ニューラルネットワーク(用語)

ニューラルネットワークに関する記事一覧

  • 電気通信大学、「つるつる」「さらさら」などオノマトペ・擬態語で画像内のモノの質感を表現するAIを開発

    電気通信大学、「つるつる」「さらさら」などオノマトペ・擬態語で画像内のモノの質感を表現するAIを開発

    電気通信大学は11月17日、「つるつる」や「さらさら」といったオノマトペ(擬態語)で画像に写っているモノの質感を表現できるAIの開発を発表した。オノマトペという人によって感覚の異なるあいまいさを機械学習させることに成功したということだ。 続きを読む

  • ロボットに社会性を与えるMITの実験

    ロボットに社会性を与えるMITの実験

    MITのCSAIL(コンピューター科学・人工知能研究所)の研究員ボリス・カッツ氏が、最近の研究論文で「ロボットはもうじき私たちの世界の住人になるため、私たちと人間のようにコミュニケーションをとることができるようになる必要がある」という。 続きを読む

  • ロボット、チップ、完全自動運転、イーロン・マスク氏のTesla AI Dayハイライト5選

    ロボット、チップ、完全自動運転、イーロン・マスク氏のTesla AI Dayハイライト5選

    イーロン・マスク氏はTeslaを「単なる電気自動車会社ではない」と見てもらいたいと考えている。米国時間8月19日に開催されたTesla AI Dayで、イーロン・マスクCEOはテスラのことを「推論レベルとトレーニングレベルの両方でハードウェアにおける深いAI活動」を行っている企業であると説明した。 続きを読む

  • ストリーミングサービスのPlexが「音響的に似ている」曲を集めたプレイリストを作る機能を公開

    ストリーミングサービスのPlexが「音響的に似ている」曲を集めたプレイリストを作る機能を公開

    メディアソフトウェアメーカーのPlexは、2020年にサブスク専用音楽アプリのPlexampをリリースした。 続きを読む

  • テスラの北米向けModel 3とModel Yがレーダー非搭載に

    テスラの北米向けModel 3とModel Yがレーダー非搭載に

    北米の顧客向けに製造されるTeslaの「Model Y」と「Model 3 」には、レーダーが搭載されなくなる。これは、機械学習を組み合わせたカメラのみを使用して、同社の先進運転支援システムやその他のアクティブセーフティ機能をサポートするようにしたいという、イーロン・マスクCEOの意向を反映した変更だ。 続きを読む

  • MIT研究者が新たな情報に適応していく「流動」ニューラルネットワークを開発

    MIT研究者が新たな情報に適応していく「流動」ニューラルネットワークを開発

    最初の訓練を受けた後、その基礎となる動作を適応させることができる新しいタイプのニューラルネットワークは、自動運転やロボットの制御、病状の診断など、状況が急速に変化する状況において、大きな改善の鍵となる可能性がある。このようないわゆる「流動」ニューラルネットワークは、MITコンピュータ科学・人工知能研究所のラミン・ハサニ氏と彼のチームによって考案されたものだ。 続きを読む

  • 軌道上で設定変更可能で機械学習に最適化されたXilinxの宇宙規格チップ

    軌道上で設定変更可能で機械学習に最適化されたXilinxの宇宙規格チップ

    宇宙に特化した半導体メーカーのXilinxが開発した、宇宙空間や人工衛星で利用可能な新型プロセッサーは、いくつもの点で世界一を誇っている。宇宙向けとしては初めての20nmプロセスを実現し、演算能力と省電力性を高めている。そして、ニューラルネットワークをベースにした推論アクセラレーションによる高度な機械学習に対応する性能を備えたのも初めてだ。 続きを読む

  • Googleがここ数年で最大の検索アルゴリズム更新、ニューラルネットのBERTテクノロジー投入

    Googleがここ数年で最大の検索アルゴリズム更新、ニューラルネットのBERTテクノロジー投入

    Googleは検索エンジンのアルゴリズムをアップデートしたことを発表した。これはここ数年で最大となるもので、検索者の意図の推測精度を改善するためにニューラルネットワークを利用する。 続きを読む

