ネットショッピング / eコマース(用語)

ネットショッピングに関連する記事一覧

  • アジア太平洋のAmazonマーケットプレイスのブランド統合を狙うRainforestが39.4億円調達

    アジア太平洋のAmazonマーケットプレイスのブランド統合を狙うRainforestが39.4億円調達

    シンガポールに拠点を置くRainforestは、小規模なeコマースブランドを「取り込む」最新スタートアップ企業の1つだ。東南アジアのトップスタートアップであるCarousell、OVO、Faveなどの元幹部たちが2021年1月に創業したRainforestは、Amazonマーケットプレイスの中の販売者たちを買収している。 続きを読む

  • YouTubeにインターネットテレビの広告でもっと買い物しやすくなる新機能追加、Z世代をターゲットに

    YouTubeにインターネットテレビの広告でもっと買い物しやすくなる新機能追加、Z世代をターゲットに

    米国時間5月4日、YouTubeは広告主たちに、同社の動画プラットフォームで視聴者が買い物できる機能を予告的に紹介した。同社が近く導入するその新しい対話的機能は「ブランドエクステンション」と呼ばれ、広告主がそれを利用すると、動画の視聴者がボタンをクリックして画面に映っている商品の詳しい情報が得ることができる。 続きを読む

  • インドの小規模小売店の運転資金や在庫を支えるElasticRunが約80億円調達

    インドの小規模小売店の運転資金や在庫を支えるElasticRunが約80億円調達

    インドの小規模小売12万5000店超が運転資金やトップブランドからの在庫を確保したり、売り上げを伸ばすためにeコマース会社と協業するのをサポートしているElasticRunが4月28日、さらにリーチを伸ばすために新たに資金調達したと発表した。 続きを読む

  • ニュースレタープラットフォーム「Mailchimp」がeコマースへ本格的に進出

    ニュースレタープラットフォーム「Mailchimp」がeコマースへ本格的に進出

    最近の数年間でMailchimpは、単純なニュースレターのプラットフォームから本格的なマーケティング企業に変貌した。同社のサービスはすでに、複数のeコマースサイトとの統合していたが、中小企業のための同社独自のオンラインストアと、新たにアポイント予約サービスを提供していく。 続きを読む

  • 今、米国で盛り上がるD2Cソフトウェア、Z世代のAlloy創業者インタビュー

    今、米国で盛り上がるD2Cソフトウェア、Z世代のAlloy創業者インタビュー

    米国ではD2C企業の資金調達が減少気味ではあるが、まだまだ新しいブランドが立ち上がっている。同時にNikeやadidasなど大手小売もD2C化を本格的に行なったり、新型コロナによりECが主流になったことで、ECソフトウェア企業の需要が増加している。 続きを読む

  • アップルがiTunesストアの「購入」について集団訴訟に直面、「購入」と「レンタル」の区別が欺瞞的との主張

    アップルがiTunesストアの「購入」について集団訴訟に直面、「購入」と「レンタル」の区別が欺瞞的との主張

    電子書籍や音楽などDRM(デジタル著作権管理)がかかったものは、一般にあくまで「アクセス権」を購入しているにすぎず、ストアがサービスが終了したりアクセス権を停止すれば読んだり視聴できなくなるリスクがあります。そうした文脈のもと、アップルがiTunesストアで映画やテレビ番組につき「購入」が詐欺的だとして集団訴訟に直面していると報じられています。 続きを読む

  • eコマースのグローバルな荷物追跡プラットフォームを提供する香港AfterShipが71.2円調達

    eコマースのグローバルな荷物追跡プラットフォームを提供する香港AfterShipが71.2円調達

    AfterShipは2012年に、主に中小のネットショップのための荷物追跡サービスとしてローンチしたが、その後同社は、メールによるマーケティングや顧客維持対策などのツールなどショッピング体験の一部始終をカバーする一連のデータ分析ツールを作った。 続きを読む

  • 消費者直販スタートアップを支援するBrandProjectが約46.5億円を調達して新ファンドを設立

    消費者直販スタートアップを支援するBrandProjectが約46.5億円を調達して新ファンドを設立

    Freshly、Persona、Chef’s Plateなど、消費者直販型のスタートアップ企業を支援してきたBrandProjectが、同社によれば初の伝統的なベンチャーファンドになるという4300万ドル(約46億5000万円)の調達を発表した。新たに設立されたBrandProject Capitalファンドによって、同社はより(ある程度)成熟した企業に、より大きな投資を行うことができるようになる。 続きを読む

  • EC商品のリモート写真・動画撮影を容易にするSoonaがシリーズAで約11.1億円を調達

    EC商品のリモート写真・動画撮影を容易にするSoonaがシリーズAで約11.1億円を調達

    eコマースのエコシステムでますます高まるコンテンツのニーズを満たすことを目指すスタートアップSoonaは、Union Square Venturesが主導するシリーズAラウンドで1020万ドル(約11億1000万円)を調達したと発表した。 続きを読む

  • 近隣小売り店舗への回帰など、意外な2021年の米不動産業界のトレンド

    近隣小売り店舗への回帰など、意外な2021年の米不動産業界のトレンド

    現代社会は、超高層のオフィスビルや高級マンションが立ち並ぶ洗練された大都市を生み出した。そして今、これらの都市の中心で活躍していた人々は、ポストパンデミックの世界での都市のあり方を考えている。ここでは取材を元に、不動産のプロパティテクノロジーに注目する10人のトップ投資家がどのように未来を見据えているかを探る。 続きを読む