photosynth

  • 電気錠や⾃動ドア対応のスマートロック「Akerun コントローラー」が発表、入退室履歴のクラウド化促進へ

    電気錠や⾃動ドア対応のスマートロック「Akerun コントローラー」が発表、入退室履歴のクラウド化促進へ

    後付型スマートロック「Akerun Pro」を開発するフォトシンスは5月27日、既設の電気錠や⾃動ドアに対応したドア⼀体型のスマートロック「Akerun コントローラー」を発表した。 続きを読む

  • 2500社が使うスマートロック入退室管理「Akerun」のフォトシンスが10億円調達、IoT×SaaSモデルで拡大

    2500社が使うスマートロック入退室管理「Akerun」のフォトシンスが10億円調達、IoT×SaaSモデルで拡大

    後付型スマートロックを活用した入退室管理システム「Akerun」を提供するフォトシンス。同社は5月8日、グロービス・キャピタル・パートナーズ、大和企業投資、既存株主であるYJキャピタル、個人投資家を引受先とする第三者割当増資と、新生銀行、日本政策金融公庫、オリックスからの融資等により総額10億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • フォトシンスの新スマートロック「Akerun Pro」、交通系ICカードでの開錠・施錠にも対応

    フォトシンスの新スマートロック「Akerun Pro」、交通系ICカードでの開錠・施錠にも対応

    スマートロック「Akerun」シリーズを開発するフォトシンスは7月7日、オフィスや民泊物件などでの利用を想定して機能を強化した新プロダクト「Akerun Pro」を発表した。7月23日より契約者に対して順次発送を行う。本体価格は無料で、月額9500円のレンタルプランでのみ提供する。フォトシンスでは3年間で1万台の販売を目指す。 続きを読む

  • 楽しさ2倍:マイクロソフト、PhotosynthとVirtual Earthを統合

    楽しさ2倍:マイクロソフト、PhotosynthとVirtual Earthを統合

    マイクロソフトは本日(米国時間5/7)複数の写真から自動的に3Dイメージを作成するPhotosynthと、地図サービスのVirtual Earthを統合することを発表する。これはかなり面白い。個人的にもPhotosynthの大ファンで、また今のところ人気の面ではGoogle Map / Earthの後塵を拝してはいるが、Virtual Earthの方が優れているのではないかと思い始めているところだ。 この期にYouTubeに公開された動画(記事末に貼り付けてある)にてマイクロソフトは、既に数十万の人がPhotosynthを利用していると述べている… 続きを読む

  • MacでPhotosynthの感動的3Dフォトアルバムが見られる

    MacでPhotosynthの感動的3Dフォトアルバムが見られる

    Photosynthは、画像を繋ぎ合わせて疑似3D世界を作りあげるMicrosoftの魅力的な写真鑑賞プロジェクトだ。先週大規模な改訂が行われた。このアプリがDirect 3D(Windowsでのみ動作する)を捨て、同社のクロスプラットホームビュワーである Silverlightを採用した。これはPhotosynthがMacと相性がよくなったことを意味する。したがって、この2年間われわれのSliverlightの記事を憧れのまなざしで見つめるしかなかったみなさんにとって今がチャンスだ。 MacとLinuxのユーザーは、昨年12月以来、実験的… 続きを読む

  • iSynthが、マイクロソフトの強力3DフォトビュアーPhotosynthをiPhoneに

    iSynthが、マイクロソフトの強力3DフォトビュアーPhotosynthをiPhoneに

    iSynth(iTunesリンク)は、Microsoftのあの感動的3Dフォトビュアー、PhotosynthのiPhone版だ。Photosynthは、同じテーマに沿ってユーザーから投稿された写真を継ぎ合わせることによって、ユーザーが写真を次々とクリックしながらその地を「自由に飛び回る」ことができる。このテクノロジーは、ユーザー投稿写真がたくさんある場所やイベントで真価を発揮する(人気の「Synth」には、タージ・マハールやオバマ大統領の就任式などがある)。サイトは非常に楽しく華麗なものも多いので、まだの人は是非一度見に行くべきだ。 i… 続きを読む

  • MicrosoftがPhotosynthのサーバエラーを祝う(人気に有頂天で)

    MicrosoftがPhotosynthのサーバエラーを祝う(人気に有頂天で)

    スタートアップの世界では、サーバのスパイクやダウンタイムが日常的にある。これまでも、数えきれないほど多くのスタートアップが、立ち上げ時の急激な負荷増大の餌食になった。それは、ときどきフラストレーションをもたらすだけで、失敗や無能のしるしとは見なされない。 しかし、世界的な大企業がさんざん前宣伝をしたサービスを立ち上げる場合は、異常事態に前もって備えておくのが当たり前だろう。 今日(米国時間8月21日)Microsoftは、Photosynthをスタートした。ふつうの写真を縫い合わせて、擬似的な3Dの世界を作るサイトだ。Microsoftが… 続きを読む

  • MicrosoftのPhotosynthがローンチ―魔法のように自動的に写真を合成する

    昨日(米国時間8/20)、私ははるばるSmith Towerまで出かけてMicrosoft Live LabsでPhotosynthを取材してきた。この記事が発表されるころにはサイトも稼働しているはずだ。今までわれわれが紹介してきた機能をすべて自分で試せる。百聞は一見に如かず。実際に体験するのがいちばんいい。カメラを用意して自分で写真を合成してみるのがベストだが、上のビデオを見るだけでも合成魔術の雰囲気に触れることができるだろう。音声が聞き取りにくくてすまん。 ビデオでは楽屋裏もいくら見せている。しかしいずれにしてもPhotosynth.ne… 続きを読む

  • Microsoftの「Photosynth」でスペースシャトル・エンデバーの打ち上げ準備を3D化

    Microsoftの「Photosynth」でスペースシャトル・エンデバーの打ち上げ準備を3D化

    私はインターネット上で盛んに開発が進んでいる3D画像処理ツールの大ファンだ。Microsoftの「Photosynth」は明らかにもっとも野心的なプロジェクトだろう。たとえばある地形について数千枚の写真を合成してユーザーが実際にその上空を飛んで観察できるような3Dモデルを生成できる。 今夜(米国時間8/5)、Microsoftは新しい3Dモデルを発表した。フロリダのケネディー宇宙センターの発射台に据えられたスペースシャトル・エンデバーの映像だ。Windows PCを利用しているなら、ここから見ることができる。 クリックしてドラグ… 続きを読む

  • 3Dの最前線–リアル世界/バーチャル世界のミックスはどこまで進んでいるのか?

    3Dの最前線–リアル世界/バーチャル世界のミックスはどこまで進んでいるのか?

    われわれが現に住んでいるリアルな世界とすっかり同じバーチャル世界の街路を散歩できるようになるのはいつのことだろう?  現在次々に登場している新しいテクノロジーを見ると、どうもそう遠くない将来に実現しそうだ。ここ数年、MicrosoftはStreet SideとVirtual Earthを開発してきたし、Googleも同様の技術を公開している。しかし最近また別の、一層興味あるテクノロジーが開発されている。 これらは有力企業によって開発された技術で、大量の写真を迅速に標準的な3D画像に変換処理できる。 中でもMicrosoftのPhotosynt… 続きを読む