Parrot

  • Parrotがローエンドのドローン事業から撤退しB2Bに専念

    Parrotがローエンドのドローン事業から撤退しB2Bに専念

    明らかに、中国のDJIの市場での強さに負けて、同社はAnafi以外のドローンを閉鎖するのだ。その系統はDJIのMavicに酷似しているが、Parrotは折りたたみ式のクワッドコプターをエンタープライズのユーザーに向ける。 続きを読む

  • Parrotのドローン新製品はサーマルカメラ搭載、各分野のプロフェッショナル狙う

    Parrotのドローン新製品はサーマルカメラ搭載、各分野のプロフェッショナル狙う

    Parrotはドローンの市場を監視や検査を必要とするさまざまな業務用分野にも広げたいと願っている。 続きを読む

  • Parrotから折りたたみ式ドローン、Anafi登場――DJI Mavic Airに対抗

    Parrotから折りたたみ式ドローン、Anafi登場――DJI Mavic Airに対抗

    今朝(米国時間6/6)、フランスのドローン・メーカー、ParrotがAnafiを発表した。これは明らかにDJIのMavic Airに対抗するモデルだ。Parrotによれば、このポータブル・ドローンの開発に2年間かけたという。「ユーザーからのフィードバックに応えようとすると同時に昆虫の仕組みからインスピレーションを受けた」そうだ。 続きを読む

  • Parrot Bebop 2 Powerは最高にクールなドローン――一人称視点も可能

    Parrot Bebop 2 Powerは最高にクールなドローン――一人称視点も可能

    個人ユーザー向けドローンのパイオニア、Parrotから最近発表されたBebop 2 Powerは既存のBebop 2のアップグレード・モデルだ。カメラ、コントロール、バッテリー駆動時間、すべてが改善されている。この本格的ドローンは2個のバッテリーで60分飛ぶことができ、ParrotのVRヘッドセットとスマートフォンを利用すればカメラが写す内容を一人称視点で体験できる。 続きを読む

  • Parrot、ドローンチームから35%をレイオフ

    Parrot、ドローンチームから35%をレイオフ

    フランスのParrotにとって、2016年は厳しい年だったようだ。売上も予想を下回ることとなった。それもあって同社は、ドローン部門で290人のレイオフを行うこととなった。Parrotが現在抱える従業員はドローンチームで840人、そして前部門をあわせると1000人以上となっている。 続きを読む

  • Parrot、まるでXウイングのようなドローン「Swing」を10月に国内発売——物を掴めるミニドローンも

    Parrot、まるでXウイングのようなドローン「Swing」を10月に国内発売——物を掴めるミニドローンも

    Parrotは、ユニークな新型ドローンを10月に国内発売する。まるで「Xウイング」のような翼の固定翼型機「Parrot Swing」と、変形型機「Parrot Mambo」の2モデル。価格はそれぞれ税別1万7000円、1万5000円。 続きを読む

  • Parrotのアンリ・セドゥ、スターウォーズのXウィングそっくりのドローンを公開

    Parrotのアンリ・セドゥ、スターウォーズのXウィングそっくりのドローンを公開

    フランスの有力ドローン・メーカーParrotのCEO、アンリ・セドゥはパリで開催されたプレスカンファレンスで新しいミニドローンを数種を発表した。Parrotの新製品の中には通常のクワドコプターとは異なった新種が含まれている。これはクワドコプターと固定翼の「いいとこどり」を狙ったものだ。 続きを読む

  • DJI、3DR、Parrot、GoProの4社が、新たなドローン擁護団体を設立

    DJI、3DR、Parrot、GoProの4社が、新たなドローン擁護団体を設立

    DJI、3DR、Parrot、およびGoProの4社は、独自のドローン擁護団体を作り、「革新と安全を推進し、実用的で責任ある規制の枠組みを作る」ためのロビー活動を行う。 続きを読む

