oDesk

  • 新経済サミット2013:起業家に告ぐ「失敗を恐れるな、実行せよ」

    新経済サミット2013:起業家に告ぐ「失敗を恐れるな、実行せよ」

    本日、東京で開催された新経済サミット2013には数多くのシリコンバレーで活躍するIT起業家が登壇した。この記事ではAirbnb、Uber、oDesk、Fabといった今急成長しているサービスのCEOが参加したセッションをレポートする。 日本ではまだサービスを提供していないスタートアップもあるが、名前を聞いたことはあるであろうAirbnb、Uber、oDesk、Fabの4社。現在は多くのユーザーを獲得し、成長し続けている。ユーザー数1,000万人、会社設立後4年で評価額10億ドル、7秒に1つは商品が売れるなど、彼らのサービスは2、3年で大き… 続きを読む

  • 雇用はますます“非勤務非社員”化する–経済指標はオンライン労働の実態を正しく拾っていない

    雇用はますます“非勤務非社員”化する–経済指標はオンライン労働の実態を正しく拾っていない

    編集者注記: このゲスト記事を書いたGary Swartは、今急成長しているオンラインの仕事場oDeskのCEOだ。このサービスは今、ここを通じてオンラインの仕事人たちが年間3億ドルあまりを稼いでいる。 経済はまだ苦境を脱せずにあがいているが、しかし今用いられている各種の経済指標は、雇用を従来型の雇用に限定している。でも、企業ではなくさまざまな現場で、一対一の雇用者被用者関係の中で仕事を見つける人は、どれぐらいいるのだろう? それとも、こんな見方は時代遅れか? Columbia Business SchoolのRita McGrath教授も、同じこ… 続きを読む

  • フリーランスビジネス提供サイトのGetAFreelancer、100万ユーザを突破して名前もFreelancer.comに変更

    フリーランスビジネス提供サイトのGetAFreelancer、100万ユーザを突破して名前もFreelancer.comに変更

    インターネットを利用することの効果をひとつだけ挙げてみろというのなら、ビジネスを行う際に物理的な距離が全く関係なくなったということではないだろうか。 さまざまな企業がデジタルコミュニケーションを通じて、地球の裏側の企業とビジネスを行うようになってきている。あるいは、全世界の人からなるビジネス組織自体ないしプロジェクトチームが構築されるようになってきている。 このような中、oDeskやElanceでは、登録しているプログラマ、デザイナ、ライター、法律の専門家等々、さまざまな分野の人に仕事をアウトソースできる仕組みを構築している。また、オース… 続きを読む

  • この不況のさななかにアウトソース・サービスのoDeskは週10万時間を引きうけている

    景気は依然回復に向けて苦闘中といわれているが、逆にこの経済環境による企業のコスト削減努力を追い風としている企業もある。たとえばアウトソーシング・サービスのoDeskだ。ウェブサイトやアプリケーションの開発者はoDeskに業務を発注できる。逆にエンジニアはここで仕事を探すことができる。エンジニアは発注者が業務の進行状況をモニタできるソフトをoDeskからダウンロードしなければならない。発注者はこのソフトを通じて、受託したエンジニアが(午前3時にパジャマ姿でコンピュータに向かっていてもかまわない)正確にどれほどの時間業務に携わったかを実測… 続きを読む

  • 開発のアウトソーシングの仲介サービスのoDesk、さらに$15Mを調達

    開発のアウトソーシングの仲介サービスのoDesk、さらに$15Mを調達

    oDeskはユーザーにアウトソーシングのためのデベロッパーを紹介し、仕事ぶりをオンラインで管理、監督できるサービスを提供している。このoDeskはDAG VenturesがリードしBenchmark Capital、Globespan Capital Partners、Sigma Partnersなどが参加するシリーズCのラウンドでで$15M(1500万ドル)を調達した。前回までの投資家も参加している。これによってoDesk’sは総額$29M(2900万ドル)を調達した。 oDeskは何千人もの(通例)優秀な契約プログラマーのプロフィ… 続きを読む

  • Helium、フリーライター向け原稿市場を正式ローンチ

    Helium、フリーライター向け原稿市場を正式ローンチ

    市民ジャーナリズム・サイトのHeliumが7ヶ月のベータテストを経て、今日(米国時間3/11)、フリーライター向けの原稿マーケットを正式にローンチした。 われわれはこのサービスを以前、2006年と昨年、「Helium Marketplace」が最初に公開されたときの2度にわたって取り上げている。Heliumは2種類のサービスを提供している。一つはユーザー生成コンテンツのポータルサイトで、一部Wikipedia、一部Squidoo、それに広告収入の分配メカニズムを加えたようなサービスだ。これに対して「 Marketplace」の方は、oDes… 続きを読む

  • oDeskの統計でアウトソーシングの実態を覗く

    oDeskの統計でアウトソーシングの実態を覗く

    oDeskは自社のウェブサイトにoConomyという新しいサイトを追加した。ここにアクセスすると誰でもoDeskのアウトソーシング活動の統計を見ることができる 上のスクリーンショットでもお分かりのように、アウトソース先の契約プログラマーの平均的賃金その他の情報をGoogleマップ上で見ることができる機能が含まれている。またこのサイトには、どれだけの金額がアウトソーシング・プロジェクトに費やされているか、賃金レートと品質がアウトソース先の地域別にどのように推移しているかなどについての情報がグラフでリアルタイムで表示される。 もちろんこういっ… 続きを読む

