Pairs

  • マッチングサービス「Pairs」が会員数500万人突破 —— 今後はアジア5カ国でサービス展開

    マッチングサービス「Pairs」が会員数500万人突破 —— 今後はアジア5カ国でサービス展開

    恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」(このタイミングでサービス名の表記がpairsからPairsに変更となった)、カップル専用コミュニケーションアプリ「Couples」を展開するエウレカ。同社は1月23日、Pairsが2016年内にユーザー数500万人、マッチング数3200万組(日本と台湾の合計)を突破したことを明らかにした。累計有料会員数は55万人だが、売上金額は非公表としている。 続きを読む

  • エウレカがパパママ社員に優しい新人事制度、英会話全額負担や「pairs婚」手当ても

    エウレカがパパママ社員に優しい新人事制度、英会話全額負担や「pairs婚」手当ても

    恋愛マッチングアプリ「pairs」を運営するエウレカが15日、福利厚生プログラム「baniera(バニエラ)」を導入した。これまでも一般的な福利厚生制度はあったが、結婚や出産、育児に関する支援を中心に充実させた。 続きを読む

  • クロスボーダーの大型買収を実現した「pairs」運営エウレカ、これまでと次の一手をTechCrunch Tokyoで聞く

    クロスボーダーの大型買収を実現した「pairs」運営エウレカ、これまでと次の一手をTechCrunch Tokyoで聞く

    2015年もっとも話題になったスタートアップの買収劇と言えば、米IACグループによるエウレカのクロスボーダー買収ではないだろうか。 IACはこれまでMatchやTinderをはじめ世界の各エリアでマッチングサービスを展開してきたほか、動画配信のVimeoやQ&AサービスのAskなど、日本のネットユーザーも利用している(もしくは見たことくらいはある)ようなサービスを保有している。 続きを読む

  • 急成長カップルアプリ「Couples」がテレビCMを開始——今春めどにメディア化進める

    急成長カップルアプリ「Couples」がテレビCMを開始——今春めどにメディア化進める

    エウレカが手がけるカップル向けアプリの「Couples」が好調だ。2014年5月にリリースし、8カ月後となる2015年1月末には150万ダウンロードを達成した。 Couplesはカップルに限定してメッセージを送信したり、写真や予定を共有できるいわば「2人専用SNS」といったアプリ。サービスで先行する韓国VCNCの「Between」は2014年5月時点で100万ダウンロード(国内のみ。世界では韓国を中心に900万ダウンロード超)、TIMERSの「Pairy」は2014年5月 続きを読む