、最初の火星表面画像を送信

    火星探査車Perseveranceは、スカイクレーンのロケットが作動する直前に着地地点を特定するという手に汗握る降下の後、無事に着陸を果たした。すると早速、パーセベランスは今回のミッションで探検することになっているジェゼロクレーターの最初の映像を送ってきた。 続きを読む

  • 民間商業宇宙ステーションの実現を目指すAxiom Spaceが約138億円を調達

    民間商業宇宙ステーションの実現を目指すAxiom Spaceが約138億円を調達

    NASAが民間開発の宇宙ステーションモジュールを国際宇宙ステーションに取りつけるために選んだAxiom Spaceは、C5 Capital(C5キャピタル)が主導した新たな資金調達について発表した。 続きを読む

  • NASAが宇宙飛行士や従業員の新型コロナ感染予防にFitbitsデバイスを活用

    NASAが宇宙飛行士や従業員の新型コロナ感染予防にFitbitsデバイスを活用

    NASAは150人の宇宙飛行士を含む1000人の従業員に、主要な宇宙ミッションに先立ってミッションクリティカルな人員の健康を保つ取り組みを補完できるかどうか確認するパイロットプログラムとして、Fitbitデバイスを提供する。 続きを読む

  • 超音速航空機のアエリオンが高速2点間飛行の技術研究でNASAと提携

    超音速航空機のアエリオンが高速2点間飛行の技術研究でNASAと提携

    Aerionは約10年前から商業超音速飛行の新時代を切り開くために取り組んできたが、その知識を超音速2点間飛行の追求に生かすため、NASAと新たなパートナーシップを締結したことを発表した。 続きを読む

  • NASAが月周回有人拠点「Gateway」のパーツを打ち上げる2024年のミッションにSpaceX Falcon Heavyを指名

    NASAが月周回有人拠点「Gateway」のパーツを打ち上げる2024年のミッションにSpaceX Falcon Heavyを指名

    NASAは、将来の月探査ミッションの中継地として使用される月周回有人拠点であるGatewayの主要2モジュールをSpaceXが運ぶことを発表した。電源・推進装置と居住モジュールが合わさって、初の月宇宙ステーションとして利用できるようになる。2024年にFalcon Heavyによって打ち上げられる予定で、推定金額は3億3200万ドル(約347億円)となる。 続きを読む

  • 宇宙開発のFirefly Aerospaceが月面着陸船契約をNASAと98.4億円で結ぶ

    宇宙開発のFirefly Aerospaceが月面着陸船契約をNASAと98.4億円で結ぶ

    NASA(アメリカ航空宇宙局)は、実験設備を搭載した月面着陸船モジュールを月面に運ぶために、9330万ドル(約98億4000万円)の契約をFirefly Aerospace(ファイアフライ・エアロスペース)と結んだ。 続きを読む

  • NASAの有人月探査船ミッションのメンバーに選ばれたアン・マクレーン宇宙飛行士が次世代宇宙船の設計と操縦について語る

    NASAの有人月探査船ミッションのメンバーに選ばれたアン・マクレーン宇宙飛行士が次世代宇宙船の設計と操縦について語る

    NASAは有人月探査プロジェクトであるアルテミス計画に参加する宇宙飛行士の1人に、ISS国際宇宙ステーションで203日間過ごしたアン・マクレーン氏を選んだ。マクレーン氏は抱負とビジョンを次のように述べている。 続きを読む