  • CVSDude、oDeskのアウトソーシングを助ける

    明日(米国時間2/5)、ソフトウェアの開発環境をホスティングするCVSDudeはオンライン・アウトソーシング・サービスのoDeskとの提携を発表する。この提携でoDeskブランドでCVSDudeのテクノロジーが提供されることになる。 この両社は似合いの相手だ。oDeskは世界中のプログラマーと開発をアウトソーシングするクライアントとの間を仲介するのに対して、CVSDudeはプログラマーが相互に、あるいはクライアントと共同作業を行い、成果を共有するのを助けるサービスだ。特に、CVSDudeがホストするバージョン管理システムは、違う大陸に住… 続きを読む

  • IT職マーケットプレースのOnForceが$6.75M調達

    IT職マーケットプレースのOnForceが$6.75M調達

    OnForceが、$6.75M(675万ドル)のシリーズA1資金調達ラウンドをAccel Partnersのリードで完了した。OnForceは「オンサイトITサービスのマーケットプレース」。利用する企業は、登録済の地元ITプロフェッショナル対象の契約業務の募集広告を掲示する。掲載料として$11を払う他、成立した場合は仕事が完結して最終支払いが終ってから10%を手数料としてサイトに払う。今回調達した資金を元手に、OnForceでは現在の米国だけでなく国外市場に業務範囲を拡大していく計画だ。 技術系サービス、特にコーディングのマーケットプレー… 続きを読む

  • oDeskのFacebook開発者の能力検定

    oDeskのFacebook開発者の能力検定

    oDeskは次世代型の契約開発者のアウトソーシング紹介サービスだが、最近Facebookアプリケーションの開発者のニーズが急増しているという。 oDeskでは従来からさまざまな分野でプログラミングの能力検定テストを提供している。現在実施されている検定にはAjax、CSS、.Net、DHTML、ASPなどがある。ここに新たに40分間の「Facebook能力検定」が加わった。Facebookアプリケーションの開発をアウトソーシングしたい企業はこの検定の成績を利用して開発者の技術を簡単に見分けることができる。 これに関連したニュースだが、Ven… 続きを読む

  • oDeskのアウトソースサービス、 現在までに$10M分を処理

    oDeskのアウトソースサービス、 現在までに$10M分を処理

    シリコンバレーのoDeskは企業や開発者のためにプログラマーのアウトソース先を紹介するサービスだが、順調に運営されているようだ。来週oDeskは現在までのアウトソースされたプロジェクトの総額が$10M(1千万ドル)、処理時間は75万時間に上ると発表する予定。これは去年の11月、同社の処理時間が50万時間に到達したとわれわれが紹介したときに比べて50%の増加になる。 oDeskは一律10%の手数料を請求する。 最近までoDeskは実働作業時間ベースのプロジェクトのみ取り扱っていた。2週間前に固定した金額でのプロジェクトのアウトソースも受け付… 続きを読む

  • oDesk、記録を達成、料金値下げへ

    oDesk、記録を達成、料金値下げへ

    シリコンバレーに本拠を置く oDesk は火曜日に、いくつかの記録を達成したことと、料金の値下げを発表する予定。われわれは この会社のプロフィールを9月初めに最初に紹介した。その際、oDesk は、プロジェクト開発のアウトソーシングを手助けすることによってスタートアップ企業の世界において重要なニッチを埋める存在だという意見を述べておいた。プロジェクトの発注者は、 oDesk を利用してソフトウェアプログラマーを探し[て契約し]、プログラマーの仕事ぶりをスクリーショットとビデオカメラでモニターすることができる。こちらの デモを参照。このサービスはわれ… 続きを読む

  • oDesk、$8M(800万ドル)をBenchmarkから資金調達

    oDesk、$8M(800万ドル)をBenchmarkから資金調達

    oDeskはメンローパークに拠点を置く、契約社員の人材雇用マーケットプレイス。主な対象はプログラミング関連サービス分野。私たちはほんの数週間前にoDeskについての記事を書いた。それ以来、同社はプロジェクトと登録人材両方で目覚ましい成長を続けている。今日、oDeskはシリーズBラウンドで$8M(800万ドル)の出資を受け入れたと発表。リードVCはBenchmark Capital。シリコンバレーの威厳あるVC企業だ。これまでの出資先として、eBay、Handspring、RedHatそれにJuniperなどがある。今ラウンド以前にoDe… 続きを読む

  • oDeskでオンデマンド社員雇い入れ

    oDeskでオンデマンド社員雇い入れ

    私のスタートアップ企業OmnidriveがoDeskを 最初に見つけたのは、あるプロジェクトに関して外部のC++開発者が必要になって探しているときだった。一見したところではプロジェクトマネージャーが人材を探すためのよくある普通のポータル、ジョブ市場に思える。しかし詳しく観察すると、oDeskには独特の長所があり、契約社員をオンデマンドで雇うのにいちばん良くできた使いやすいサイトだと分かってくる。 2年間のベータテストの後、oDeskは今年5月に契約従業員を供給するマーケットとして正式スタートした。oDeskには多数の(3600人の登 録者が… 続きを読む