obama

  • 英国のDirectgov、Change.govと張り合う

    英国のDirectgov、Change.govと張り合う

    英国政府の市民のためのワンストップ・スーパーサイト、Directgov.comは、あらゆる政府サービス向けに世界レベルのオンラインハブを作るためのアイディアを全国の開発者たちに共有させることによって、アイディア創出の道を開いた。Directgovのサイトは2004年に開始され、毎月1100万人以上の訪問があるといわれている。 オバマ大統領のデジタル施策であるChange.gov (現在はWhitehouse.gov)が、ある範囲の話題に関してあらゆる経歴の人たちに門戸を広げているのとは異なり、Directgovは、「Directgov自身… 続きを読む

  • オバマはWebテクノロジをこれからどう活用するか

    オバマはWebテクノロジをこれからどう活用するか

    バラク・オバマ大統領は今週、わが国の44代大統領に正式に就任した。ホワイトハウスで最初の数日はいくつかの技術的な問題に遭遇したが、オバマ政権は過去に例のないほど積極的かつ大々的にテクノロジを活用するだろう。先進的な思想を持ち、Webに詳しい技術者たちが率いるオバマ大統領のメディアチームは、大統領のビジョンであるオープンソース民主主義〔←ママ〕の実現に向けてすでに準備万全である。 オバマ氏の宣誓と同じタイミングで、新政権のメディアチームは火曜日の12:01 PM ESTにWhiteHouse.govの完全な制御権を握った。これは現職政権の公式… 続きを読む

  • TechCrunch版大統領就任式典ガイド

    TechCrunch版大統領就任式典ガイド

    オバマ大統領の就任式典を見るためにワシントンに向かっている人にも、ネットでフォローする人にとっても、この1月20日火曜日の国民的パーティーのためのサイトやアプリケーションに不足はない。もちろん全主要ニュースサイト(ABC.com、CBS.com、MSNBC.com、Fox.com、CNN.com、NYTimes.com、WashingtonPost.com等)がビデオ、写真、レポートを現地から届ける。しかし、パレードの沿道に並ぶ人たちもまた、Twitterでつぶやき、写真をアップロードし、携帯電話やビデオカメラでその瞬間の思い出を切り… 続きを読む

  • オバマさんの2009年年頭の誓いはネット上の声、声、声々々々から

    オバマさんの2009年年頭の誓いはネット上の声、声、声々々々から

    Barack Obamaの大統領としての新年の誓いは何であるべきか? 彼の就任前WebサイトChange.govには、1月1日現在で78,846人から56,574の質問が寄せられ、Diggふうにその順位を決める投票は3,349,920票集まっている(今も増え続けている)。彼は何よりもまず、ここをしっかり見るべきだね。 Change.govサイトは、彼の「オープンガバメント」〔試訳:開かれた政府〕思想の一環として、そのOpen for Questions〔試訳:なんでも質問してね〕の部分がGoogle Moderatorで実装されている(質問や投… 続きを読む

  • オバマは「炉辺雑談」もYouTubeで配信する

    オバマは「炉辺雑談」もYouTubeで配信する

    YouTube動画1800本を機動力に選挙で勝利を収めたバラク・オバマ。動画視聴数1億1000万回超のオバマには早速“YouTube大統領”のあだ名がついた。そんな氏のことなので大統領就任後もYouTubeで演説を流そうと考えるのは当然の成り行きかもしれない。フランクリン・ルーズベルト(FDR)以来ずっとアメリカの歴代大統領は毎週ラジオで演説を流してきた。それがこれからはYouTubeで動画録画配信となる。 このいわゆる「炉辺雑談(fireside chats)」は大恐慌の最中、不安に怯える国民に「大丈夫、万事オー… 続きを読む

  • 「ネットが無かったらオバマ大統領はなかった」~政治勢力としてのインターネット

    「ネットが無かったらオバマ大統領はなかった」~政治勢力としてのインターネット

    『New York Magazine』エディターJohn Heilemannの司会で今朝(米国時間11/7)、サンフランシスコのWeb 2.0サミットで「ウェブと政治」をテーマに討論会が開かれた。ゲストはギャビン・ニューサム(SF市長)、アリアナ・ハッフィントン(政治ブロガー)、ジョー・トリッピ(民主の政治戦略家。インターネット選挙の教祖として知られる。日本語解説)。 セッションの口火を切ったのはHeilemann記者。ジョン・F.・ケネディ大統領が誕生した1960年の選挙でテレビがディスラプティブな役割を果たしたように、今回の2008年大統領… 続きを読む

  • 動画バイラル展開の王道は「大統領当選」!? オバマ勝利宣言が空前のブーム

    動画バイラル展開の王道は「大統領当選」!? オバマ勝利宣言が空前のブーム

    当選する前からWebでバイラルにメッセージを広める面で大成功を収めたバラク・オバマ。そのバイラルの寵児オバマの勝利宣言が今ものすごい勢いで広まっている。このままいけば史上最速のバイラル動画に殿堂入り間違いなしだ。 選挙事務所が出した公式版のYouTube動画(下)だけでこの2日間で190万ビュー達成。この同じ演説には他にも500通り以上のバージョンと録画があり、それらがめいめい勝手にWeb中を駆け巡って全部で合計680万回以上も観られているのだ。 YouTubeと150を超える動画共有サイトを対象に動画視聴動向を追跡する「Visible M… 続きを読む

  • Obama圧勝

    Obama圧勝

    よーし、もう彼の勝ちだ。CNNの予測では、Obamaの得票数(選挙人数)は306 338だ。McCainはさっき敗北宣言をした。みんな、明日の朝食はObama O’sを食べなくちゃね。 Obama O’s    Standard Podcast [20:28m]: Play Now | Play in Popup | Download 続きを読む

  • もうオバマが勝ったのか?

