nasa

  • 月に宇宙飛行士を送るNASAの新計画名称はアルテミス

    月に宇宙飛行士を送るNASAの新計画名称はアルテミス

    クールなミッションにはクールな名称が必要だ。そして月定住と、再び米国人を月に送るというNASAの新たな計画は名称を得た。アルテミスだ。 続きを読む

  • ジェフ・ベゾス氏がBlue Originの月植民計画と着陸船を公開

    ジェフ・ベゾス氏がBlue Originの月植民計画と着陸船を公開

    今日、ワシントンで開催されたイベントで、Amazonのファウンダー、ジェフ・ベゾスは2024年までに有人月旅行を実現する計画の詳細と利用される月着陸船、Blue Moonを発表した。 続きを読む

  • 小惑星衝突に備えて緊急対応計画を練るNASAとFEMA

    小惑星衝突に備えて緊急対応計画を練るNASAとFEMA

    NASAのPlanetary Defense Coordination Office(地球防衛調整局)は、ある「卓上演習」に参加する。それは、地球に衝突する軌道上にある小惑星への対応方法のシナリオをシミュレートするものだ。 続きを読む

  • NASAや米海軍用のソフトロボットを開発するBreeze Automation

    NASAや米海軍用のソフトロボットを開発するBreeze Automation

    サンフランシスコにあるソフトロボット工学のスタートアップであるBreeze Automationは米国時間4月18日、カリフォルニア大学バークレー校で開かれたTechCrunchのTC Sessions、Robotics + AIイベントのステージに登場した。 続きを読む

  • ボーイングの商用有人宇宙船Starlinerの初テストは8月に延期

    ボーイングの商用有人宇宙船Starlinerの初テストは8月に延期

    商用宇宙旅行計画の進展はわれわれと宇宙の関係を一変させる可能性がある。しかしボーイング打ち上げテストが延期されたので、一番乗りの栄誉はSpaceX が手にするかもしれない。 続きを読む

  • インドの人工衛星破壊で400あまりの破片がさまざまな軌道上にばらまかれた

    インドの人工衛星破壊で400あまりの破片がさまざまな軌道上にばらまかれた

    われわれが今調べているのは10センチ以上の大きな破片約60個のみである。60のうち24は、国際宇宙ステーションの遠地点の上にある。 続きを読む

  • 初めて火星の空を飛ぶヘリコプター

    初めて火星の空を飛ぶヘリコプター

    Mars 2020のミッションは順調に進行中で、来年には打ち上げが予定されている。火星に送り込まれるハイテク装備の新しい探査機の中には、これもハイテクのヘリコプターが仕込まれている。 続きを読む

  • 女性のみの宇宙遊泳が中止に、適正サイズの宇宙服足らず

    女性のみの宇宙遊泳が中止に、適正サイズの宇宙服足らず

    残念なことに、NASAは歴史的なミッションとなるはずだった女性のみによる宇宙遊泳の中止を発表した。米国時間金曜日に予定されていたこのミッションの中止の理由は、女性宇宙飛行士にとって適切なサイズの宇宙服が十分に用意できなかったためだと説明されている。 続きを読む

  • HyperSciencesは超音速ドリル技術で宇宙飛行の「大逆転」を目指す

    HyperSciencesは超音速ドリル技術で宇宙飛行の「大逆転」を目指す

    Eron Musk(イーロン・マスク)がトンネルを掘りながら、地球の遙か上空を飛びたいと考えているのは偶然ではない。 続きを読む

  • オポチュニティ、火星での偉大な探査ミッションを終える

    オポチュニティ、火星での偉大な探査ミッションを終える

    NASAとJPL(ジェット推進研究所)は2月13日、2004年に火星に送られた2台の探査機のうちの1つ「オポチュニティ」の活動が終了したと、特別なプレスカンファレンスにて発表した。 続きを読む