nasa

  • SpaceX、明日NASAの重力観測衛星を打ち上げへ――地球の水循環をモニター

    SpaceX、明日NASAの重力観測衛星を打ち上げへ――地球の水循環をモニター

    明日(米国時間5/22)打ち上げが予定されてSpaceXのFalcon 9ロケットには5基のIridiumコミュニケーション衛星と2基のNASAの観測衛星が搭載される。Iridium衛星の高度は800キロだがNASAの衛星は480キロ前後なのでFalcon 9は複雑な機動をする必要がある。NASAのGRACE-FO衛星は地球の重力を精密に測定して水の循環をモニターするのが目的で、いわばレーシングカーがシケインを抜けるような動きをする。 続きを読む

  • NASAの惑星探査衛星TESSが星だらけの最初の試験画像を送ってきた

    NASAの惑星探査衛星TESSが星だらけの最初の試験画像を送ってきた

    先月NASAが打ち上げた衛星TESS(Transiting Exoplanet Survey Satellite)は、何千もの星の中に地球に似た太陽系外惑星を探すことが目的だが、このほど最初の試験画像を送ってきた。それはとりあえずざっと撮ったもので“科学品質”のものではないが、それでもミッションの規模を伺わせるに十分だ。TESSが調べる領域は、この画像がとらえている領域の400倍の広さだ。 続きを読む

  • NASAの火星着陸探査機、順調に飛行開始――InSightの火星到達は11月

    NASAの火星着陸探査機、順調に飛行開始――InSightの火星到達は11月

    火星の成り立ちを詳しく調べる科学的機器を満載したミニ宇宙船、Mars Cube One(MarCO)は2段目Centaurロケット頭部のディスペンサーから無事に切り離され火星に向かった。 続きを読む

  • SpaceX、NASAの宇宙望遠鏡を軌道に送り出す

    SpaceX、NASAの宇宙望遠鏡を軌道に送り出す

    SpaceX は、NASAの新しい太陽系外探査望遠鏡を地球高軌道に送り出すことに成功した。今後は月の重力補助を受けて軌道に乗りミッションを開始する。一方、地上ではFalcon 9の第一段ロケットがドローン船 Of course I Still Love Youへの着陸に成功した。 続きを読む

  • 真菌建材から形を変えるロボット群まで、これがNASAの「野心的」最新プロジェクトだ

    真菌建材から形を変えるロボット群まで、これがNASAの「野心的」最新プロジェクトだ

    NASA Innovative Advanced Concepts program(NASA革新的先進コンセプトプログラム)は、おそらく馬鹿げているように聞こえるアイデアに、国家予算が使われていることを観察できる最適な場所だ。なぜならこのプログラムのマネージャーたちは、実現できたら本当に素晴らしい大風呂敷を狙っているからだ。 採択された研究者たちは約12万5000ドルと9ヵ月を与えられ「フェーズI」で自分たちのアイデアの実現に取り組む。これは気の遠くなるような作業か、ひたすら技術的に困難なものである。もし重要な進展が見られたり、そのコンセプトが… 続きを読む

  • SpaceX、Dragon補給船打ち上げ成功――ISSから故障したロボットを持ち帰る予定

    SpaceX、Dragon補給船打ち上げ成功――ISSから故障したロボットを持ち帰る予定

    先ほどSpaceXはCRS-14ミッションを開始し、Falcon 9によるDragon補給船の打ち上げに成功した。これは国際宇宙ステーションに対する14回目の物資補給で、再利用されたDragonはISSに物資を補給した後、故障したロボット、Robonaut 2を持ち帰る予定だ。 続きを読む