  • この利口なAIは課せられたタスクをやり遂げるずるい方法を人の目から隠した

    この利口なAIは課せられたタスクをやり遂げるずるい方法を人の目から隠した

    航空写真から街路地図を作ったり、その逆もやる機械学習のエージェントが、“人間にはほとんど感知できない高周波の信号”を画像中に隠しておくことによって、ある種の騙し技(だましわざ)ができるようになるのだ。 続きを読む

  • AIが「考えた」どこか見覚えのあるセレブの顔

    AIが「考えた」どこか見覚えのあるセレブの顔

    この地球上に足りないものがあるとすれば、それはセレブだろう。もしも十分な数のセレブが既にいるとすれば、こんなに続々と新しい人が登場するはずもない。今こそコンピューターの力を借りるときだ!と思いきや、実は既にそのような研究が進められており、セレブの顔を認識できる(なんと羨ましいことだろう!)AIが、ある研究で何十人ものセレブを「考え出す」ことになった。その結果は……見てからのお楽しみだ。 続きを読む

  • ビデオゲームのテクノロジーがニューラルネットの実用化に貢献した

    ビデオゲームのテクノロジーがニューラルネットの実用化に貢献した

    id SoftwareのJohn Carmackが、1993年にDoomをリリースしたとき、彼はその血なまぐさいファーストパーソン・シューティングゲーム(1人称視点でのシューティングゲーム。最初に3D環境を採用したものの1つであり、あっという間に人気作になった)が、その先の機械による情報処理を、如何に変えてしまうかには全く自覚がなかった。 その6年後にはNvidiaが、急成長するゲーム業界向けに、3Dグラフィックスの生成に特化した初めてのグラフィックプロセッシングユニット(GPU)であるGeForce 256をリリースした。それから17年。G… 続きを読む

  • Microsoftの音声認識システムが人間と肩を並べ始めた

    Microsoftの音声認識システムが人間と肩を並べ始めた

    米国時間8月20日、MIcrosoftはその会話型音声認識システムが、これまでで最も低い5.1%のエラーレートに達したことを発表した。この記録は、Microsoft Artificial Intelligence and Researchの研究者グループが昨年達成した5.9%のエラー率を下回るもので、テキストを数回聞き返すことができるプロのトランスクライバーたちと同等の正確さだ。 両研究は、Switchboardコーパスの録音を認識することで行われた。これは1990年代初頭から、音声認識システムをテストするために研究者たちが使用してきた、約24… 続きを読む

  • この顔認識システムは、映画の観客が喜んでいるかどうかを追跡する

    この顔認識システムは、映画の観客が喜んでいるかどうかを追跡する

    映画制作がアートと同じくらいサイエンスになってきた今、映画会社は観客の反応を測定するためにかつてない方法を必要としている。喜んでくれたのだろうか? どのくらい…正確には?42分の時点で? カリフォルニア工科大学とDisney Researchは、表情認識ニューラルネットワークを使って、観客の反応を知り、予測しようとしている。次世代のニールセンレーティングの基盤になるかもしれない。 続きを読む

  • ニューラルネットワークに塗料の色の名前をつけさせたら、不可解だけど笑える結果ばかり!

    ニューラルネットワークに塗料の色の名前をつけさせたら、不可解だけど笑える結果ばかり!

