ペット(用語)

ペットに関連する記事一覧

  • 1訪問30ドルのペット向け遠隔医療プラットフォーム開発のAirvetが15億円調達

    1訪問30ドルのペット向け遠隔医療プラットフォーム開発のAirvetが15億円調達

    遠隔医療は人間だけの話ではない。アメリカのおよそ65パーセントの世帯がペットを飼っているが、獣医がそのむくむくの患者さんを遠隔診療できる手段を提供している企業は多く存在する。その中に、創設2年目、従業員数13人というロサンゼルスのスタートアップAirvetがある。そこが最高とされ、その評判により投資家の期待も同等に得ているのには、相応の理由がある。 続きを読む

  • 犬の飼い主向けアプリ「parnovi」が企業・店舗がプレゼント企画を実施できる「キャンペーン機能」を追加

    犬の飼い主向けアプリ「parnovi」が企業・店舗がプレゼント企画を実施できる「キャンペーン機能」を追加

    ペットアプリ開発を手がけるparnoviは6月22日、犬の飼い主向けiOSアプリ「parnovi」(ぱるのび)上で、企業・店舗がプレゼント企画やモニター募集を実施できる「キャンペーン機能」をリリースした。 続きを読む

  • 国産・無添加ペットフードD2Cのオネストフードが6000万円調達

    国産・無添加ペットフードD2Cのオネストフードが6000万円調達

    ペットフードのD2Cブランドを展開するオネストフードは5月11日、XTech Venturesとbasepartnersを引受先とする第三者割当増資により総額6000万円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • ペットテックのシロップが2億円調達、データを軸に飼い主とペットに最適な情報提供へ

    ペットテックのシロップが2億円調達、データを軸に飼い主とペットに最適な情報提供へ

    保護犬猫のマッチングサイト「OMUSUBI」やペットライフメディア「ペトこと」を展開するシロップは1月29日、複数の投資家より総額2億円の資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • ペット用フードを調理できるKibusの自動給餌器

    ペット用フードを調理できるKibusの自動給餌器

    最近開催された、Brincの香港本社でのミーティング中のピッチで、バルセロナを拠点としてKibus Petcareを開発しているチームが、多くのミレニアル世代がペットを「家族の一員」だと考えていると指摘した。 続きを読む

  • 人間の食品並のこだわりドッグフードが届く「CoCo Gourmet」、運営は1800万円の調達も

    人間の食品並のこだわりドッグフードが届く「CoCo Gourmet」、運営は1800万円の調達も

    ペット領域で事業を展開するバイオフィリアは6月3日、獣医師・動物栄養学博士が監修するドッグフードの購入サービス「CoCo Gourmet(ココ グルメ)」の事前予約受付をスタートした。 続きを読む

  • 「自分も何かできないか」という想いが強かった、チュートリアル徳井氏がスタートアップに出資したワケ

    「自分も何かできないか」という想いが強かった、チュートリアル徳井氏がスタートアップに出資したワケ

    昨日紹介したように、お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実氏がペットテック企業のシロップに“エンジェル投資家として”参画した。人気芸人である同氏がなぜシロップに投資をしたのか、その背景やこれからの取り組みについて紹介する。 続きを読む

  • ペットテックのシロップがチュートリアル徳井氏らから資金調達、ペット領域でD2Cコマースの展開も

    ペットテックのシロップがチュートリアル徳井氏らから資金調達、ペット領域でD2Cコマースの展開も

    ペットテック領域で2つの事業を展開するシロップは4月23日、複数の投資家を引受先とする第三者割当増資と融資を合わせ、総額で8000万円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 動物病院と飼い主を結ぶ「ペット手帳」の運営会社をWiLと博報堂DYMPが共同出資で設立

    動物病院と飼い主を結ぶ「ペット手帳」の運営会社をWiLと博報堂DYMPが共同出資で設立

    米国カリフォルニア州拠点のベンチャーキャピタルであるWiLが立ち上げた「World Innovation Lab Fund II, L.P」(WiL Fund II)と博報堂DYメディアパートナーズは3月29日、動物病院と飼い主を結ぶプラットフォーム「ペット手帳」事業の運営会社stepdays(ステップデイズ)を共同出資により設立したことを発表した。 続きを読む

  • ソニーのロボット犬「aibo」がアップデートで賢くなった

    ソニーのロボット犬「aibo」がアップデートで賢くなった

    aiboが出たときは大いに期待した。犬もロボットも大好きなのだ。しかし実際にテストしてみると、3000ドルもするわりに機能は限定的だった。 続きを読む

  • 月額500円のねこIoTトイレで愛猫のヘルスケアを変革、「toletta」が世界猫の日に一般販売スタート

    月額500円のねこIoTトイレで愛猫のヘルスケアを変革、「toletta」が世界猫の日に一般販売スタート

    ねこ専用のIoTトイレとスマホアプリによって愛猫の体調変化を見守ることができる、“ねこヘルスケア”サービス「toletta」。開発元のハチたまは世界猫の日である本日8月8日より同プロダクトの一般販売をスタートした。 続きを読む

