Pinduoduo(企業・サービス)

拼多多。2015年に果物のグループ購入サービスとして立ち上げられた中国の多目的eコマースサービス。

  • 中国eコマースのPinduoduoが利益のすべてを農業に投資する理由

    中国eコマースのPinduoduoが利益のすべてを農業に投資する理由

    ここ数年、Pinduoduo(拼多多)は、Alibaba(阿里巴巴、アリババ)の最強挑戦者として広く知られてきた。そんな同社は新たな成長エンジンを求めて、ライバル企業とは異なる道を歩もうとしている。 続きを読む

  • 中国Pinduoduoが年間アクティブユーザー数7.88億人でアリババの王座を奪取

    中国Pinduoduoが年間アクティブユーザー数7.88億人でアリババの王座を奪取

    この節目は、Pinduoduoが中国の発展途上の低層都市のユーザー向けである、という当初の偏見を乗り越えた証でもある。Pinduoduoは、中間業社を排除して低価格の果物と乳製品を販売することで名を成したが、徐々に多様化を進め、大幅割引のiPhoneなど全方位の商品を扱うようになった。 続きを読む

  • 従業員の死や過酷な労働時間への批判をよそに中国のeコマースPinduoduoの株価・ダウンロード数に揺るぎなし

    従業員の死や過酷な労働時間への批判をよそに中国のeコマースPinduoduoの株価・ダウンロード数に揺るぎなし

    急成長している中国のeコマースプラットフォームのPinduoduo(拼多多、ピンドゥオドゥオ)は、1人の従業員の死が会社の過酷な労働時間に対する批判に火をつけた後、そのPRの嵐を乗り切っている。話題になっている21歳の従業員は2020年末の深夜、会社からの帰宅途中に倒れた。死因は明らかにされていないが、ネットユーザーは彼女が過労死したのではないかと推測している。 続きを読む

  • アリババのライバルPinduoduoはなぜ中国の農業に投資するのか

    アリババのライバルPinduoduoはなぜ中国の農業に投資するのか

    2018年、Pinduoduo(拼多多、ピンドゥオドゥオ)は、創設3年目の企業でありながらNASDAQ上場で16億ドル(約1660億円)を調達し、投資コミュニティに衝撃を走らせた。中国のオンラインショッピング利用者は、長年市場を独占してきたAlibabaやJD.comに取って代わる新サービスの登場に歓喜した。しかし、Googleの元エンジニアであるコリン・フアンが創設したこのスタートアップ企業は、その野心をeコマースの先に据えていた 続きを読む

  • 2025年に15兆円超の農産物販売を目標を掲げる中国eコーマスのPinduoduo

    2025年に15兆円超の農産物販売を目標を掲げる中国eコーマスのPinduoduo

    中国のeコマーススタートアップのPinduoduo(拼多多、ピンドゥオドゥオ)は、利益をあげ偽商品の悪評を打ち消す努力を続けているが、このたび2025年に向けて新たな野心的な目標を掲げた。 続きを読む