自然災害 / 火災(用語)

自然災害 / 火災に関する記事一覧

  • 山火事発生時に避難情報を伝える双方向緊急プラットフォームをPerimeterが開発

    山火事発生時に避難情報を伝える双方向緊急プラットフォームをPerimeterが開発

    2018年にカリフォルニア州で発生した史上最悪の火災「Camp Fire」をきっかけに、ファーレン氏は公安担当者へのインタビューに留まらず、さらに解決策の構築を目指すようになった。2019年春に大学を卒業すると同時に、彼女は同じバークリー校の卒業生であるノア・ウー氏と、Perimeterを設立した。 続きを読む

  • スタートアップにはバイデン大統領のインフラ計画を支持する110兆円分の理由がある

    スタートアップにはバイデン大統領のインフラ計画を支持する110兆円分の理由がある

    テクノロジー企業は過去10年以上、農業、建設、エネルギー、教育、製造、運輸、流通といった昔からの業界に適用できるイノベーションの開発に取り組んできた。こうした業界は、非常に強力なモバイルデバイスの出現により、ようやく最近テクノロジー適応における構造的な障害が取り除かれた業界だ。これらの業界は現在、より強固な経済再建を目指す大統領の計画の核となっている。 続きを読む

  • 我々を殺すのはAIではなく「何もしないこと」、シリコンバレーは災害やパンデミックといった現実の問題を解決する努力をすべきだ

    我々を殺すのはAIではなく「何もしないこと」、シリコンバレーは災害やパンデミックといった現実の問題を解決する努力をすべきだ

    この1年間、私たちの多くは存亡の危機について考えながら過ごしてきた。非常食セットから核バンカーまで、サバイバル用品の売り上げは増加しており、Twitterで1日中ドゥームスクローリング(ネットで悲観的な情報を読み続けること)をしていると、少なくとも文明崩壊の可能性が話題にならない週はないように感じる。しかし、テック業界に長くいると、存亡の危機に関する「現実の問題」と「憶測に基づくシナリオ」との間に驚くほどのずれがあることに気づく。 続きを読む

  • テキサス大寒波から学ぶ3つのエネルギー革新

    テキサス大寒波から学ぶ3つのエネルギー革新

    気候変動の総合的危機に対する個別なソリューションがいくつも出ている。非常用ディーゼル発電機、Tesla(テスラ)のPowerwall、地下シェルターの “Prepper” などなど。しかし、現代文明が依存しているインフラストラクチャーは相互につながり相互に依存している。エネルギー、輸送、食料、水、ごみのシステムは、気候による緊急時に対していずれも脆弱だ。私たちのエネルギー・インフラ危機を救う唯一の孤立したソリューションは存在しない。 続きを読む

  • 台湾の水不足でわかるテックへの気候変動の脅威

    台湾の水不足でわかるテックへの気候変動の脅威

    前代未聞の干ばつに直面している台湾のチップメーカーへの給水能力について台湾政府が週末に出した声明は、気候変動がテック産業の基盤にとって直接の脅威であることをはっきりと示している。 続きを読む

  • テキサスの大寒波はテック企業の移転を阻むか

    テキサスの大寒波はテック企業の移転を阻むか

    オースティンは穏やかな冬の気候で知られているが、米国時間2月12日、テキサス州に大寒波が襲来し、氷点下の気温が1週間以上続いた。同州の何百万人にもおよぶ住民が停電や断水、またはその両方の影響を受けるという州全体での災害となった。 続きを読む

  • 山火事の消火活動を機械学習と過去データを駆使して効果的なものにするCornea

    山火事の消火活動を機械学習と過去データを駆使して効果的なものにするCornea

    ありがたいことに、まだ山火事シーズンではない。米国西部の火事を予防したり対処したりするという、年々複雑にそして対応しにくいものになっているタスクにどう立ち向かうか、消防士や救急隊員が計画を立てる小休止の時間となっている。過酷な消防活動が何年も展開され、いくつかのスタートアップは消防をいかに改善できるかを模索している。そうしたスタートアップの1つがCorneaだ。 続きを読む