  • 未開拓のペットテック市場に挑むシロップが資金調達、次なる構想はペットライフ・プラットフォーム

    未開拓のペットテック市場に挑むシロップが資金調達、次なる構想はペットライフ・プラットフォーム

    ペット関連のサービスを複数展開するシロップは12月27日、福岡銀行系のベンチャーキャピタルであるFFGベンチャービジネスパートナーズ、獣医師の佐藤貴紀氏など複数の個人投資家を割当先とする第三者割当増資を実施。融資と合わせて総額3800万円を調達したことを明らかにした。 今回の資金調達は2016年12月に続くもの。前回はサイバーエージェント・ベンチャーズやiSGSインベストメントワークス、エウレカ共同創業者の西川順氏を含む個人投資家から数千万円規模と見られる金額を調達している。 今後は運営体制を強化しながら、飼い主とペットのデータを活用して… 続きを読む

  • 留守番中の犬におやつを投げてやるドッグカメラFurboがバージョンアップして警報機能がついた

    留守番中の犬におやつを投げてやるドッグカメラFurboがバージョンアップして警報機能がついた

    Furboはこれを、“初めてのAI化されたドッグカメラ”と称している。機械学習とコンピュータービジョンの技術を使って、あなたの犬が何かを噛んでいる、行ったり来たりして歩(ある)っている、ほかの犬と遊んでいる、などなどを見分ける。また、犬がカメラを覗きこんだら写真を撮るし、人間が視界に入ったらあなたに知らせる。もしかしてそれは、犬泥棒かもしれない! 続きを読む

  • 犬の健康をチェックする、スマート首輪のWaggit

    犬の健康をチェックする、スマート首輪のWaggit

    ペットの犬のQOL(生活の質)向上と、飼い主による適切なケアを実現するための首輪が登場した。名前をWaggitという。このWaggitは、フィットネス系の情報だけでなく、健康状態についての情報を管理することを主目的としている。 続きを読む

  • オンデマンド獣医サービスのVettedが330万ドル調達――ペットの健康も家庭で管理

    オンデマンド獣医サービスのVettedが330万ドル調達――ペットの健康も家庭で管理

    ペットを診察に連れて行くことほど面倒なことはない。 犬や猫を動物病院まで移動させるのも骨が折れるが、それに加えて治療時間の割にかなりの治療費がかかる。 Vettedがこの状況を変えようとしている。同社はオンデマンドの獣医サービスを提供しており、ユーザーは99ドルの一律料金を支払えば獣医に家まで来てもらえるのだ。Vettedはこの度、Foundation CapitalやAmplify LA、Sterling.VC、Reimaginedが参加したシードラウンドで合計330万ドルを調達した。 続きを読む

  • 留守中でもネコの出入りを管理できるIoTペットドア

    留守中でもネコの出入りを管理できるIoTペットドア

    ネコと暮らす人に嬉しいニュースだ。離れているときでもネコたちの行動を把握することができるよう、ペット用のドアもアプリケーションと連動するようになったのだ。 続きを読む

  • ペット(猫、小型犬)の出入りをスマホのアプリでコントロールするペットドアSureFlapはペット版IoTだ

    ペット(猫、小型犬)の出入りをスマホのアプリでコントロールするペットドアSureFlapはペット版IoTだ

    この夏、ペット・テクノロジーの分野についに登場するのが、アプリでコントロールするキャットドアだ。猫がその‘家’や‘部屋’の外へ出たら、警告をくれる。もはや、ペットにもプライバシーはないのである! イギリスのSureFlapは、これまでもマイクロチップを装備した食餌器とか、正しいチップを埋め込んだ(RFIDカラーをした)ペットだけが通れるペットドアなどを作ってきたが、飼い主たちがリモートコントロールできるペット用品を求めていることに、気づいていた。そこで今回は、同社の、マイクロチップを埋め込… 続きを読む

  • オンデマンド「犬の散歩代行」のWag、密かに資金調達ラウンドを実施

    オンデマンド「犬の散歩代行」のWag、密かに資金調達ラウンドを実施

    先週本誌は、ペットケア・ビジネス大手のRoverとDogVacayが合併を決めたことを報じた。一方情報筋によると、犬の散歩代行サービスのWagは市場拡大のために、過去2年間に2ラウンドの資金調達を行っていたことがわかった。 続きを読む

  • いつでも、どこからでもペットと一緒に遊べるPebby登場

    いつでも、どこからでもペットと一緒に遊べるPebby登場

    かわいいペットたちは、愉しみをみつけるのがとても上手だ。人間もこうだったら世の中はもっと平和になるのになどと考えてしまう人も多いだろう。Kickstarterに登場したばかりのPebbyで遊ぶ犬をみると、あらためてペットたちの平和な世界をうらやんでしまう人もいるに違いない。 続きを読む

  • ペットの健康管理や給餌ができるスマートごはんサーバ「ハチタマ」、提供元が4000万円の調達

    ペットの健康管理や給餌ができるスマートごはんサーバ「ハチタマ」、提供元が4000万円の調達

    ペットヘルスケアサービス「hachi tamaハチタマ)」を手がけるペットボードヘルスケアは2月14日、森永製菓、かんしん未来ファンド(運営は第一勧業信用組合)、アクトコール、ゼロワンブースターを引受先とした第三者割当増資、日本政策金融公庫から資本性ローン(挑戦支援資本強化特例制度)による合計4000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む