  • NASAが作った雪の結晶が解けていくシミュレーションは嵐の予報に役立つだけでなくとても美しい

    NASAが作った雪の結晶が解けていくシミュレーションは嵐の予報に役立つだけでなくとても美しい

    雪については、まだ分かってないことが多い。それはどこから来るのか? どこへ行くのか? どんな味がするのか? これらの疑問に、一応の答はあるけれども、もっと複雑な疑問もある。顕微鏡的な微細なレベルでは、空中の雪はどのように解(溶)けるのか? それが、NASAのあるプロジェクトのテーマで、その結果は実用的であると同時に美しい。 続きを読む

  • アメリカ、国際宇宙ステーションの民営化を検討――シャトルの引退後NASAによる運営困難に

    アメリカ、国際宇宙ステーションの民営化を検討――シャトルの引退後NASAによる運営困難に

    Washington Postによれば、トランプ政権は2024年に国際宇宙ステーション(ISS)を退役させる代わりに、民営化する方策を検討しているという。Washington Postが入手した文書によれば、アメリカ政府はISSを単に洋上に落下させるのではなく、民間企業に運営を任せる方法を模索している。 続きを読む

  • NASAが国際宇宙ステーションでスターウォーズ・最後のジェダイを上映へ

    NASAが国際宇宙ステーションでスターウォーズ・最後のジェダイを上映へ

    国際宇宙ステーションで暮らす宇宙飛行士だからといって人気映画の封切りは見逃したくないはずだ。それが『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』のような映画ともなればくやしさもひとしおだろう。そういうわけで、NASAはDisneyの協力を得てISSのクルー向け上映会を企画した(この映画はアメリカでは今週公開予定)。 続きを読む

  • LEGO、いよいよ「NASAの女性たち」発売 ――宇宙開発のパイオニア女性を讃えて11月 1日出荷

    LEGO、いよいよ「NASAの女性たち」発売 ――宇宙開発のパイオニア女性を讃えて11月 1日出荷

    LEGOはファインサイト、 LEGO Ideasから提案されたプロジェクトをいよいよ公式な製品として発売する。Women of NASA〔NASAの女性たち〕というパッケージにはNASAの宇宙開発におけるパイオニアとなった女性たち4人と貢献したプロジェクトのミニチュアがフィーチャーされる。 続きを読む

  • NASAとロシア、月宇宙ステーションの共同開発で合意

    NASAとロシア、月宇宙ステーションの共同開発で合意

    今年の国際宇宙会議で、NASAとロシアの宇宙機関、ロスコスモスが共同声明に署名し、地球を遠く離れ月軌道を周回する宇宙ステーションを共同開発する意志を表明した。月面探査と深宇宙科学両方の拠点となる。 続きを読む

  • ペギー・ウィットソン飛行士、288日間の宇宙滞在から帰還

    ペギー・ウィットソン飛行士、288日間の宇宙滞在から帰還

    記録破りの宇宙飛行士、Peggy Whitsonが、宇宙滞在累積日数の記録保持者として宇宙から帰ってくる。地球着陸の模様はライブストリーム中継で見られる。 続きを読む

  • まもなく始まる全米日食ショー。NASAによるライブストリーミングはこちらから!

    まもなく始まる全米日食ショー。NASAによるライブストリーミングはこちらから!

    まもなく、アメリカではほぼ100年ぶりとなる皆既日食を観測することができる。日食のおこるしばらく前から、大勢を巻き込む大騒ぎとなっている。 続きを読む

  • SpaceX、ISS補給船12回目の打ち上げに成功――Falcon 9ロケットも回収

    SpaceX、ISS補給船12回目の打ち上げに成功――Falcon 9ロケットも回収

    SpaceXは今回も衛星打ち上げとブースターロケット回収に成功した。ペイロードはDragon補給船で、国際宇宙ステーションに補給する約2.9トンの物資を積んでいる。CRS-12というミッション名のとおり、これはNASAとの契約によりSpaceXがISSに対する12回目の物資補給であり、また科学研究の観点からもっとも意義が大きいものとなった。 続きを読む

