photoshop

  • Photoshop30周年、iPad版にオブジェクト選択ツール機能を追加

    Photoshop30周年、iPad版にオブジェクト選択ツール機能を追加

    Adobe(アドビ)のPhotoshopは米国時間2月19日に30周年を迎えた。このアプリは写真編集アプリの代名詞となっており、間違いなく多くの回顧がなされるだろう。しかしそれを見越していた同社は本日、デスクトップとモバイルの両方のPhotoshop体験に対して、多くのアップデートを発表した。 続きを読む

  • iPad版Photoshopが被写体だけをAIが自動選択する「被写体を選択」機能を搭載

    iPad版Photoshopが被写体だけをAIが自動選択する「被写体を選択」機能を搭載

    デスクトップ版Photoshopで人気の「被写体を選択」機能が、iPad版でも利用できるようになった。AIによりタップするだけで被写体を選択できる。 続きを読む

  • iPad用Photoshopのロードマップを発表、「被写体を選択」は今年中に実装

    iPad用Photoshopのロードマップを発表、「被写体を選択」は今年中に実装

    アドビは、もともとiPad用のPhotoshopの開発中のバージョンをとりあえずリリースし、その後徐々に機能を追加するつもりだった。そして今回、ようやくこの製品のロードマップについて、具体的な予定を明確にした。 続きを読む

  • アドビが約束通りiPad向けPhotoshopをリリース、月額1080円で利用可能

    アドビが約束通りiPad向けPhotoshopをリリース、月額1080円で利用可能

    Adobe(アドビ)がiPad向けPhotoshopをリリースした。人気のプロフェッショナル用写真編集ソフトウェアをApple(アップル)のタブレットに持ってくることを、Adobeは昨年10月に発表していた。 続きを読む

  • Adobe Illustrator for iPadが2020年にリリース

    Adobe Illustrator for iPadが2020年にリリース

    アドビがiPad版のIllustratorを2020年にリリースすると発表した。まだ開発の初期段階で詳細は不明だが、iPadならではのタッチ操作とApple Pencilベースの入力に重点が置かれるようだ。 続きを読む

  • 顔写真が修正されていることを見つけて元に戻すニューラルネットワーク

    顔写真が修正されていることを見つけて元に戻すニューラルネットワーク

    人間に画像を見せて、どれが修正されているか当ててみろと言ったら、当る確立はきわめて低い。でも訓練されたニューラルネットワークは、修正された画像を99%の精度で同定した。 続きを読む

  • Adobe、Photoshop CCのiPad版を発表

    Adobe、Photoshop CCのiPad版を発表

    Adobeが同社の Creative Cloudアプリを近代化して、あらゆるプラットフォームに持ち込もうとしていることは周知の事実だ。本日(米国時間10/15))同社は、ロサンゼルスで行われたMaxカンファレンスで、Photoshop CCのiPad版を正式にアナウンスした。 続きを読む

  • Adobe Photoshopの‘コンテンツに応じた塗りつぶし’が性能アップ、おかしな失敗が減少

    Adobe Photoshopの‘コンテンツに応じた塗りつぶし’が性能アップ、おかしな失敗が減少

    Adobe Photoshopの“コンテンツに応じた塗りつぶし”(content-aware fill)が登場したときは、誰もが感激した。退屈な名前だけど、すばらしく便利な機能で、画像のセレクトした範囲内にAIが選んだ画像の破片をリプレースして、そのまわりと同じ本物らしく見せかける。しかしAIは万能ではないから、ときどき、おかしな、笑えるような結果になった。でも今度の新しいツールでは、AIの失敗がほどんどなくなるそうだ。 続きを読む

  • Adobe、iPad版Photoshopを開発か

    Adobe、iPad版Photoshopを開発か

    現在AdobeのアプリはApp Storeに30種類以上ある。しかし、ひとつ欠けているものがある。Bloombergによると、同社はiPad用にフルバージョンのPhotoShopを開発しているらしい。うなずける理由はたくさんある。 続きを読む

  • Adobe、Photoshopに[コンテンツに応じた]切り抜きを導入

    Adobe、Photoshopに[コンテンツに応じた]切り抜きを導入

    一度でも写真の切り抜きをしようとしたことのある人なら(Instagram世代でやらない人っている?)、あるいはただ水平線に合わせようとしただけでも、重要な部分が切れたり、白い部分が残ってしまうことなく、目的通りに切り抜くことがいかに難しいかをご存じだろう。 続きを読む

  • Adobe、Android版のPhotoshop Mix、Brush CC、Shape CC、Color CCをリリース

    Adobe、Android版のPhotoshop Mix、Brush CC、Shape CC、Color CCをリリース

    今日(米国時間6/15)、Adobeは新しいAndroidアプリ4種類をリリースした(スケジュールよりやや早い)。PhotoshopやLightroomなどAdobeの人気アプリは以前からiOS版が提供されているが、これまでAndroid版の開発は遅れていた。しかし今日からCreative Cloudの契約者はPhotoshop Mix、Brush CC、Shape CC、Color CC をGoogleのプラットフォームで利用できるようになった。 続きを読む

