ニュースレター(用語)

ニュースレターに関する記事一覧

  • Revueがツイッターのタイムライン上で直接ニュースレターを購読できるように

    Revueがツイッターのタイムライン上で直接ニュースレターを購読できるように

    Revueのライターは、Twitterのフォロワーをニュースレター購読者にするための新たなツールを手に入れた。これにより、あなたがニュースレターをツイートすると、読者にはツイートに埋め込まれた購読ボタンが表示される。 続きを読む

  • 【コラム】包括的なマーケティングチャネル、ニュースレターを成長させるための実証済みの戦術

    【コラム】包括的なマーケティングチャネル、ニュースレターを成長させるための実証済みの戦術

    メールによるニュースレターほど包括的なマーケティングチャネルは他にはない。ニュースレターならオーディエンスとのダイレクトな通信ラインを所有できる。投資収益率は40倍(1ドルの投資で最大40ドルの利益)、拡張性はほぼ無限、コストはほぼゼロだ。しかし、こうした利点を引き出すには、戦術が必要だ。 続きを読む

  • グーグルの研究開発部門がGoogleドライブを利用したニュースレターサービスの実験開始

    グーグルの研究開発部門がGoogleドライブを利用したニュースレターサービスの実験開始

    FacebookやTwitterなどのテック大手がニュースレター市場に参入したのに続き、Googleもニュースレターサービスの実験を開始した。Googleの社内スタートアップインキュベーターであるArea 120は「Museletter」という新しいプロジェクトを立ち上げた。 続きを読む

  • 有料ニューズレターのSubstackがサブスクソーシャルアプリ「Cocoon」のチームを買収

    有料ニューズレターのSubstackがサブスクソーシャルアプリ「Cocoon」のチームを買収

    サブスクリプション方式のニューズレターを作れるプラットフォームとして最大のサービスであるSubstackが、同じくサブスクリプション方式で親密な友人たちのためのソーシャルメディアを提供しているCocoonを買収したことを発表した。 続きを読む

  • ツイッターがプロフィール欄にRevueのニュースレターを掲載するテストを開始

    ツイッターがプロフィール欄にRevueのニュースレターを掲載するテストを開始

    米国時間8月19日より、TwitterはRevueのニュースレターをTwitter体験の中でより目立たせる機能のテストを開始する。ウェブやAndroidを使用している一部のTwitterユーザーは、ライターのプロフィール上で、Revueニュースレターがフォロワー数の下に表示されるようになる。 続きを読む

  • フェイスブックがニュースレター配信プラットフォーム「Bulletin」始動、まずは米国中心ベータ

    フェイスブックがニュースレター配信プラットフォーム「Bulletin」始動、まずは米国中心ベータ

    Facebookの新しいクールな試みは、マーク・ザッカーバーグ氏が自らLive Audio Roomsで製品ニュースを発信することだ。ザッカーバーグ氏は米国時間6月29日、同社のClubhouse競合機能を通じて、次の新製品であるニュースレタープラットフォーム「Bulletin(Bulletin.com)」を発表した。 続きを読む

  • フランスでヘイトコンテンツの24時間以内の削除をプラットフォームに強制する法案が可決

    フランスでヘイトコンテンツの24時間以内の削除をプラットフォームに強制する法案が可決

    フランスの下院議会は、ソーシャルネットワークとオンラインプラットフォームにおけるヘイトスピーチに対抗する法案を可決した。オンラインプラットフォームは、反社会的なコンテンツを24時間以内に削除しなければ、この法律に違反したとして、毎回多額の罰金を支払わなければならない。 続きを読む

  • RelikeでFacebookページから簡単にニュースレターを作れる

    RelikeでFacebookページから簡単にニュースレターを作れる

    フランスのスタートアップ、Ownpageは最近、Relikeという新しいプロダクトをリリースした。 Relikeはメールによるニュースレターを簡単につくれるツールで、自分のFacebookのアドレスを入力すれば設定はそれでほぼ完了というシンプルさだ。 続きを読む

  • 耳の聞こえない人でも電話できるようになる「RogerVoice」

    耳の聞こえない人でも電話できるようになる「RogerVoice」

    RogerVoiceを紹介したい。まさに「技術」のもつ可能性を示してくれる例だと思う。何かを便利にするのではなく、不可能だったことを可能にしてくれるのだ。このRogerVoiceは、世界中いるたくさんの聴覚障害の人たちが電話を利用できるようにするプロダクトだ。このプロダクトなしでは電話を使うことなど思いもよらない人にも手段を提供するのだ。会話の音声をリアルタイムで文字化することで、聴覚に問題のある人でも相手の言ったことを「読める」ようにする。 続きを読む