    今や、どんなものでも機械学習にやらせようとしている。しかも機械学習は、なんでもあっさりとやってのける。でも、そうでなかった仕事もある。それは、ニューラルネットワークを使って、塗料の色に気取った名前…“春の雨”、“港の霧”など…をつける、という試みだ。だって、そのニューラルネットワークが命名した“dorkwood”色や“stanky bean”色の塗料を使って、自分の家を塗装したい人なんか、いるわけないもんね?。〔訳注: どちらもワイセツな含意が… 続きを読む

  • 数学知識もいらないゼロからのニューラルネットワーク入門

    数学知識もいらないゼロからのニューラルネットワーク入門

    機械学習の1分野であるニューラルネットワークこそ、長く続いた”AI冬の時代”を終わらせ、新時代の幕開けを告げたテクノロジーなのだ。簡単に言えば、ニューラルネットワークは業界の根底を覆すような、現存するテクノロジーの中でもっともディスラプティブな存在だ。 続きを読む

  • YouTubeが[笑い]も自動キャプション―機械学習で3種の環境音を認識

    YouTubeが[笑い]も自動キャプション―機械学習で3種の環境音を認識

    YouTubeはずっと前から自動キャプションシステムをサポートしている。 近年目覚ましい進歩を遂げたGoogleの機械学習テクノロジーのおかげで、自然言語の音声認識の精度は非常に高くなった。自動キャプションは驚くほど正確にビデオに発言の字幕を作ってくれる。 続きを読む

  • 日本発のPaintsChainerはAIで線画を自動着色―ニューラルネットワークが驚異の能力

    日本発のPaintsChainerはAIで線画を自動着色―ニューラルネットワークが驚異の能力

    スケッチが趣味という人は多いだろう。しかし線画を着色するという作業にはあまり魅力を感じないかもしれない。それなら最新のデジタルアート・テクノロジーが助けになる。 Chainerというのは非常に汎用性の高いニューラルネットワークのフレームワークだ。PaintsChainerはこのChainerフレーワークをベースにスケッチを自動的に着色してくれるプロジェクトだ。コンテンツが線画でさえあれば作成したツールは問わない。各種のフォーマットがサポートされている。JPG、PNG、GIFはもちろんTIFFでもよい〔ただしαチャンネルはサポートしていな… 続きを読む

  • GoogleのAI翻訳ツールは独自の内部的言語を発明したようだ、そうとしか言えない不思議な現象が

    GoogleのAI翻訳ツールは独自の内部的言語を発明したようだ、そうとしか言えない不思議な現象が

    まあ、パニックになる必要もないけど、今やコンピューターが自分たちの秘密の言語を作って、たぶんまさに今、われわれについて話しているんだ。ちょっと話を単純化しすぎたし、最後の部分はまったくのフィクションだけど、GoogleのAI研究者たちが最近、おもしろそうで、しかも人間にとって脅威になるかもしれない、事態の進展に、遭遇しているんだ。 続きを読む

  • いまさら聞けないコンピュータービジョン入門

    いまさら聞けないコンピュータービジョン入門

    部屋の向こうから誰かがあなたにボールを投げて、あなたがそれをキャッチする。実にシンプルだ。実のところ、これは私たちが理解しようとしてきたプロセスの中でも最も複雑なものの1つだ – ましてや再現は困難だ。私たちが見るように見ることができるマシンを発明することは、見かけ以上に困難な仕事だ、コンピューターにそれをやらせることが難しいというだけでなく、そもそも私たち自身がそれをどのようにやっているのかがはっきりしないからだ。 実際に起こっているのはおおよそこのなようなことだ:ボールのイメージがあなたの目を通過して網膜に映る、そこである程… 続きを読む

  • いまさら聞けない機械学習入門

    いまさら聞けない機械学習入門

    機械学習についての沢山の記事を目にして、何やら深遠なものが発見されつつあると思う人もいるかもしれないが、実際はその技術はコンピューティングと同じくらい古いものだ。 歴史上最も影響力のある計算機科学者のひとりであるアラン・チューリングが1950年に、コンピューティングに関する彼の論文の中で「機械は考えることはできるか?」という問いかけを始めたことは偶然ではない。空想科学小説から研究室に至るまで、私たちは長い間、自分自身を人工的な複製が、私たちに自分自身の意識の原点、より広義には、私たちの地上での役割、を見出すことの役にたつのだろうかと問い… 続きを読む