Pets

  • 安心して犬を飼うための良質な人間関係を構築するGood Dog

    安心して犬を飼うための良質な人間関係を構築するGood Dog

    我々のミッションはいい人といい提供者を結びつけて、悪い人たちを減らすことだ。ペット業界はとっくに破綻しているから、このような人と人を結ぶ仲人業によって無責任な提供者を減らしていけるだろう。 続きを読む

  • 自動車技術の各種応用製品を指向するFordが犬を花火の騒音から護るノイズキャンセル犬小屋を開発

    自動車技術の各種応用製品を指向するFordが犬を花火の騒音から護るノイズキャンセル犬小屋を開発

    Ford、そう自動車のFordはノイズキャンセル犬小屋のプロトタイプを作った。 続きを読む

  • Google Photosはペットの名前で彼/彼女の写真をグループ化できる…顔認識技術を利用

    Google Photosはペットの名前で彼/彼女の写真をグループ化できる…顔認識技術を利用

    ペットがいてGoogle Photosを使ってる人は、その毛むくじゃらのお友だちを自分の写真の中に見つけるために、“dog”とか“cat”とタイプすることが多いだろう。それはたとえば、誰かにペットのことを聞かれたときなどだ。ペットというと誰もが、ディズニー・アニメのMr. Fluffypantsみたいな画像を期待するんだよねー。今日(米国時間10/16)Googleは、Photosアプリの中でペットの写真だけを一箇所に集められる簡単な方法を導入した。それはGoogleの顔認識技術を利用する機… 続きを読む

  • 犬泥棒が横行する今の都市、犬用のスマートハウスDog Parkerを利用しよう

    犬泥棒が横行する今の都市、犬用のスマートハウスDog Parkerを利用しよう

    犬は大きな責任だ、と誰もが言うけど、その責任の重さは、実際に飼ってみて初めて分かる。 ERA出身のニューヨークのスタートアップDog Parkerは、犬を飼うことに伴うストレスを、ある程度軽減したい、と考えた。 Dog Parker、‘犬を駐車させる’という名前は、犬を食料品店やコーヒーショップの外に置いておいて、自分はそのお店の中に入る、という意味だ。 続きを読む

  • オンデマンドで獣医を派遣するペットのためのTreat

    オンデマンドで獣医を派遣するペットのためのTreat

    ペットの様子がおかしくなって、どうすれば良いのかわからなくなったことはおありだろうか。Googleで検索してみても異なる対処方法が出てくるばかりだし、獣医の予約を取るのにも時間がかかってしまう。そういう事態に対処しようとするのが、iOSアプリケーションとして登場してきたTreatだ。アプリケーションを経由して獣医師とチャットしたり、あるいは訪問を依頼したりすることができるのだ。さらにこのアプリケーションを使って、ペット関連製品を購入したり、あるいはトレーニングやグルーミングの依頼をすることもできる。 続きを読む

  • 犬が自分が撮った写真を自動的にFacebookにポストする装具、冗談だが現実に必要かも

    犬が自分が撮った写真を自動的にFacebookにポストする装具、冗談だが現実に必要かも

    Facebookの問題は、犬の写真が多いことではない。犬自身が撮った写真がないことだ。やっとこの災悪に取り組む人が現れたが、残念ながらそれは広告代理店だ。この記事はちょうちん記事ではないけれども、そうであってもおかしくはない。 その“Posting Tail”、と名付けられた、かなり滑稽なプロトタイプデバイスを名犬のために作ったのはSaatchi & Saatchi Madridという会社。しっぽのところのセンサーをRaspberry Piが読み、しっぽの振り方をモニタするが、同社によると、ふつうのしっぽ振りと、興… 続きを読む

  • 猫専用のGPS首輪Pawtrack、家にいるときは電池を節約

    猫専用のGPS首輪Pawtrack、家にいるときは電池を節約

    GPSによるペット追跡システムはすでにいろいろあるから、新規参入の余地はもうないかな? ペット用品業界はアメリカだけでも585億ドルの規模、ペットの犬や猫は1億7000万頭/匹以上いるという。そして迷子になるペットが絶えないかぎり、彼らを見つけようとして半狂乱の飼い主たちを助ける方法を、あれこれ工夫する企業も絶えないのだ。 そのひとつPawtrackは、猫専用のGPS首輪を作ることで他社との差別化を図りたい、と望んでいる。今同社は Kickstarterで15000ポンド(約25000ドル)を集めようとしており、すでにその2/3あまりに到… 続きを読む

