ネットショッピング / eコマース(用語)

ネットショッピングに関連する記事一覧

  • 中小の販売業者でも延長保証を提供できるようにするExtendが42億円を調達

    中小の販売業者でも延長保証を提供できるようにするExtendが42億円を調達

    延長保証サービスは、既存の製品保証期間を1~2年延長して、購入した製品が故障した場合でも安心していられるようにするサービスだ。大型店舗で高額な商品を購入するときには決まってこうしたサービスをつけるよう勧められるのが長年の慣例となっている。米国時間10月15日、Extend(エクステンド)というスタートアップが、大規模な資金調達に成功したことを発表した。同社が目指すのは、「延長保証を提供できるのは大型の販売店だけ」という固定概念を覆し、APIを使用して、中小の販売業者が扱う低価格の商品についても延長保証サービスを提供できるようにすること… 続きを読む

  • Psyckeは消費者の個性とファッションをマッチさせる製品でシード投資を調達

    Psyckeは消費者の個性とファッションをマッチさせる製品でシード投資を調達

    オンランファッションブランドがひしめく市場では、消費者はサイトを選び放題だ。しかし通常は、各ブランドを1つずつ訪ね、自分で好みのものを探し出すことが強いられる。あまり楽しい体験ではない。Psyckeは、AIと心理学を利用し、ユーザーの人物プロファイルと製品の「個性」をもとに製品のおすすめをするeコマーススタートアップだ。 続きを読む

  • Amazon出品よりも高速で優れた自社ECサイトで勝負したいブランドを支援するShogunが約37億円を調達

    Amazon出品よりも高速で優れた自社ECサイトで勝負したいブランドを支援するShogunが約37億円を調達

    今年はeコマースがブームとなり、かつてないほど多くの企業や買い物客が、コロナ禍においてソーシャルディスタンスが確保できる安全な選択肢として、ウェブサイトやアプリに目を向けるようになった。個々の企業やブランドがより良いウェブサイトを設計できるように支援するプラットフォームを構築したスタートアップが本日、グロースファンディング(事業拡大のための資金調達)のラウンドを発表した。インターフェイスの改善と高速化によってこの局面に挑むためだ。 続きを読む

  • 電子商取引ビジュアル検索プラットフォームのSyteが米国とアジアでの拡大のためにシリーズCで31.4億円を調達

    電子商取引ビジュアル検索プラットフォームのSyteが米国とアジアでの拡大のためにシリーズCで31.4億円を調達

    イスラエルのテルアビブを拠点とする、ビジュアル検索ならびにプロダクト発見プラットフォームのSyteは、FarfetchやFashion Novaといったブランドですでに使用されており、今回の資金調達終了後に米国およびアジア太平洋地域へと拡大する予定だ。 続きを読む

  • Amazonが同社以外の店舗における購入データを消費者から買い取るプログラムを開始

    Amazonが同社以外の店舗における購入データを消費者から買い取るプログラムを開始

    米国Amazonは、Amazon.com以外で何を買ったかに関する情報を提示し、簡単なアンケート答えた利用者に直接報酬を支払うという新しいプログラムを立ち上げた。Amazon Shopper Panelと呼ばれるこのプログラムの参加者は、Amazon以外の店舗で買い物をした際のレシートを1カ月に10件送付することが求められる。 続きを読む

  • FacebookがMessenger APIでInstagramもサポート、ソーシャルショッピングを強化

    FacebookがMessenger APIでInstagramもサポート、ソーシャルショッピングを強化

    Facebookは2020年9月にMessengerをInstagramとの連携を強化した。これに続いて米国時間10月19日、Messenger APIをアップデートし、企業が自社アプリ内で顧客との会話にMessengerと同時にInstagramを効果的に利用できるようにしている。 続きを読む

  • アリババ系列のTaobao Taiwanが台湾から年内撤退へ、当局の裁決を受け

    アリババ系列のTaobao Taiwanが台湾から年内撤退へ、当局の裁決を受け

    アリババ支援のジョイントベンチャーを通じてTaobaoが台湾で展開されるようになって1年にも満たないが、Taobaoは今年末までにオペレーションを停止すると発表した。10月15日に顧客に通知した。 続きを読む

  • 香港とニューヨークに拠点のあるEasyshipがShopify Plusのテクノロジーパートナーに

    香港とニューヨークに拠点のあるEasyshipがShopify Plusのテクノロジーパートナーに

    eコマースの売り手が自分のストアに複数の配送業者を加えことのできるロジスティクスのスタートアップEasyshipが、Shopify Plusのテクノロジーパートナー事業に参加したことを発表した。 続きを読む

  • Quinceが「メーカーから消費者」の新しい小売業モデルのベータ版をローンチ

    Quinceが「メーカーから消費者」の新しい小売業モデルのベータ版をローンチ

    小売業は今、急速に変わりつつある。D2Cがショッピングを変えた一方で、Quinceは小売業をさらに劇的に変えようとしている。知られているかぎりではQuinceは、2019年に850万ドル(約9億円)のシード資金を調達しただけだが、男女のアパレルやアクセサリー、ジュエリー、家庭用品といったおよそ700品目の在庫を自前で持つことでサプライチェーンの概念を変えようとしている。 続きを読む

  • フォローしている人がおすすめする自分に合った商品を発見、購入できるPickerが約1.6億円のシード資金を獲得

    フォローしている人がおすすめする自分に合った商品を発見、購入できるPickerが約1.6億円のシード資金を獲得

    ダニエル・ラモス氏とコナン・モリアーティ氏、エンリク・ガバロ氏が2018年に創業したPickerは、インフルエンサーや友だちやPickerのコミュニティからの推薦に基づいて商品を発見、購入できるマーケットプレースを提供する。iOS、Androidアプリは現在、スペインとドイツ、オーストリア、スイスで利用できる。 続きを読む