ネットショッピング / eコマース(用語)

ネットショッピングに関連する記事一覧

  • 化粧品ECの「NOIN」とKDDIが資本提携、コスメ販売でのオンラインカウンセリング導入など新購入体験を創造

    化粧品ECの「NOIN」とKDDIが資本提携、コスメ販売でのオンラインカウンセリング導入など新購入体験を創造

    化粧品ECプラットフォーム「NOIN」(ノイン)を運営するノインは1月26日、KDDIとの協業を目的として「KDDI Open Innovation Fund 3号」(KOIF3号)より出資を受けたと発表した。同提携により、今後は両社協力のもとノインのメインユーザーである20代・30代の女性向けに、化粧品販売におけるオンラインカウンセリングの導入など新たなオンラインでの化粧品購入体験の創造に取り組んでいく。 続きを読む

  • Pinterestがアイシャドウを購入前に試せるバーチャルメイク機能を発表

    Pinterestがアイシャドウを購入前に試せるバーチャルメイク機能を発表

    Pinterestは米国時間1月22日、オンラインショップの買い物客が新しいアイシャドウをバーチャルで試用できる拡張現実機能を発表した。当初はLancome、YSL、Urban Decay、NYX Cosmeticsなどのブランドの約4000種類の製品を画面上で試すことができる。 続きを読む

  • WeChatのeコマースが急成長、年間取引額は約25.6兆円

    WeChatのeコマースが急成長、年間取引額は約25.6兆円

    WeChatはソーシャルネットワーキングアプリとして10年が経とうとする中、ショッピングへの野望を高め続けている。この中国のメッセージアプリは年間取引額にして1兆6000億元(約25兆6200億円)を仲介した。 続きを読む

  • Amazonプライム会員の解約手続きがわかりづらいと欧米の消費者権利団体が苦情

    Amazonプライム会員の解約手続きがわかりづらいと欧米の消費者権利団体が苦情

    Amazonが、意図的に「Amazonプライム」の解約プロセスに摩擦を加えている、いわゆるダークパターンを使用していると、欧米の16の消費者権利団体から標的にされている。これらの団体は、規制の介入を促すために協調的な行動を取っている。 続きを読む

  • EC界の寵児マーク・ローリー氏がJet.comを3115億円で売却し4年余りでWalmart退社

    EC界の寵児マーク・ローリー氏がJet.comを3115億円で売却し4年余りでWalmart退社

    Walmartのエグゼクティブバイスプレジデントで、米国内eコマース部門の社長兼CEOを務めていたマーク・ローリー氏が、自身のeコマース会社Jet.comを30億ドル(約3115億円)でWalmartに売却してから4年余りで退任することになった。 続きを読む

  • アマゾンなどの「プラットフォーム経済」上で成立するスタートアップを支援するCrossbeamが26億円調達

    アマゾンなどの「プラットフォーム経済」上で成立するスタートアップを支援するCrossbeamが26億円調達

    数多くのベンチャー投資家は次なるAmazonやShopifyに資金援助したいと考えるだろうが、Crossbeamはそれらのプラットフォーム上で成立するスタートアップを支援する新しい企業だ。つい最近、初めての資金調達を2500万ドル(約26億円)でクローズした。 続きを読む

  • 小規模オンラインストアが大規模ストアと同様のデータ分析を利用できるTreslのSegments Analytics

    小規模オンラインストアが大規模ストアと同様のデータ分析を利用できるTreslのSegments Analytics

    Treslのフラッグシップ製品であるeコマースインテリジェンスプラットフォームのSegment Analyticsは、Shopifyでストアを運営している小規模ブランドが大手オンライン販売業者と同様の分析を利用できるようにするものだ。 続きを読む

  • eコマースを最適化するTradeswellが16.1億円調達、データサービスを充実

    eコマースを最適化するTradeswellが16.1億円調達、データサービスを充実

    2020年10月にローンチしたTradeswellが米国時間1月13日、シリーズAで1550万ドル(約16億1000万円)を調達したことを発表した。 続きを読む

  • 従業員の死や過酷な労働時間への批判をよそに中国のeコマースPinduoduoの株価・ダウンロード数に揺るぎなし

    従業員の死や過酷な労働時間への批判をよそに中国のeコマースPinduoduoの株価・ダウンロード数に揺るぎなし

    急成長している中国のeコマースプラットフォームのPinduoduo(拼多多、ピンドゥオドゥオ)は、1人の従業員の死が会社の過酷な労働時間に対する批判に火をつけた後、そのPRの嵐を乗り切っている。話題になっている21歳の従業員は2020年末の深夜、会社からの帰宅途中に倒れた。死因は明らかにされていないが、ネットユーザーは彼女が過労死したのではないかと推測している。 続きを読む

  • パンデミックで需要が高まるeコマースプラットフォームのNacelleがシリーズAで18.7億円調達

    パンデミックで需要が高まるeコマースプラットフォームのNacelleがシリーズAで18.7億円調達

    パンデミックによってeコマースが活気づく中、ショッピングシステムの効率化を目指し、投資家の注目を集めているスタートアッップのNacelleがシリーズAのラウンドによる資金調達に成功した。 続きを読む