代替肉 / 植物由来肉(用語)

植物由来肉やプラントベースドミート(PBM。Plant Based Meat)とも呼ばれる豆類や米といった植物性の原材料で作られた肉を模した製品。

  • 肉を食べる回数を減らして地球を守るHabits of Wasteの「#8meals」アプリ

    肉を食べる回数を減らして地球を守るHabits of Wasteの「#8meals」アプリ

    アースデイは過ぎても、NPOのHabits of Wasteがリリースしている#8mealsアプリを使い、週に8回の食事で肉を食べるのを止めると誰もが森林伐採や温室効果ガス排出量の削減に参加できる。 続きを読む

  • 「バドワイザーは卵を作る」食料大手が代替タンパク質産業に相次いで参入、投資額も急増

    「バドワイザーは卵を作る」食料大手が代替タンパク質産業に相次いで参入、投資額も急増

    企業は代替タンパク質市場の潜在性に急速に目覚めつつある。米国最大の消費者ブランドが引き続き投資し、消費者がより健康的で環境的にも持続可能な食品へ移行するのをサポートしているスタートアップと提携している。 続きを読む

  • 植物肉スタートアップのDAIZが18.5億円をシリーズB調達、国内生産体制強化と海外市場早期参入を目指す

    植物肉スタートアップのDAIZが18.5億円をシリーズB調達、国内生産体制強化と海外市場早期参入を目指す

    発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造するDAIZは4月19日、シリーズBラウンドにおいて、第三者割当増資による総額18億5000万円の資金調達を発表した。引受先は、味の素、丸紅、ENEOSホールディングスなど事業会社7社との資本業務提携と、三菱UFJキャピタル、農林中央金庫、三井住友海上キャピタルなどの金融投資家9社。累計資本調達額は30億5000万円となった。植物肉スタートアップとしては国内最大の資金調達となる。 続きを読む

  • マッシュルームでできた栄養価の高い代替肉をMeatiが2021年夏から展開

    マッシュルームでできた栄養価の高い代替肉をMeatiが2021年夏から展開

    菌糸体(真菌類の構造繊維)を消費者向けの健康的な代替肉に変えるMeatiは2021年夏からの大々的な展開に向け準備中だ。共同創業者のタイラー・ハギンズ氏は、米国各地の選ばれたレストランにホールカットステーキと鶏肉プロダクトのサンプルを、初の商品であるジャーキーとともに提供することを予定している。 続きを読む

  • 植物性由来肉のBeyond Meatが中国に初の生産工場を開設

    植物性由来肉のBeyond Meatが中国に初の生産工場を開設

    Beyond Meatがスターバックスのメニューとして中国でデビューしてから約1年、カリフォルニアの植物ベースのタンパク質企業は上海近くに生産施設を開設し、中国のサプライチェーン資源を活用し、製品の二酸化炭素排出量を削減する可能性を求めて、上海近郊に生産施設を開設した。 続きを読む

  • いくつもの植物性食品ブランドを抱えるLIVEKINDLYが約369億円調達

    いくつもの植物性食品ブランドを抱えるLIVEKINDLYが約369億円調達

    植物性食品のブランドを複数抱える、テレビコマーシャルが賑やかなLIVEKINDLY Collectiveがこのほど、1030億ドル(約11兆3545億円)のファンドを抱える投資企業TPGキャピタルのグローバルインパクト投資部門から、最新の投資ラウンドで3億3500万ドル(約369億円)を調達した。 続きを読む

  • 代替肉をおいしくする非動物性脂肪をNourish Ingredientsが開発

    代替肉をおいしくする非動物性脂肪をNourish Ingredientsが開発

    植物ベースの代替肉は、Beyond Meatのような新興企業が突然登場して以来、10年以上にわたって投資家から莫大な資金、そして消費者の注目を集めてきた。これら新興企業は何十億ドルもの資金を調達し、不快な環境ダメージを与えることなく肉のような味の肉を世界中のスーパーマーケットの棚やレストランに持ってこようとしていて、いまや少なくとも2000億ドル(約21兆8590億円)規模の産業となっている。 続きを読む

  • スイスの代替肉メーカーPlantedが製品の多様化と市場拡大に向けシリーズAで約19.8億円を調達

    スイスの代替肉メーカーPlantedが製品の多様化と市場拡大に向けシリーズAで約19.8億円を調達

    植物性の代替チキンの製法を独自に追求しているスタートアップ企業のPlantedは、提供する製品と国際的な市場を拡大するため、シリーズAラウンドで1700万スイスフラン(約19億8000万円)の資金を調達した。ケバブやプルドポークの人工肉を製造しており、カットステーキのような代替肉も(文字どおり)開発中であることから、Plantedは中央ヨーロッパ以外の地域にも視野を広げ始めている。 続きを読む

  • シンガポールの植物由来肉スタートアップNext Genがシード投資10.6億円を調達

    シンガポールの植物由来肉スタートアップNext Genがシード投資10.6億円を調達

    シンガポールは、代替肉の開発を支援する政府の取り組みなどもあり、急速にフードテックスタートアップの拠点となりつつある。そこに参入した新興企業の中にNext Genがある。同社は2021年3月、シンガポール国内のレストランに向けて、植物由来「チキン」のブランドTiNDLEを立ち上げる。 続きを読む

  • 植物性タンパクの代替肉をハンバーガーからステーキへと移行させるRedefine Meat

    植物性タンパクの代替肉をハンバーガーからステーキへと移行させるRedefine Meat

    現在入手可能なハンバーガーに近い代替肉よりも、牛肉の切り身に近い植物性タンパク質を製造するプロセスを開発したイスラエルのスタートアップRedefine Meatは、アジアの一流食品ブランドの一つの投資部門から大きなお墨付きを得た。 続きを読む