  • NASA、「静かな超音速旅客機」の開発プロジェクトをスタートへ

    NASA、「静かな超音速旅客機」の開発プロジェクトをスタートへ

    NASAは国際線の飛行時間を大きく減らせるような超音速旅客機の実用化に乗り出す計画だ。騒音レベルでコンコルドを下回ることもNASAが提示した超音速旅客機が実現を狙う目標のひとつだ。 Bloombergの記事によれば、NASAはこの8月から超音速旅客機のフルスケールモデル製作のため競争入札を開始するという。採用された場合、向こう5年間で4億ドルの予算が予定されるプロジェクトだ。 続きを読む

  • NASA、宇宙船カプセルの海上脱出テストを実施

    NASA、宇宙船カプセルの海上脱出テストを実施

    NASAは、宇宙飛行士を運ぶあらゆる機器について長期にわたり徹底した安全確認をおこなう。そして有人カプセルOrionも例外ではない。このカプセルは2021~2023年に、大型打ち上げロケットSpace Launch System(SLS)に乗ってクルーと共に宇宙へ飛び立つことを目標にしている。メキシコ湾で行われた海上脱出テスト(via Space.com)では、宇宙飛行士たちが太平洋に着水した後安全に脱出、移動できるかどうかを確認した。 続きを読む

  • NASAとAmazonが協力して宇宙から4Kライブ・ストリーミング―NABトレードショーの一環

    NASAとAmazonが協力して宇宙から4Kライブ・ストリーミング―NABトレードショーの一環

    4Kテレビ、あるいはディスプレイを持っている読者もいるだろう。しかしその解像力を本当に活かすようなコンテンツをいつも観ているだろうか? スポーツ中継? Netflixの番組? そんなとこだろう。では宇宙は? 宇宙飛行士たち(たぶんいちばん事情に詳しいはず)によれば、大気圏外から見下ろす地球の景観は比較を絶して素晴らしいという。今月末にこの映像が高解像度スクリーンにやってくる。AWSとNASAが協力して世界初の宇宙からの4Kライブ・ストリーミングが4月26日に予定されている。 続きを読む

  • NASA、宇宙飛行士の訓練に複合現実システムを利用

    NASA、宇宙飛行士の訓練に複合現実システムを利用

    NASAはビジュアル化のために常に最新技術を取り込んできた ― たとえそれが他愛のないエンターテイメントのために開発された技術であっても。最近本誌はNASAのホログラムを使った火星の展示を紹介した。また数多くの3D資料が開発者や教育者向けにNASAから提供されている。そして米国航空宇宙局は、Epic Games社と提携して同社のUnreal Engineを利用した複合現実による国際宇宙ステーション・シミュレーターを作ろうとしている。 続きを読む

  • NASAの折りたたみロボットは、ローバーの入れない場所にも潜入できる

    NASAの折りたたみロボットは、ローバーの入れない場所にも潜入できる

    NASAのジェット推進研究所(JPL)は絶え間なく驚きを供給してくれる。その最新作がPUFFER(Pop-Up Flat Folding Robot)。このロボットのデザインは折り紙にインスパイアされたもので、折りたためることが大きな特徴だ。車輪を引っ込めて平たくなることで、一般のローバーが入れない高さ制限のある場所にも入っていける。つまり、遠い月や惑星の表面をもっと深く探索できる。 ロボットがどうやって動くのかは上のビデオか下のGIF動画を見ればすぐにわかるだろう。車輪はほぼ地面と水平になるまでつぶれ、それでもある程度駆動力があるので天井の… 続きを読む

  • SpaceX、NASAと協同で火星の着陸地点を検討中

    SpaceX、NASAと協同で火星の着陸地点を検討中

    SpaceXは同社の宇宙船が初めて火星表面に着陸するときのことをすでに考えている。計画性があるのか希望的観測なのかは読者の評価に任せる。同社はNASAと協同で赤い惑星の着地候補点を探している。 続きを読む