NBA

  • 今期行われるNBAのVR放送予定表

    今期行われるNBAのVR放送予定表

    NBAは先週、NextVRと組んで1週間に1試合ずつVRストリーミングを行うとアナウンスしていた。そして本日、このVRストリーミングの詳細予定が発表となった。 続きを読む

  • スポーツ観戦もますますモバイルへ。NBA League Passにモバイル版が登場

    スポーツ観戦もますますモバイルへ。NBA League Passにモバイル版が登場

    NBAのLeague Passに、モバイル向けのNBA Mobile Viewが登場した。League Passの利用者が使うことができる。家にいるときと外にいるときに、それぞれ最適な映像を樂しむことができるようになるわけだ。Mobile Viewではスマートフォンなどの小さな画面に最適化した映像が流されることとなる。 続きを読む

  • ReplyBuyがスポーツとエンターテイメント市場にAIコンシェルジェを提供

    ReplyBuyがスポーツとエンターテイメント市場にAIコンシェルジェを提供

    あなたが高校生であろうとNFLのチームオーナーであろうと、誰もがSMS(テキスト)を使っている。1st and Future competitionのファイナリストであるReplyBuyは、SMSを使ってスポーツイベントの購入ができるようにしようとしている。1st and FutureはNFL、スタンフォード大のビジネス大学院 、TechCrunchの共催によるスポーツ中心のスタートアップコンペティションだ。 ReplyBuyの現在のバージョンは、以下のように動作する – 同社が、すべてのサンフランシスコ49ersファンにSMSメッセージを… 続きを読む

  • 元NBA選手のコービー・ブライアントが1億ドル規模の投資ファンドを設立

    元NBA選手のコービー・ブライアントが1億ドル規模の投資ファンドを設立

    Kobe Bryant:NBAの殿堂入りを果たし、、ベンチャーキャピタリストになる バスケットボール選手とベンチャーキャピタリストとの間には共通点は少ない。しかし、それがバスケットボール選手としてのキャリアを終えたBryantが選んだ道だ。 Wall Street Journalが報じたところによれば、Bryantは投資家のJeff Stibelとタッグを組んで1億ドル規模の投資ファンドを設立したようだ。テック企業が主な投資対象となる。BryantとStibelはこれまでにも非公式で共同出資を行うなど親密な仲ではあったが(2013年以降に出資した… 続きを読む

  • 著名選手とファンの今昔―NBAのコービー・ブライアント、TwitterとFacebookで引退を発表

    著名選手とファンの今昔―NBAのコービー・ブライアント、TwitterとFacebookで引退を発表

    *お気に入りのナツメロを流しながら読んでいただきたい* 私の若い頃、有名スポーツ選手が引退するときには、テレビカメラの前に座り、家族全員を左右に座らせて記者会見を開いたものだ。 たとえば1993年にマイケル・ジョーダンが最初に引退を表明したときがそうだった。ジャーナリストが黒山のように群がって質問を浴びせていたテレビ画像をよく覚えている。 もしジョーダンが今の時代、つまり「デジタル時代」の選手だったら引退発表はどんな具合になっていただろう? ちなみにジョーダンのTwitterアカウントJumpmanには250万人のフォロワーがいるが、ジョー… 続きを読む

  • NBAレジェンドの“マジック”・ジョンソン、Squareの取締役に就任

    NBAレジェンドの“マジック”・ジョンソン、Squareの取締役に就任

    今年の夏から、Squareの取締役にアーヴィン・“マジック”・ジョンソン(Earvin “Magic” Johnson)が加わることになったそうだ。元バスケットボールプレイヤーで、ビジネスマンとしても大成功をおさめている。マジック・ジョンソンの獲得はSquareにとっても大いにプラスとなるに違いない。 続きを読む

  • Kyte、ビデオストリーミングを毎月5千万回配信―MTV、NBA他向けiPhoneアプリ発表

    Kyte、ビデオストリーミングを毎月5千万回配信―MTV、NBA他向けiPhoneアプリ発表

    今では誰でもビデオ撮影機能のある携帯を持っているし、自分独自のテレビチャンネルを作るのも難しくはない。しかし再生回数の大部分を占めているのはやはりセレブやロックスターのコンテンツだ(Twitterでたくさんのフォロワーを集めているのも有名人だ)。KyteのCEO、Daniel Grafはこういう状況を非常によく知っている。Kyteが配信する215,000のビデオチャンネルのほとんどは一般ユーザーが作ったものだ。しかし携帯ビデオに関して、ストリーミング再生回数の90%以上をたった1千のチャンネルが占めている。これらの1千のチャンネルは例外… 続きを読む