  • 今年のCES 2016で見つけたクールなガジェット10種類をまとめて紹介

    今年のCES 2016で見つけたクールなガジェット10種類をまとめて紹介

    新年早々ラスベガスで開催されたCES 2016でわれわれはクールなガジェットをたくさん発見した。ヘルスケア、ウェアラブル、プリンター、ドローン、3Dプリンター、仮想/拡張現実などジャンルはさまざまだった。取材チームはUberのプロモーションのヘリに乗ってラスベガスの「ストリップ」を1000フィート(300m)上空から見下ろす機会にも恵まれた。なんといってもホットだったのはガジェットのスタートアップだが、個別の紹介記事はこちら。以下にわれわれの注目を集めたガジェットのトップ10をまとめてご紹介しよう。 続きを読む

  • 鉢植えの植物を死なせることのない自動コントロール植木鉢Parrot Pot

    鉢植えの植物を死なせることのない自動コントロール植木鉢Parrot Pot

    多くの人が、Parrotはドローンのメーカーだと思っているようだが、実はヘッドフォーンや車内の情報娯楽装置など、いろんなものを作っている。昨年のCESで同社は、植木鉢ロボットParrot Potを披露した。そのときはまだプロトタイプだったが、今年は第一四半期にいよいよ、この新製品を発売する。 続きを読む

  • Parrotの消費者向けドローンは売上額が1年で6倍増…製品企画の勝利

    Parrotの消費者向けドローンは売上額が1年で6倍増…製品企画の勝利

    Parrotは、2015年第一四半期でドローンの売上が急増し、前年同期比では売上額で356%の増(約4.5倍)となり、消費者向けドローンだけでは483%の増(約6倍)となった。農業用のParrot eBee Agなどプロ向けのドローンは、164%の売上増(約2.5倍)を達成した。 続きを読む

  • ドローン市場の先駆者Parrot、ブレイクのきっかけは音声処理だった

    ドローン市場の先駆者Parrot、ブレイクのきっかけは音声処理だった

    スタートアップ業界に関する日本最大のイベント「TechCrunch Tokyo 2014」では、多数のプログラムが開催された。テックトレンドのセッションの中で注目されたのが、無人飛行デバイス、いわゆるドローンについての講演。現在注目の市場であるドローンは本誌でも連日記事が登場しているが、今回は開催前の予告記事でも紹介されたように、ドローン市場の先駆者であり、代表的メーカーであるParrotから、JPAC地域担当バイス・プレジデント兼マネージング・ディレクターの 続きを読む

  • ドローンの先駆者、ParrotがTechCrunch Tokyoで「飛ばす」デモと講演!

    ドローンの先駆者、ParrotがTechCrunch Tokyoで「飛ばす」デモと講演!

    クアッドコプターによってUAVへの参入障壁を劇的に下げ、ハッカーや研究者、ホビイスト、ゲーマーを中心にコミュニティーを作り上げた先駆者が、フランス企業のParrotだ。2010年に初代機、AR.Droneをリリース。2012年にはAR.Drone 2.0として、センサーやカメラ、ソフトウェアを大幅アップデートし、今はAR.Drone 3.0となる「Bebop Drone」の発売を控えている。このParrot社から、JPAC地域担当バイス・プレジデント兼マネージング・ディレクターのクリス・ロバーツ(Chris Roberts)氏をTechCru… 続きを読む

  • Parrotの新しいミニドローンで遊んでみた。ジャンプも飛行も楽しい!

    Parrotの新しいミニドローンで遊んでみた。ジャンプも飛行も楽しい!

    フランスの会社、Parrotは、多くの顔を持つ野獣だ。様々な種類の製品を作り、商業、産業、部品、消費者等様々な市場を相手にしている。2010年にはAR Droneで、消費者向けドローンの普及に重要な役割を果たした。発売以来、Parrotは70万台以上のドローンをホビイストや消費者に販売した。1台300ドルのハードウェアとしては悪くない成績だ。このたび、新しい2機種の「ミニドローン」によって、さらに広範囲の人々へのリーチを狙っている。Jumping SumoとRolling Spiderだ。 続きを読む