  • Adobe、ChromebookおよびChrome上で動作するPhotoshopの提供を開始

    Adobe、ChromebookおよびChrome上で動作するPhotoshopの提供を開始

    Photoshopのような複雑なアプリケーションを動かすことができないので、GoogleのChromebookは実用的ではないという意見もあった。しかし、これからは非実用性を訴えるのには、別の例を探す必要がある。そう、PhotoshopがChrome OSおよびChrome for Windows上で動作するようになったのだ。 続きを読む

  • Instagramが6.0にバージョンアップ―シンプルな使い勝手を維持してフィルター機能を大幅強化

    Instagramが6.0にバージョンアップ―シンプルな使い勝手を維持してフィルター機能を大幅強化

    InstagramのCEO、Kevin Systromは私のインタビューに答えて「Instagramには訪問者は多いが、これまでそこで写真を編集しようというユーザーはあまりいなかった」と語った。 そこで今日(米国時間6/3)、Instagramは9種類の新たなフィルターとフィルターの適用強度を加減できる機能をリリースした。今やInstagramはCamera+やPhotoshop Express無料版なみの写真編集能力を備えるようになった。Systromは「写真マニアにすてきな遊び場ができたはずだ」と語った。 続きを読む

  • Adobe、 Creative Cloudをメジャー・バージョンアップしてPhotoshopで3Dプリントをサポート―新たに30日無料試用できる

    Adobe、 Creative Cloudをメジャー・バージョンアップしてPhotoshopで3Dプリントをサポート―新たに30日無料試用できる

    今日(米国時間1/16)、Adobeは定期購読ベースのCreative Cloudのメジャー・アップデートをリリースした。 さまざまな新機能が追加された中でも、目玉となるのはPhotoshopでの3Dプリントのサポートだ。 その他の主要なアップデートとしてはPhotoshopでは写真の歪みの補正、Illustratorではフリーハンドで直線や曲線が描きやすくなった新しいペンシル・ツールなどがある。また InDesignではEPUBのサポートが改良された。またフォントツールのTypekitではフォントがどんなデスクトップアプリからもアクセスでき… 続きを読む

  • AdobeがPhotoshop.com Mobile Editorを無料でAndroidデベロッパに提供, iPhone用はありません

    AdobeがPhotoshop.com Mobile Editorを無料でAndroidデベロッパに提供, iPhone用はありません

    Adobeの今朝(米国時間3/5)の発表によると、サードパーティのデベロッパは今日からPhotoshop.com Mobile for Android 1.1のエディタにアクセスして、それを自分のアプリケーションの一部にできる。 このニュースの4週間前に、同社はAndroid用のPhotoshop.com Mobileをリリースし、一般ユーザが簡単に写真のエディットや共有ができるようになった。このアプリケーションも、今回アップグレードされた。 おもしろいことに、AdobeはこれらのツールのiPhone用を提供しないことによって、〔Flashの悪口を… 続きを読む

  • ブラウザ上の‘Photoshop’(画像編集サービス)AviaryのFalconが一般公開へ

    ブラウザ上の‘Photoshop’(画像編集サービス)AviaryのFalconが一般公開へ

    ニューヨークに社籍のあるAviaryの壮大な野望は、あの超メジャーなデザインツールAdobe Photoshopが持ってる機能を、Webサービスとしてブラウザ上で使えるようにすることだ。同社のそのWebツールの名前はFalcon、誰もが、どのマシンの上のどのブラウザからでも、無料で利用できる。並行して、Mac用のデスクトップアプリケーション、Skitchも提供されている。FalconもSkitchも、Photoshopなどにある画像編集機能の基本的な部分を提供している。本誌の前の記事でも述べているように、このシンプルなツールはオンライン… 続きを読む

  • Aviaryがオンラインのデザイン用スイートに読者を特別ご招待!

    Aviaryがオンラインのデザイン用スイートに読者を特別ご招待!

    最初見たとき「信じられないほど野心的なアートプロジェクト」と思わず紹介したAviary。ここはFlashベースのグラフィック用スイートとマーケットプレイスを備えた、アーティストが自分の作品を売れるようなクリエイティブのネット生態圏構築を目指している。 サイトで使えるスイートとして、NYの12人のチームはパターン生成ツールからベクターのグラフィック専用エディターまで14点以上のグラフィック用ツールを開発してきた。その主要プログラムのうちイメージエディター「Phoenix」とパターン生成「Peacock」の2つがようやく完成し、TechCr… 続きを読む