  • リモートで愛猫をモニタしながら遊んでやれるKittyo, わずか一日でKickstarterの目標額を突破

    リモートで愛猫をモニタしながら遊んでやれるKittyo, わずか一日でKickstarterの目標額を突破

    あなたはご自分の猫といつも一緒にいないといやな方(ほう)ですか?(もしそうなら、猫にとっては理想の飼い主ね)。猫は、わがままな個人主義者でありながら、室内で飼われていると、歩き回ったり、刺激を求めたり、たっぷりとエクササイズをしたくなったりするものなのだ。動物愛護団体、Humane Societyもそう言っている。ここでご紹介するKittyoは、飼い主が猫をリモートで監視しながら猫と遊んでやれる、というデバイスだ。 続きを読む

  • 外出先からテレビ電話経由でペットとコミュニケートしながら、おやつもあげられるiCPooch

    外出先からテレビ電話経由でペットとコミュニケートしながら、おやつもあげられるiCPooch

    昨年夏、留守番をさせている犬を少し幸せにするためのPetzilaのPetziConnectの記事を掲載した。遠隔地から、ペットの様子を見ながらおやつをあげることのできるデバイスだった。それとよくにたプロダクトなのだが、iCPoochというプロダクトがKickstarterで資金調達を行っている。もちろんPetziConnectにはない機能も備えている。ペットと双方向のテレビ電話機能を使うことができるのだ。 続きを読む

  • ネットから制御する自動給餌機SmartFeederでペットの過食と肥満を防ぐ

    ネットから制御する自動給餌機SmartFeederでペットの過食と肥満を防ぐ

    【抄訳】 ロサンゼルスのPetnetが今日(米国時間1/21)、112万5000ドルのシード資金を獲得したと発表した。投資家はGrishin Robotics、Kima Ventures、SparkLabs Global Ventures、そしてLaunch Capitalだ。Petnetは得られた資金を、最初の製品であるSmartFeederの商用化に投じ、発売は今年半ばを予定している。なお、オーストラリアのペット用品ショップPetnetと、こちらのPetnetはお互いに無関係である。 続きを読む

  • 迷子ペットの識別に顔認識技術を使うPiP

    迷子ペットの識別に顔認識技術を使うPiP

    飼い犬や飼い猫を迷い犬/迷い猫にしてしまって、そのまま失ってしまうというのはトラウマに成りかねないほどの衝撃をうける出来事だろう。またもし誰かが迷子のペットを見つけてくれても、どうやって飼い主を見つけられるのかと途方にくれてしまってお終いになってしまうこともよくある。そして収容施設に送られて安楽死させられてしまうことすらあるのだ。PiP(The Pet Recognition Company)CEOのPhilip Rooyakkersは、これをなんとかしたいと思った。そして、ICタグの現状を研究しつつ、迷子になってしまったペットを見つけるシス… 続きを読む

  • ペット愛好家のためのゲーム化されたモバイルソーシャルネットワークKlooff

    ペット愛好家のためのゲーム化されたモバイルソーシャルネットワークKlooff

    あなたはペットが好き? 携帯持ってる? 一人でヒマ? そんな人は、ことしのTechCrunch DisruptのStart-up Alleyに登場したKlooffで遊ぼう。それは、ペットを愛する人たちがその愛を互いに共有する、というアプリだ(ぼくの理解では)。自分のペットの写真を撮る、同じ犬種(など)を飼ってる人と友だちになる、その人たちと一緒にお散歩に出かける、などなど。そして、自分のペットが写っている写真を使ったプロダクトを作る。 ぼくのこの文章はちょっと風刺的かもしれないが、アプリそのものはけっこうクールだ。ペット愛好家向けにゲーム化… 続きを読む

  • 迷子のペットを見つけるモバイルサービスPetHubが$1.3Mのシード資金を獲得

    迷子のペットを見つけるモバイルサービスPetHubが$1.3Mのシード資金を獲得

    【抄訳】 シアトルのPetHubが、エンジェル投資家たち(ファウンダTom Arnoldのお父さんも含む)からの130万ドルのシードラウンドを完了した。同社は迷子のペットを飼い主の手に戻すサービスで、そのためにペットのオンラインプロフィールとスマホでスキャンできるIDタグを併用する。それらにより、迷子のペットを保護した人が、飼い主のコンタクト情報やそのペットの健康医療情報、保険に関する情報など、いろんなことを知ることができる。 IDタグにはスマホ用のQRコードと、ふつうの携帯のユーザのためのURLがあり、どちらもそのペットのプロフィールにリ… 続きを読む