philips

  • Vivaldiブラウザーがv.1.5にアップデート、IoTとの統合を目指してまずスマート電球の色とWebを同期

    Vivaldiブラウザーがv.1.5にアップデート、IoTとの統合を目指してまずスマート電球の色とWebを同期

    言い過ぎかもしれないが、いまどき、一般大衆に新しいブラウザーの登場に気づいてもらうのは、おそらくすごく難しい。今ではインターネットユーザーの多くが、自分のやり方というものを持っている。ほかに良いものがいろいろあっても、自分好みのやり方にはまっている人たちにとっては、いまさら別のものに変えるのはしんどい。 昨年、元OperaのCEOだった人が立ち上げたVivaldiは、今あるブラウザーよりもっと強力なコントロールとカスタム化ができるブラウザーを求めているパワーユーザーが、ターゲットだ。 続きを読む

  • Philipsの新しい〈つながった〉歯ブラシは、歯科医を想定して作られている

    Philipsの新しい〈つながった〉歯ブラシは、歯科医を想定して作られている

    先月、歯科技術のスタートアップ、ONVIがカメラ内蔵の歯ブラシを発売した。ユーザーは自分の歯がゆっくりと朽ちていく様子をアップで見ることができる。これは、幸いなことにそれとは違う。 続きを読む

  • IoTを妨害する最大の敵は当のプロダクトのオーナーだ

    IoTを妨害する最大の敵は当のプロダクトのオーナーだ

    [筆者: Lisa Jackson] 編集者注記: Lisa Jacksonはfrogの役員で戦略部長。 物のインターネット(Internet of Things, IoT)は、確かに大きな好機だ。それにより、企業の場でも生活の場でも、これまでよりも正しいデータに基づいて意思決定ができるようになるだろう。企業の役員や管理職にとっては、新しいツールにより職場における無駄と非効率を減らせるようになる。 でもそんな未来が実際に訪れるためには、IoTの財務的妥当性や、そのための戦略的パートナーシップ、そしてプラットホームの複雑性が、IoTの最大の天敵であるプロダ… 続きを読む

  • Philips、今年第2四半期にAndroid搭載4Kテレビを市場投入予定

    Google TVというものはいらなくなるのかもしれない。テレビが「Android TV」に進化しそうな様子もあるからだ。先陣を切ったのはPhilipsで、Ultra HD(4Kとも呼ぶ)のテレビを発表した(via 9to5Google)。OSにAndroidを搭載しており、本年度第2四半期に市場に登場してくる予定だとのことだ。まずはヨーロッパおよびロシアにて登場することとなっている。ネット接続型テレビはみなこの方向に進んでいくのではないかとも思うのだがどうだろうか。 続きを読む

  • 未来の著作権保護の費用は1時間$11

    YouTubeをはじめとするビデオサイトが、著作権付コンテンツのおかげでトラフィックを稼いでいることは公然の秘密。しかし、こうしたサイトが買収され、広告と融合するにつれ、あるいはただ10億ドルの訴訟を避けたいがためか、いかがわしい過去を捨て、メディアの巨人にすり寄って、コンテンツや宣伝費を引き出そうとしている。 トラブルを避けるためのテクノロジーを提供するスタートアップもたくさんある。ソリューションの多くは、デジタル探偵さながら著作権付ビデオの指紋をアップロードされたコンテンツと照合するものだ。こうした会社にはAudible Magic、… 続きを読む