neuroscience

  • 魚を拡張現実を生成するタンクに入れてみたらそれを本物の現実と区別できた

    魚を拡張現実を生成するタンクに入れてみたらそれを本物の現実と区別できた

    拡張現実のようなものによって、魚の感知システムと運動システムとの関係を撹乱することはできないか、と考えた。 続きを読む

  • 機械学習のシステムはときどき人間をびっくりさせる…学習内容に忠実なだけで

    機械学習のシステムはときどき人間をびっくりさせる…学習内容に忠実なだけで

    機械学習の弱点や奇癖をまとめた、このシンプルなスプレッドシートは、それほど膨大ではないが、‘機械’の考え方を知るための楽しい資料だ。研究者のVictoria Krakovnaが作ったこのリストは、ロボットが法の精神と文字の両方に同時に従おうとしたときの、さまざまな状況を記述している。 続きを読む

  • 鼻に電気を流して「バーチャル臭」を作る研究

    鼻に電気を流して「バーチャル臭」を作る研究

    IEEEは、私が今月見た中でいちばんクールな研究プロジェクトを紹介した。昔の子供向け電子キットのようなシステムを使って人の嗅覚器官を刺激することで、匂いをシミュレーションするものだ。 続きを読む

  • AIを利用して神経障害を治療するBrainQが$5.3Mを調達、世界最大の脳波データベースを持つ

    AIを利用して神経障害を治療するBrainQが$5.3Mを調達、世界最大の脳波データベースを持つ

    イスラエルのBrainQは、脳卒中の後遺症や脊髄の損傷などで障害を抱える人びとを、個人化された電磁療法で治療している。同社はこのほど、これまでの350万ドルに加えて新たに530万ドルを調達したことを、発表した。その投資家たちは、Qure Ventures、クラウドファンディングのOurCrowd.com、Norma Investments、IT-Farm、そしてValtech CardioのファウンダーでCEOのAmir Grossなど数名のエンジェル投資家たちだ。 続きを読む

  • ますます病的になっているインターネットの解毒を探求するEvolve Foundationが$100Mのファンドを創立

    ますます病的になっているインターネットの解毒を探求するEvolve Foundationが$100Mのファンドを創立

    このところ悪いニュースばかりのようだが、しかし良いニュースもある。非営利団体Evolve Foundationが、テクノロジー隆盛の影で全世界的に広がっている孤独や生きがい喪失、不安や恐怖、怒りなどとたたかうためのファンドConscious Accelerator〔仮訳: 気づきの加速〕に1億ドルを調達した。 Matrix Partners Chinaの協同ファウンダーBo Shaoがこのファンドをリードし、世界の問題に対する人びとの意識を高めるようなテクノロジーを目指す起業家を、掘り出し、育成していく。 続きを読む

  • 脳波によるロボットアームのコントロールに成功、人の心でロボットを制御できる技術がついに誕生

    脳波によるロボットアームのコントロールに成功、人の心でロボットを制御できる技術がついに誕生

    これまでは、人間の意思でロボットアームをコントロールしようとすると、非常に複雑で非常に侵襲的な脳へのインプラントを必要とした。そこでミネソタ大学の研究者たちは、ちょっとかっこいいヘルメットと人間の思考能力だけを必要とする新たなシステムを作り、本物のマインドコントロールなロボットツールへの道を、拓(ひら)こうとしている。 続きを読む

  • 高校生が3Dプリントで作った‘ミニ脳’バイオリアクターがジカ熱の研究を加速

    高校生が3Dプリントで作った‘ミニ脳’バイオリアクターがジカ熱の研究を加速

    あなたのこの夏の計画はなんだろう? 1000個の”mini-brain(s)”(ミニ脳)を検査できるバイオリアクターを設計することでは、たぶんないだろう。バイオリアクターの設計ですら、ないかもね。でもニューヨークの高校生Christopher Hadionoは、それをやった。そして彼の、3Dプリントで作った強力で効率の良いマシンが今、話題になりつつある。 Hadionoがこのマシンを作ったのは、ジョンズ・ホプキンス大学の神経科の教授Hongjun Songの研究室で夏季のインターンをやっていたときだ。SpinΩと名付… 続きを読む