NIO(企業)

2014年創業の中国の電気自動車メーカー。

  • 中国の新興EVメーカーXpengが海外進出、ノルウェーを足がかりに多くの欧州市場を目指す

    中国の新興EVメーカーXpengが海外進出、ノルウェーを足がかりに多くの欧州市場を目指す

    Nioと同様に、中国の電気自動車メーカーXpengも海外展開を開始した。しかし、ノルウェーで派手なキャンペーンを展開したライバルとは異なり、Xpengは10月にスカンジナビアの国で静かにスタートした。 続きを読む

  • テスラのライバルNIOにLiDARを供給する中国Innovusionがシンガポール政府系ファンド主導で69.5億円調達

    テスラのライバルNIOにLiDARを供給する中国Innovusionがシンガポール政府系ファンド主導で69.5億円調達

    レーザー光を利用して距離を測定するリモートセンシング技術であるLiDAR(ライダー)に賭ける投資家が増えてきており、最近では自動車メーカーからも多大な関心が寄せられている。しかし、かつては法外なコストがかかったことなどから、Elon Musk(イーロン・マスク)氏に長い間はねつけられた技術でもあった。 関連記事:「LiDARに依存する自動運転車に未来はない」とイーロン・マスクが主張 設立5年目のLiDAR企業で、中国のEVメーカーNIO(ニーオ、上海蔚来汽車)のサプライヤーでもあるInnovusionはこのたび、シリーズBラウンドで6400… 続きを読む

  • 中国EVメーカーNIOが国外初のマーケットとしてノルウェーに進出

    中国EVメーカーNIOが国外初のマーケットとしてノルウェーに進出

    中国の電気自動車メーカーNioが、初の海外マーケットとして電気自動車(EV)の人気が高いノルウェーを選んだ。Nio NorwayはNioのフラグシップモデルとなる電動SUV、ES8の欧州バージョンを2021年9月からノルウェーの顧客に販売する。2022年にはET7セダンが続く。 続きを読む

  • テスラのライバルのNIOの決算が予想を上回り株価が急上昇

    テスラのライバルのNIOの決算が予想を上回り株価が急上昇

    2019年第3四半期の決算が投資家の予想を上回ったことを受け、中国拠点の電気自動車メーカーNIO(ニーオ)の株価が今朝、急上昇した。これはサプライズとなったが、この前には競合相手のTesla(テスラ)がNIOのホームマーケットである中国で製造した車両を初めて納車したという発表があった。 続きを読む

  • 11月にインテルとの協業を発表した電気自動車開発のNioが北米本社で141名をレイオフ

    11月にインテルとの協業を発表した電気自動車開発のNioが北米本社で141名をレイオフ

    電気自動車を開発しているスタートアップ企業であるNioが、北米本社で141名をレイオフする。 続きを読む

  • 中国Nioとインテル傘下のMobileyeが提携、消費者向け電動自動運転車を開発

    中国Nioとインテル傘下のMobileyeが提携、消費者向け電動自動運転車を開発

    2017年にIntel(インテル)に153億ドル(約1兆6700億円)で買収されたイスラエルの企業であるMobileye(モビアイ)が、中国の電気自動車スタートアップNio(ニオ)と提携し、消費者が購入可能な価格帯の自動運転車の開発を始める。 続きを読む

  • 低迷が続いていた中国EVメーカーNioの納車台数が9月は回復

    低迷が続いていた中国EVメーカーNioの納車台数が9月は回復

    中国EVメーカーNioは第3四半期に4799台を納車し、売上高は35.1%増と大幅にアップした。コストの超過やバッテリーリコール、そして乗用車販売台数の減少やEV助成金の減額といったマクロ経済学的な環境で弱っていたNioにとって前向きな結果となった。 続きを読む

  • 中国のNIOがLiDARのスタートアップInnovusionに投資

    中国のNIOがLiDARのスタートアップInnovusionに投資

    自動運転車両のためのLiDARセンサー技術を開発している、創業2年のスタートアップであるInnovusionが、シリーズAラウンドで3000万ドルを調達した。ラウンドを主導したのは中国のNio CapitalとEight Roads Ventures、そして米国の F-Prime Capitalである。 スタートアップによると、他のシードラウンドならびに戦略的投資家たちもこのラウンドに参加したという。 続きを読む

  • Teslaの大株主、TeslaのライバルNioの株式11.4%を取得

    Teslaの大株主、TeslaのライバルNioの株式11.4%を取得

    Teslaの第2位の株主である英国資産運用会社Baillie Giffordは、最近公開会社となった中国電気自動車メーカーNioに関心を寄せていた。そして今Baillie Giffordは、火曜日に公開された当局への提出文書によると、Nioの株式11.44%を保有している。Baillie Giffordは、8530万株を購入したことを明らかにした。これは月曜日の立会い終了時の価格で5億1500万ドルだ。 続きを読む