  • ジャンプするカメラ付全地形2輪ドローン、Jumping Sumoが8月に米国で発売開始

    ジャンプするカメラ付全地形2輪ドローン、Jumping Sumoが8月に米国で発売開始

    フランスのBluetoothの草分けでAR Droneのメーカー、Parrotが、1月のCESで大発表した新製品の最新情報を公開した。ParrotはCESで新しいドローン2機種を披露した。「ミニドローン」と呼ばれる新製品群は、現在販売中のAR Droneよりずっと小さく、一つは飛行型、もう一つは全地形型で最高80cmジャンプする。このほどその価格と米国での発売時期が発表された。 続きを読む

  • Parrot、高性能カメラを搭載し、Oculus Riftとも連携する第三世代ドローンを発表

    Parrot、高性能カメラを搭載し、Oculus Riftとも連携する第三世代ドローンを発表

    「Bebop」と名付けられた第三世代AR Droneが発表された。言わずと知れたParrotの最新モデルで、従来のものに比べて大きく機能強化が行われている。新しいドローンをひとことで説明するならば「空飛ぶカメラ」で、撮影している画像を直接Oculus Riftに流すこともできるようだ。ドローンによるエクスペリエンスが全く新しいものとなりそうだ。 続きを読む

  • AR DroneのParrotが、超小型MiniDroneとジャンプする転がりロボット、Sumoを発表

    AR DroneのParrotが、超小型MiniDroneとジャンプする転がりロボット、Sumoを発表

    フランスのBluetooth会社転じてドローン・メーカーのParrotが、CES 2014に新しいハードウェアをいくつか持ち込んだ。全く新しいスマートフォン制御によるロボットだ。一つは、転がってジャンプするSumo、もう一つはMiniDrone、同社AR Droneの超小型バージョンで、空中を飛び、転がり、天井や壁を這い回る。 続きを読む

  • 急速方向転換もできるクヮドコプターParrot AR Drone 2が300ドルで4月に発売

    クヮドコプターがあなたの頭に激突しそうなほど至近距離まで接近してきて、突如くるりと方向転換し、あなたの目の前で自力で機体をまっすぐに立て直したとすると、あなたは思わず「これ欲しい!」と叫ぶかな? もしそうなら、それはParrotのあのすばらしい製品の最新バージョンAR Drone 2で、お値段は300ドルだとお教えしよう。 そのドローン(drone, 小型無人航空機)は、iPhoneやiPad、またはAndroid機でコントロールする。新バージョンには数々の改良が盛り込まれたが、その一つが空中でスピンして方向転換する機能だ。720pのビデオカ… 続きを読む

  • iPhoneで操縦するドローン・ヘリがデモ(ビデオあり)

    iPhoneで操縦するドローン・ヘリがデモ(ビデオあり)

    今日(米国時間5/5)、サンフランシスコで開催されているWeb 2.0 Expoでフランスのスタートアップ、Parrotがドローンをデモした。珍しくない、と思うかもしれない。しかしこの4発ヘリは大いにクールだった。操縦はWiFi経由でiPhoneで行う。飛行中にドローンに搭載された2台のカメラからの映像が操縦者のiPhoneにストリームされる。これは面白かった。 下のビデオでステージ上でのデモの模様が見られる。ご覧のとおり、ドローンは自動的に安定化されており、特別な技術がなくても簡単にホバリングさせることができる。屋内でも屋外でも利用可能で… 続きを読む

  • 拡張現実 vs 仮想現実:現実的なのはどちら?

    拡張現実 vs 仮想現実:現実的なのはどちら?

    バーチャルリアリティー(仮想現実)が大流行した頃のことを覚えているだろうか。結構な人気だった。特に1990年代、そして終ったばかりのディケードではSecond Lifeと共に絶頂を迎えた。しかし仮想現実も年老いた。今や人々の注目は拡張現実(Augmented Reality)へと移ってきている。少なくとも、Googleでは昨年夏に検索語として”virtual reality”を超えた(グラフ参照)。 恐らく検索する人たちは、それが何であるかわからないから探すのだろうが、「集合意識」に入ってきていることは間違いない。仮想… 続きを読む