outer space

  • Netflixの「スペース・フォース」の予告第1弾、「The Office」のスティーヴ・カレル主演

    Netflixの「スペース・フォース」の予告第1弾、「The Office」のスティーヴ・カレル主演

    Netflixは、米軍をパロディ風に描いた最新シリーズ「Space Force」(スペース・フォース)の最初のトレーラーを公開した。 続きを読む

  • Virgin GalacticとNASAが共同で地上2点間移動用の超音速機を開発へ

    Virgin GalacticとNASAが共同で地上2点間移動用の超音速機を開発へ

    Virgin Galacticは、米国時間5月5日にNASAとの新しい提携契約を公表した。地球上の2点間移動のための高速航空機の開発が目的だ。この新たな提携では、とくに持続可能な高速移動技術を民間および商用航空に適用する道を探る。 続きを読む

  • 中国が新型の長征5号Bロケットで次世代乗員カプセルのデモ飛行

    中国が新型の長征5号Bロケットで次世代乗員カプセルのデモ飛行

    中国が新型の長征5号Bロケットを利用した、次世代宇宙船の実証ミッションを打ち上げた。これは、中国の次世代宇宙ステーションの部品の打ち上げにも使用される、新型の長征ロケットの最初の打ち上げでもある。 続きを読む

  • SpaceXが次世代型ロケットStarship試作機の最終テストに合格、初飛行に近づく

    SpaceXが次世代型ロケットStarship試作機の最終テストに合格、初飛行に近づく

    SpaceXの新世代ロケットStarshipの最新プロトタイプSN4は「クライオ」と呼ばれるテストに合格し、エンジン点火テスト、そしてそれに続く短距離飛行へと道が開かれた。 続きを読む

  • 提携拡大でNASAが出資するプログラムにおけるPlanetの衛星画像を地球科学者が利用可能に

    提携拡大でNASAが出資するプログラムにおけるPlanetの衛星画像を地球科学者が利用可能に

    NASAとPlanet(プラネット)はパイロットパートナーシップを成功させた。その結果、同宇宙機関はPlanetとの契約を延長し、Planetの地球観測衛星の画像をNASAが出資するすべての研究プログラムに提供することになった。NASAは2019年4月に、Essential Climate Variables(ECV)の追跡に取り組む35人の研究者チームに同社の画像を提供する、最初の契約をPlanetと結んでいる。 続きを読む

  • Rocket Labが使い捨てElectronロケットのヘリでの空中キャッチに成功

    Rocket Labが使い捨てElectronロケットのヘリでの空中キャッチに成功

    Rocket Labは使い捨て用に設計されたたロケットを降下中に回収する方法を開発している。同社はプロセスのカギとなるヘリコプターによる空中キャッチのテストに成功したと発表した。 続きを読む

  • SpaceXの最新Starship試作機が圧力テストに失敗

    SpaceXの最新Starship試作機が圧力テストに失敗

    全く新しい宇宙船を設計、テストし、建造するプロセスは困難で、いくつかの問題に直面するに違いないものだ。SpaceXが建造する、完全に再使用可能な巨大宇宙船Starshipもその例外ではない。最新のStarshipのプロトタイプSN3は、試験飛行中に宇宙船が体験する圧力をシミュレートするための極低温実証試験の最中に、致命的な失敗を起こしてしまった。 続きを読む

  • SpaceXの有人運用1号機にJAXAの野口聡一宇宙飛行士が搭乗

    SpaceXの有人運用1号機にJAXAの野口聡一宇宙飛行士が搭乗

    JAXAはSpace XのCrew Dragonミッションが正式に運用を開始し次第、野口宗一氏がその1号機に搭乗すると発表した。今のところ、ミッションは2020年後半に開始される予定。他にNASAから3人の宇宙飛行士も搭乗する。 続きを読む

  • 米宇宙軍のスペース・フェンス衛星追跡システムが正式運用開始

    米宇宙軍のスペース・フェンス衛星追跡システムが正式運用開始

    USSF(米国宇宙軍)は先週後半、スペース・フェンスと呼ばれるレーダーシステム「スペース・フェンス」が正式に運用可能になったことを発表した。スペース・フェンスはレーダーシステムで商用衛星、軍事衛星、宇宙ゴミなど軌道上の物体を精密にモニターする。 続きを読む

  • Starlinerの二度目のエラーでNASAがボーイングのソフトウェア工程の見直しを要求

    Starlinerの二度目のエラーでNASAがボーイングのソフトウェア工程の見直しを要求

    NASAのAerospace Safety Advisory Panel(ASAP, 航空宇宙安全顧問団)は、12月に行われたCST-100 Starlinerの宇宙ステーションとの無人ドッキングテストで発見された二度目の問題を受けて、Boeing(ボーイング)のソフトウェア試験工程の見直しを推奨した。 続きを読む