phonetag

  • 音声→テキスト変換の比較ではPhoneTagが86%の精度でトップ, Google Voiceは82%で3位

    音声→テキスト変換の比較ではPhoneTagが86%の精度でトップ, Google Voiceは82%で3位

    音声をテキストに変換する技術の歴史は長く、それは徐々に改良され、その都度新しいアプリケーションが登場してきた。しかし未だに、100%の精度はない。それどころか、90%にも達していない。しかし現在の精度は、ボイスメールの自動書き起こしサービスが普及するには十分であり、15通ものボイスメールを聞いてそれらの要点を把握する努力に比べると、ずいぶんましなのである。もちろん、ボイスメールの誤変換はひんぱんにあり、ときにはそれはお笑いのネタにもなる。 4つの音声テキスト変換技術(Google Voice、Microsoft ExchangeのPrevi… 続きを読む

  • RebelVoxはボイスメールを普通のメールのように処理するソフト―パートナー募集中

    RebelVoxはボイスメールを普通のメールのように処理するソフト―パートナー募集中

    RebelVoxはボイスメールを普通のメールのように処理できる音声コミュニケーションのプラットフォームを提供することを目指している。このテクノロジーはまだ一般公開はされていない。しかし近い将来、デベロッパーがこの機能を別のアプリケーションに組み込んで発表することになるだろう。RebelVoxのテクノロジーを利用すると、相手に実際に電話をかけずにボイスメールを送ることができる。ユーザーはRebelVoxの携帯アプリでメッセージを録音し、そのアプリを通じて、相手のメールアドレスにボイスメールを送ることができる。受け取った相手は、同じように… 続きを読む

  • 音声テキスト化のJott、無料版の提供を取りやめ

    音声テキスト化のJott、無料版の提供を取りやめ

    昨年8月、音声テキスト化サービスのJottはベータテストを終了して本番運用を開始し、同時に月額$4のプレミアム版を追加した。その後、Jottのユーザーの30%が広告なしの有料版を契約したという。 ユーザーはこのサービスで音声をテキスト化してメールやSMS、Twitterなどでメッセージを送ったり、カレンダーに日程を追加したりするのに利用している。ボイス・メッセージは、まず音声認識ソフトウェアでテキスト化された上で、人手でチェックされる。Jottの無料版は2月2日をもって終了となる。 続きを読む

  • ボイスメールは迷惑だからそろそろ止めてもらいたい

    ボイスメールは迷惑だからそろそろ止めてもらいたい

    ボイスメールは死んだ。読者諸氏も知り合いにそう教えてやって欲しい。ボイスメールは迷惑だからそろそろ使うのを止めてもらいたいものだ。 90年代の中頃、私が実社会に出て間もない頃には、ボイスメールはまだ重要なオフィス・ツールだった。エンタープライズ向けのボイスメール・システムのどれが良いとか悪いとか、さまざまに品評されていたのが思い出される。転送、グループ送信、アーカイブなどの機能、保存できるメッセージ数、保存期間などがさまざまに比較されていた。その頃すでに電子メールは存在していたが、一般のユーザーはまだこれをどう使ったらいいのか戸惑ってい… 続きを読む

  • 良い名前は重要:SimulScribeを捨てPhoneTagへ

    良い名前は重要:SimulScribeを捨てPhoneTagへ

    起業家が何か新しいものを早く出そうとするとき、製品でも会社でも、良い名前を付けることに対してほとんど注意が払われないことが多すぎる。はじめは暫定プロジェクトだったものが、正式に立ち上げようとなることがある。そこで最初に浮んた名前(たいていひどい)を選んで、結局それがそのままになってしまう。 これがSimulScribeで起こったこと。音声認識を使ってボイスメールをメールに変換してくれる便利なサービスだ。James SiminoffとMark Dillonが2003年にSimulScribeを始めたとき、2人ともフルタイムの仕事を別に持ってい… 続きを読む