Ola(企業)

インドで配車サービスを提供する企業。

  • インドの配車サービスOlaが世界最大のスクーター工場を同国に建設するために約340億円投資

    インドの配車サービスOlaが世界最大のスクーター工場を同国に建設するために約340億円投資

    インドで配車サービスを提供するOlaは米国時間12月14日、同国のタミル・ナードゥ州政府と覚書に調印したことを明らかにした。同社は電気自動車で新たな取り組みを開始するにあたり、同州政府との間で「世界最大のスクーター製造施設」を南インドに設立する。 続きを読む

  • インド政府がUberやOlaなどのライドシェアの手数料率上限を規定

    インド政府がUberやOlaなどのライドシェアの手数料率上限を規定

    インドでは、OlaやUberのようなライドシェア企業は、乗車料金の最大20%までしか取ってはならない。インド政府が米国時間11月27日に発行したガイドラインではそうなっている。特にソフトバンクが投資しているこの2社は重要な海外市場で苦戦しているだけに、この決定はこたえるだろう。 続きを読む

  • Olaがロンドンでのライドシェア免許更新に失敗、上訴して運用継続を表明へ

    Olaがロンドンでのライドシェア免許更新に失敗、上訴して運用継続を表明へ

    Uber(ウーバー)がロンドンでの運用を巡る裁判で規制当局から18ヶ月の延長を勝ち取ってからわずか6日後、有力ライバルの一社が苦境に立たされている。インド拠点のライドシェアリング・スタートアップ、Ola(オーラ)はロンドン手のライドシェアリング免許更新に失敗した。 続きを読む

  • データアクセス権とアルゴリズムによる業務管理を巡り配車サービス運転手がOlaを提訴

    データアクセス権とアルゴリズムによる業務管理を巡り配車サービス運転手がOlaを提訴

    2人の配車サービス運転手が、インドに本社を置く配車サービスOlaによる、アルゴリズムを使ったギグワーカーの自動業務管理を巡り、オランダの裁判所に訴えを起こした。この手の訴訟はこれが2つめとなる。 続きを読む

  • インドの大手配車プラットフォームOlaが新型コロナ対策で政府に協力

    インドの大手配車プラットフォームOlaが新型コロナ対策で政府に協力

    インドの配車サービス大手のOlaがリアルタイムの追跡とナビゲーション、そして群衆に対応する機能を、連邦政府と州政府に無償で公開する。 続きを読む

  • インドのOlaが2月10日にロンドンで配車サービスを開始

    インドのOlaが2月10日にロンドンで配車サービスを開始

    インドの配車サービスOlaは、2019年ロンドンにオフィスを開設していたが、2月10日にそのロンドンでサービスを開始すると正式に発表した。 続きを読む

  • インドの配車サービスOlaが「数週間以内」にロンドンで事業開始

    インドの配車サービスOlaが「数週間以内」にロンドンで事業開始

    インドの配車サービス大手であるOlaは11月26日、「数週間以内」に英国ロンドンで事業を開始すると発表した。世界で最ももうかる都市の1つであるロンドンでの配車サービスをめぐっては、現地のロンドン市交通局(TfL)がUberの営業免許を昨日取り消したばかりだ。 続きを読む

  • インドのOlaがロンドンのタクシー事業免許を取得、9月サービス開始

    インドのOlaがロンドンのタクシー事業免許を取得、9月サービス開始

    インドのOlaはロンドンでアプリベースの配車サービスを展開するために必要な事業許可を取得したことを認めた。9月に事業を開始する見込みだと語った。 続きを読む

  • 中国の配車サービスDidi、オーストラリアでサービス開始へ

    中国の配車サービスDidi、オーストラリアでサービス開始へ

    中国最大のライドシェア事業者Didi(滴滴出行)は、グローバル展開を拡大し、今月オーストラリアでサービスを開始すると発表した。 続きを読む

  • UberとOla、インドでオートバイタクシーを同時にスタート

    UberとOla、インドでオートバイタクシーを同時にスタート

    インドのバンガロールでは、Uberとインド拠点の強力なライバル、Olaとの決戦が始まろうとしている。この街で両社が共にオートバイによるオンデマンドタクシーサービスを開始する。 続きを読む

  • Uberの最大のライバルはSoftBankだった―アジア各地でタクシーアプリに大型投資

    Uberの最大のライバルはSoftBankだった―アジア各地でタクシーアプリに大型投資

    アメリカ在住の読者なら、Uberの最大のライバルはLyftとと考えるだろう。Lyftはアメリカの多くの都市でUberとサービスを激しく競い合っており、両社の戦術にはいかがわしいものも少なくない。しかし、意外にも、Uberにとってもっとも手強いライバルがアジアから現れた。さらに驚きなのはその相手が日本の巨大テレコム企業だという点だ。 2014年10月に2億1000万ドルをインドのOlaに投資するまで、SoftBankはスマートタクシー・ビジネスにはまったく関係していなかった。この投資はインドのスタートアップに総額100億ドルを投資するとい… 続きを読む