Paypal(企業)

インターネットと電子メールアカウントを利用した決済サービスを提供する米国の企業。

  • PayPalがクラウドソースの募金呼びかけプラットフォームを米国で立ち上げ

    PayPalがクラウドソースの募金呼びかけプラットフォームを米国で立ち上げ

    PayPalはGenerosity Networkを立ち上げ、資金集めに関する取り組みを拡大する。オンラインでの寄付を通じて人々が慈善事業をサポートできるようにするPayPal Giving Fundと異なり、新しいGenerosity Networkでは人々が自分たちのため、あるいはサポートを必要としている人や零細事業者などの組織、慈善事業のために募金を呼びかけることができる。 続きを読む

  • PayPalとVenmoがQRコード決済を導入、米大手薬局チェーンCVSで利用可能に

    PayPalとVenmoがQRコード決済を導入、米大手薬局チェーンCVSで利用可能に

    PayPalは米国時間11月16日朝、薬局チェーンCVSの全米8200店でPayPalまたはVenmo QRコードを使って決済できるようになったと発表した。PayPalのQRコード決済テクノロジーをPOS(販売時点情報管理)に統合した初の大手小売だ、と説明している。 続きを読む

  • PayPalが仮想通貨の対応やHoneyの統合など2021年のデジタルウォレット計画の詳細を公表

    PayPalが仮想通貨の対応やHoneyの統合など2021年のデジタルウォレット計画の詳細を公表

    PayPalは今週、そのデジタルウォレットプラットフォームと、PayPalおよびVenmoのアプリに関する将来の展望を公表した。米国時間11月2日に行われた第3四半期の収支報告にて、同社は2021年中に、そのモバイルアプリの大幅変更を行い、大量の新機能を盛り込む計画だ。 続きを読む

  • PayPalの第3四半期決算は消費者のフィンテック利用増を反映

    PayPalの第3四半期決算は消費者のフィンテック利用増を反映

    予想を上回る第3四半期決算を発表した後、PayPalの株価は時間外取引で下げた。なぜ下落したのかはいまのところはっきりしないが、個人投資家がアナリストの予想以上に期待していたからかもしれない。投資家を喜ばせることはできなかったにもかかわらず、これまで同様、決算の中に幅広いフィンテック業界の強みを見出すことはできる。 続きを読む

  • PayPalが仮想通貨の売買サービスを米国で開始、Paxosと提携

    PayPalが仮想通貨の売買サービスを米国で開始、Paxosと提携

    PayPalは新たなサービス立ち上げで仮想通貨企業Paxosと提携した。米国のPayPalユーザーは間もなく仮想通貨を売買したり保有したりできるようになる。ほどなく米国以外の国でも利用できるようになる見込みだ。 続きを読む

  • PayPal傘下のVenmoから初クレカ、最大3%のキャッシュバックとパーソナライズされた特典を提供

    PayPal傘下のVenmoから初クレカ、最大3%のキャッシュバックとパーソナライズされた特典を提供

    昨年10月、Venmo(ベンモ)は初のクレジットカードを2020年に発売すると発表していた。米国時間10月5日、PayPal傘下のVenmoはクレジットカードを発表し、一部の顧客を対象に展開を開始した。 続きを読む

  • PayPalとVisaがグローバルで迅速な支払いを可能にするInstant Transfer取引を拡充

    PayPalとVisaがグローバルで迅速な支払いを可能にするInstant Transfer取引を拡充

    新型コロナウイルスの大流行は、人々や企業の財政に大きなストレスを与え続けている。このような状況に対応するため、PayPalとVisaは米国時間9月10日、手元の現金をより早く人々の手に届けるサービスの拡大を発表した。Instant Transfer(インスタントトランスファー)は、送金された資金をPayPalが銀行口座(待ち時間を数日から数秒に短縮)に移動させることで、人々や企業が転送された資金を素早く使えるようにするサービスだ。 続きを読む

  • PayPalが4回払いの「Pay in 4」で信用販売レースに参入

    PayPalが4回払いの「Pay in 4」で信用販売レースに参入

    米国時間8月31日、PayPalは、新たな分割払い方式として「Pay in 4」の提供を開始した。名前が語っているように、これは利用者が購入に際して無利子の4回払いを選べる仕組みだ。 続きを読む

  • PayPalやIntuit、Squareが新型コロナ緊急融資プログラムへ参加

    PayPalやIntuit、Squareが新型コロナ緊急融資プログラムへ参加

    フィンテック企業はこの数週間、中小企業向けの米国政府の緊急融資プログラムに参加できるようロビー活動を続けてきた。その努力がついに報われた。PayPal(ペイパル)、Intuit(インテュイット)、Square(スクエア)の米中小企業庁(SBA)の給与保護プログラム(PPP)への参加が承認された。 続きを読む

  • 最大3%の利息、ロサンゼルス拠点のチャレンジャーバンク「HMBradley」が正式オープン

    最大3%の利息、ロサンゼルス拠点のチャレンジャーバンク「HMBradley」が正式オープン

    ロサンゼルスを拠点とするデジタルチャレンジャーバンクのHMBradleyは、米国時間3月30日にそのドアを開いた。これにより、何千人もの順番待ちの利用者は直接預金が可能になり、サインアップボーナスを受け取ることになる。同社は銀行の顧客に対して、四半期預金の貯蓄率に基づいて貯蓄額の最大3%の利息を提供する。 続きを読む