  • 米国西部が燃える中、森林炭素モニタリングサービス運営のPachamがアマゾンとビル・ゲイツ支援ファンドから資金調達

    米国西部が燃える中、森林炭素モニタリングサービス運営のPachamがアマゾンとビル・ゲイツ支援ファンドから資金調達

    森林オフセットプロジェクトで実際にどれだけの二酸化炭素が捕獲されたかを追跡する、森林炭素隔離モニタリングサービスを運営しているPachama(パチャマ)は、Amazon(アマゾン)やBreakthrough Energy Venturesなどの著名な投資家から500万ドル(約5億2300万円9)の新たな資金調達を実施した。 続きを読む

  • XPRIZEがカリフォルニアの火災問題に対するハイテクソリューションを募集中

    XPRIZEがカリフォルニアの火災問題に対するハイテクソリューションを募集中

    カリフォルニア州では今年も山火事の季節が数週間後に迫っている。しかも今年は今まで以上に悪化することが予想されているのだ。そこで、火災が手に負えない状態になる前に発見することを支援しようとする新しい計画が立ち上がった。 続きを読む

  • ディズニーに加えてデートアプリのBadooもノートルダム修復に寄付を約束

    ディズニーに加えてデートアプリのBadooもノートルダム修復に寄付を約束

    多くの企業や個人が先日の火事で大損害を被ったノートルダムの修復費用の一部を負担することを申し出ているが、ディズニーは500万ドルの寄付を約束した。 続きを読む

  • Facebookの災害支援機能で「無事」を反射的にクリックしてはいけない理由

    Facebookの災害支援機能で「無事」を反射的にクリックしてはいけない理由

    まず断っておかねばならないが、Facebookの災害支援ハブは素晴らしいサービスだ。寄付やボランティアを申し出るために信頼できる場所であり災害時に人々を大いに助けてきた。 続きを読む

  • 事故や災害の損害査定にAIを活用するスタートアップTractable

    事故や災害の損害査定にAIを活用するスタートアップTractable

    「私たちの展望と活動の説明に10分間付き合っていただき、嬉しく思います。しかし、これから15分間で、私たちが今、何を得たか、何を達成したか、私たちのAIは何をするのかを解説します」と、Tractableの共同創設者でCEOのAlexandre Dalyacは、数週間前、私がかけたビデオ通話で言った。「もっと短くなりませんか」と私は冗談を返した。 続きを読む

  • Googleの親会社Alphabetが気球を使い、プエルトリコの携帯電話ネットワークの復旧をしようとしている

    Googleの親会社Alphabetが気球を使い、プエルトリコの携帯電話ネットワークの復旧をしようとしている

    FCCは、Googleの親会社Alphabetに対して、プエルトリコならびにバージン諸島における無線サービス復旧の支援をする許諾を行った。同社は高い高度に浮かぶプロジェクトルーン(Project Loon)の気球を使用して、LTE接続を可能にしようとしている。 続きを読む

  • Facebook、匿名位置情報を人道支援団体と共有へーー災害支援の効率化を目指す

    Facebook、匿名位置情報を人道支援団体と共有へーー災害支援の効率化を目指す

    Faceboookは新たなイニシアチブのもと、人道支援団体に対して被災地域のユーザーの位置情報を提供することを決めた。これにより、各団体は災害発生時に市民の避難場所や避難元となる地域を把握できるようになる。このFacebookの決定からは、ユーザー追跡データの大きな可能性を感じることができる一方で、同社はこのデータを使って他にどんなことができてしまうのかという問いが再び頭をよぎる。 Facebookで公共政策リサーチマネージャーを務めるMolly Jackmanは、ブログポストと動画の両方で新たな”ディザスターマップ̶… 続きを読む

  • Facebookでコミュニティー自身が災害時の安否確認機能を起動できるように

    Facebookでコミュニティー自身が災害時の安否確認機能を起動できるように

    Facebookは安否確認機能を安定的で簡単に展開できるようにする。これからFacebookのプラットフォーム上で安否確認機能をもう少し頻繁に見かけるようになるかもしれない。これまで安否確認機能を展開するのにエンジニアがコードを書く必要があった。今は、Facebookの専用チームの従業員なら簡単にアクティベートできるシンプルなフォームが用意されている。安否確認を起動できる人数が世界で2人から十数人になったということだ。 続きを読む