ニューヨーク大学 / NYU(組織)

ニューヨーク大学に関連する記事一覧

  • 米上院議員がFacebookに研究者のアカウントを停止させた理由の説明を求める

    米上院議員がFacebookに研究者のアカウントを停止させた理由の説明を求める

    Facebookが先週、誤報研究プロジェクトに携わる研究者のアカウントを停止するという決定を下したことは、同社に対する大きな反発を招き、そして今、米国議会が関与する事態にまで発展している。 続きを読む

  • フェイスブックがニューヨーク大学研究者からのアクセスを遮断、議員から反発を受ける

    フェイスブックがニューヨーク大学研究者からのアクセスを遮断、議員から反発を受ける

    Facebookは、2人の研究者が「不正なスクレイピング」を行い、同社のプラットフォーム上でユーザーのプライバシーを侵害したと非難した。しかし、この主張に対し、Facebookの多くの批判者は、透明性に関する研究を阻止するための薄っぺらい口実だと酷評している。 続きを読む

  • AI応用のMRIは4分の1の時間で従来と同等の結果を得られることが盲検法で判明

    AI応用のMRIは4分の1の時間で従来と同等の結果を得られることが盲検法で判明

    AI技術を応用したMRI検査が、従来の方法と同等以上の結果をもたらすことが放射線治療専門家による盲検法によってわかった。そのシステムは、通常の半分から1/4の時間で画質を損なうことなく良好なMRIスキャン結果を出すことが可能であり、待ち時間とそれにともなうコストを減らすことが期待できる。 続きを読む

  • 市販の材料を使い1分で完成する医療用フェイスシールドの作り方をニューヨーク大学が無料公開

    市販の材料を使い1分で完成する医療用フェイスシールドの作り方をニューヨーク大学が無料公開

    ニューヨーク大学(NYU)は他の多くの学術、民間、公営機関と同様、世界中の医療従事者が必要としている個人防護具(PPE)の供給についてできることに取り組んでいる。同大学はいち早くオープンソースのフェイスシールドを開発し、量産してすこしでも需要に応えるべくその作り方を無料で公開している。 続きを読む

  • 認知症の人が自分で着替えができるようにするニューヨーク大のスマートドレッサー

    認知症の人が自分で着替えができるようにするニューヨーク大のスマートドレッサー

    毎日の生活の中で、服を着ることは重要な作業のひとつだが、長年の経験で第二の天性になっている。しかし認知症の人などはその天性を失い、うまく着ることができないことがある。ここでご紹介するニューヨーク大学で作られたスマートドレッサーは、そんな人たちの服を着る作業を助けるとともに、介護者の苦労と負担を減らしてくれる。 続きを読む

  • MBAはスタートアップにとってプラスかマイナスか?

    MBAはスタートアップにとってプラスかマイナスか?

    その昔、私は本当に苦しい選択を迫られた。ニューヨーク大学のMBAに投資するか、大卒資格で何とかするか。当時の私は結婚したばかりで妻のおなかには子どもがいて貯金もあまりなかった。MBAには何万ドルという費用が必要で、取得までには何年もかかる ― 特にパートタイムだと。しかも私には生活のためにコンピュータープログラミング以外のことをすることが想像できなかった。それならどうして金融やマーケティングや業務管理を学ぶ必要があるのか疑問に思った。結局私は、ビジネスの世界に対する理解が浅かったこと、そして可能な限りの教育を受けたいという根深い願望から、… 続きを読む