    もうオバマが勝ったのか?

    選挙はまだ明日なのに、なんだかもうオバマが勝ったような気がしていないだろうか。これは、どのアンケート結果からも、州別の選挙人地図からも、どこの予想市場からも受ける印象に違いない。最新のFox Newsの調査でさえも、オバマがマケインを50%対43%でリードしている。 私が一番好きな予想ツールで、選挙予想でベストレコードを持っているのが、Iowa Electronic Marketsだ。米国大統領選挙の勝者総取り市場では、オバマが過半数票を獲得する確率が89%であると予想している(上のグラフ参照)。NewsFuturesも同じくオバマ勝利の確率… 続きを読む

  • ハロウィーンの仮装マスクの売れ行きではオバマ候補がマケイン候補をリード中

    ハロウィーンの仮装マスクの売れ行きではオバマ候補がマケイン候補をリード中

    今回の大統領選挙の行方については、人それぞれ、お気に入りの理論があるようだ。Amazonはハロウィーンの仮装マスクの売り上げ統計を公開している。それぞれの候補の支持者がハロウィーンでマスクを被って気勢を上げるだろういう推理らしい。現在のところAmazonで売れたマスクの57%がオバマで、43%がマケインだったそうだ。 面白いのは、43%というのが、最近マケイン候補が世論調査で得た数字と同じだという点だ。(オバマ候補は50%近い支持を集めた)。もっと真面目な統計やリンクを探している読者はGoogleのリサーチ・ディレクター、Peter No… 続きを読む

  • マケインがオバマ追い上げ、ネット注目度も差が狭まる

    マケインがオバマ追い上げ、ネット注目度も差が狭まる

    党全国大会のシーズンも終わり、次の4年間の国のリーダーを選ぶ最後の決戦まで残すところ約8週間に迫った。終盤戦を前に、ここらで各候補のオンライン注目度を比べてみよう。 Google Trendsのデータによると、ジョン・マケイン共和党候補の支持基盤はバラク・オバマ民主党候補に急速に迫っており、ランニングメートの副大統領候補をサラ・ペイリンにする発表があった日にはマケインの検索数急増が見られた。ところがこの日はオバマもそれを上回る突出を見せている。これはたぶん、その前夜に全国大会で行った演説の影響と、ペイリンつながりで両陣営を比べる検索が増え… 続きを読む

  • 調査結果:ブログはオバマ好き、ニュースサイトはマケイン好き。しかし、マケインがネガティブ戦略で追撃。

    調査結果:ブログはオバマ好き、ニュースサイトはマケイン好き。しかし、マケインがネガティブ戦略で追撃。

    ウェブにメッセージを流すのがうまいのは誰だ。ジョン・マケインかバラク・オバマか。世間一般の認識はオバマ。オバマのウェブでの行動は始動して以来好調だ。そしてブログやソーシャルネットワークに関して言えば、依然として世間の認識が正しい。しかし、今日(米国時間8/26)公開されたAttributorの最新調査によると、実際にはマケインが主要ニュースサイトではリードを保ち、ブログでも追い付きつつある。マケインと支持者によるオバマ攻撃が強まってからは特に顕著だ。 Attributorは、両候補者のキャンペーンサイト、www.johnmccain.c… 続きを読む

  • 統計:オバマ候補が依然としてネットでは勝利

    統計:オバマ候補が依然としてネットでは勝利

    これまでの経過でも明白なことだが、もしインターネットを通じて投票ができたなら、バラック・オバマ候補が次期アメリカ合衆国大統領だろう。彼のウェブサイトは、既に他の大統領候補より つねに多くの訪問者を引きつけている。オバマ候補支持者による非公式のオバマ候補の応援ビデオサイトYouBama には、多くの彼の支持者たちからの応援ビデオが自然発生的に集まった。MoveOn.orgはウェブ中の有権者たちを応援ビデオの rally behind himへ集めた。また、シリコンバレーの“digerati”( digital+literat… 続きを読む

  • オバマ候補の選挙資金集めが1月過去最高記録更新、ネットが全体の88%

    オバマ候補の選挙資金集めが1月過去最高記録更新、ネットが全体の88%

    当編集部公認バラック・オバマ候補の選挙事務所が先週木曜発表したところによると、同候補が集めた選挙資金は今年1月、$32M(3200万ドル)に達し自己新を達成した。これはまた、予備選の段階で候補が単独で集めた政治資金としては過去最高に当たる。今日(米国時間2/4)事務所から聞いた話では、$32Mのうち$28M(2800万ドル)はネットからの献金だという。 これはどういうことかというと、1月にオバマ候補がオンラインで集めた額は、ハワード・ディーン候補が2003/2004選挙戦全体を通して募った総額$27M(2700万ドル)よりもまだ多い、と… 続きを読む