New Shepard(製品・サービス)

Blue Originの再利用可能な準軌道ロケット。

  • ベゾス氏のBlue Originが7月20日に初の有人宇宙飛行、搭乗権1席をオークション販売中

    ベゾス氏のBlue Originが7月20日に初の有人宇宙飛行、搭乗権1席をオークション販売中

    ジェフ・ベゾス氏の宇宙開発企業Blue Originは、米国時間7月20日に予定されている同社の弾道飛行ロケット「New Shepard」の初飛行に搭乗できる権利を1座席だけ販売する。だがそれは固定価格で販売されるチケットではなく、オンラインオークションで最高額の入札者がチケットを獲得することになる。 続きを読む

  • ブルーオリジンが弾道飛行ロケットでの商業フライトチケットを5月5日に発売

    ブルーオリジンが弾道飛行ロケットでの商業フライトチケットを5月5日に発売

    直近のミッションで宇宙飛行士を乗せてリハーサルを行ったBlue Originは、有料顧客を乗せての弾道飛行ロケットNew Shepard打ち上げにかなり近づいているようだ。同社は米国時間4月29日、初の商用飛行の搭乗チケットを5月5日に発売すると明らかにした。 続きを読む

  • ブルーオリジンがNew Shepardの打ち上げと着陸を実施、有人飛行のための重要な準備飛行

    ブルーオリジンがNew Shepardの打ち上げと着陸を実施、有人飛行のための重要な準備飛行

    Blue Originが2021年2回目となるNew Shepardロケットの打ち上げを実施した。今回のミッションでは、再使用可能な宇宙船がサブオービタルの宇宙空間まで飛行し、その後テキサス州西部にあるブルーオリジンの発射施設にパラシュートで着陸する様子が確認できた。 続きを読む

  • ブルーオリジンが4月14日の打ち上げで「宇宙飛行士リハーサル」を実施、有人宇宙飛行にまた一歩前進

    ブルーオリジンが4月14日の打ち上げで「宇宙飛行士リハーサル」を実施、有人宇宙飛行にまた一歩前進

    Blue Originは、有人宇宙飛行の実現に向けて一歩前進している。米国時間4月14日に予定している打ち上げでは「宇宙飛行士リハーサル」を行う計画だ。Blue Originの再利用可能な準軌道ロケット「New Shepard」の打ち上げは、同社宇宙船に有料の旅客を乗せて飛ばせることを検証するための重要なステップとなる。 続きを読む

  • ブルーオリジンが月面重力をシミュレートする機能をNew Shepardロケットに追加へ

    ブルーオリジンが月面重力をシミュレートする機能をNew Shepardロケットに追加へ

    NASAの発表によると、ブルーオリジンは再使用可能なNew Shepardを改良し、宇宙船のカプセルを回転させることで月の重力を再現することを計画している。これにより、カプセルは実質的に1つの大きな遠心分離機となり、内部の物体には月面で見られる重力に非常に近い力がかかることになる。 続きを読む

  • ブルーオリジンが2021年初ミッションで乗員カプセルの打ち上げと着陸に成功

    ブルーオリジンが2021年初ミッションで乗員カプセルの打ち上げと着陸に成功

    民間宇宙航空企業のBlue Originは、2021年の最初のミッションを開始し、西テキサスで「New Shepard」ロケットを35万フィート(約106km)強の中高度まで打ち上げた。今回使用したブースターはこれが初飛行であり、ロケットに搭載されたカプセルに装備されている新しい乗員の安全性や制御、そして快適性のための各システムも、初めて飛行中にテストされた。 続きを読む

  • Blue OriginのNew Shepardが打ち上げ、NASAの技術テストを実施

    Blue OriginのNew Shepardが打ち上げ、NASAの技術テストを実施

    Blue Originは2019年12月の最後の打ち上げから約1年の休止を経て、米国時間10月13日にミッションを再開した。 続きを読む

  • NASAがBlue Origin宇宙船ミッションで月と火星用の精密自動着陸システムをテスト

    NASAがBlue Origin宇宙船ミッションで月と火星用の精密自動着陸システムをテスト

    NASAは、Blue Origin宇宙船の再利用可能な準軌道ロケット「New Shepard」 のミッションで、月や火星の厳しい地形で使用するために設計された新しい精密着陸システムを初めてテストする予定だ。 続きを読む

  • Blue Originの準軌道打ち上げ機「New Shepard」が12回目の打ち上げで有人宇宙飛行の未来に少し近づく

    Blue Originの準軌道打ち上げ機「New Shepard」が12回目の打ち上げで有人宇宙飛行の未来に少し近づく

    Jeff Bezos(ジェフ・ベゾス)が創業したBlue Originが、準軌道打ち上げ機New Shepardのミッションに再度成功した。それは、人間の宇宙飛行のための宇宙船を目指す前段階として重要なステップだ。 続きを読む

  • ベゾスのBlue OriginがNew Shepardを打ち上げ予定、ブースター再使用の拡大目指す

    ベゾスのBlue OriginがNew Shepardを打ち上げ予定、ブースター再使用の拡大目指す

    Jeff Bezos(ジェフ・ベゾス)が設立した宇宙開発企業のBlue Originは米国時間12月10日の打ち上げを予定していたが中止。12月11日午前中に新たな打ち上げスケジュールを決定する。 続きを読む

  • Blue OriginのNew Shepardによる宇宙旅行代金は数十万ドルになる見込み

    Blue OriginのNew Shepardによる宇宙旅行代金は数十万ドルになる見込み

    Jeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏が立ち上げたロケット製造・打ち上げサービスのBlue Originは2019年に初の有人ロケット打ち上げを明言していたが、2020年へと後ろ倒しにせざるを得ないようだ。 続きを読む

  • ベゾスのBlue Origin、ロケットからの乗員脱出テストに成功―ブースターも5回目の垂直着陸

    ベゾスのBlue Origin、ロケットからの乗員脱出テストに成功―ブースターも5回目の垂直着陸

    今日(米国時間10/5)のBlue Originの飛行テストは成功したと同時に非常にユニークなものになった。今回ジェフ・ベゾスの宇宙企業では乗員安全確保システム(打ち上げ時にロケットに異常があった場合、乗員を安全に退避させる)を実験し、乗員カプセルは正常に回収された。この際、New Shepardロケット自体も(予定外だったが)安全な垂直着陸に成功した。Blue Originではこのテストで打ち上げロケット本体を無事に回収できる可能性は低いとみており、事前にそのことを強調していた。 続きを読む