podtech

  • 50万ドルに満たない額で売却されてしまったPodTech

    50万ドルに満たない額で売却されてしまったPodTech

    VentureBeatのレポートによると、新興テック系メディアのPodTechが「コミュニケーションテクノロジー」企業のVierPartnerに売却された。価格は50万ドルに満たない額とのこと。 おそらくPodTechは、ブロガーのRobert Scobleによって制作された数々の技術紹介ビデオによって有名だろう。Scobleは去年の12月に同社を去りFast Companyに移籍している。彼は最初マイクロソフトに在籍し、そこで名を成した。 売却価格は微々たるもので、結果的に言えば昨年秋くらいから囁かれ、一部から想定されていたデッドプールとさ… 続きを読む

  • Apple、カスタム化されたポッドキャストを自動生成する技術の特許を申請

    Apple、カスタム化されたポッドキャストを自動生成する技術の特許を申請

    Appleは1月9日、さまざまなポッドキャストをマッシュアップしてカスタム化されたポッドキャストを自動的に生成する方法を記述した特許を申請した。 Appleの特許の「概要」は以下の通り。 ユーザーのために個人化されたメディア・アイテムの生成、管理、および配信を容易にする技術の改良された方法が開示される。ユーザーは、個人化されたメディア・アイテムの中で、コンテンツを操作ないし制御することができる。個人化されたメディアアイテムの具体例として、ポッドキャストがある。ユーザーは、コンテンツを、ポッドキャストから、あるいはそれを使って操作ないし制御… 続きを読む

  • eMarketerによると、ポッドキャスト(再び)離陸中

    eMarketerによると、ポッドキャスト(再び)離陸中

    eMarketerが今日(米国時間2/4)、リリースした新しい数字によると、ポッドキャストがトラフィックでも収入でも離陸しており、見通しはさらによいということだ。 ポッドキャストについての一般的の見方は、ビデオが急速にホットな分野に成長し、とくに初期のiPodが音声に加えて動画もサポートする新しいプレーヤーに取って代わられて以降は、すでに終わったというものだろう。しかし、発表されたこれらの数字からすると、ポッドキャストには、まだ大きな成長余力があるようだ。 eMarketerによれば、アメリカにおけるポッドキャストの視聴者総数は、2007… 続きを読む

  • Scoble、PodTechを去りFast Companyへ

    Scoble、PodTechを去りFast Companyへ

    有名ブロガーRobert Scobleは「PodTechでのポストを1月半ばで去る」と話した。「Fast Company TV」をスタートするためにFast Companyで働き始めるようだ。 ScobleがPodTechにいたのはほんの一年半。それ以前にはマイクロソフトで非公式なスポークスパーソンの役割を果たしてきた。 彼が現在担当しているScobleShowのように、起業家たちを日替わりでインタビューするという形式を今後も継続していくのかは明らかにしていない。またその他の大きな疑問点は、果たして彼の現スポンサーであるSeagateがFast C… 続きを読む

  • PodTech、Deadpool間近?

    PodTech、Deadpool間近?

    「Fake Steve」ことDaniel Lyons記者が、PodTech が近々告知を出して店じまいするという噂が流れているという記事を書いている。 われわれはこの噂の真偽を確認できなかったが、Robert Scobleにはコメントを求めておいた。返事があればここで公開する。 PodTechは US Venture PartnersとVenrock Associatesがリードした2回のラウンドで$7.5M(750万ドル)を調達している。 PodTechに深刻な問題があるという噂は7月に浮上した。この後、ファウンダーでCEOのJohn Furrierが8月… 続きを読む

  • Loic Lemeur、ビデオ版Twitterを作る

    Six Apartの元ヨーロッパ責任者で、フランスのWeb 2.0起業家として有名な Loic Lemeur が最近サンフランシスコに引越してきて、新しいスタートアップを立ち上げた。Robert Scobleの伝えるところによると、これはTwitterのビデオ版のようなもになるらしい。 Lemeurは毎日自分のスタートアップの様子をここで YouTubeに掲載している。いつもたいへん面白いわけではないが、スタートアップを作ろうとしているアメリカ人でない起業家の見解はと新鮮な印象を受けることがある。 Scobleは同じ記事でPodtechから近くビッグニ… 続きを読む

  • Technorati、「偉大なリーダー」を失う。PodTechのCEOも去る

    Technorati、「偉大なリーダー」を失う。PodTechのCEOも去る

    ブログ検索エンジンのTechnoratiとビデオキャスティングサイトのPodTechが決して、うまくいっていないことはみんなわかっていた。どちらもCEO探しをしていたから。そして今日(米国時間8/16)、流血は現実のものとなった。 PodTechのCEO John Furrierが去った。COOのJames McCormickがCEOに昇格する。さらに同社は1938Mediaとの提携を解消したことも発表したが、この損失は大きい。 Technoratiの場合はもう少しややこしい。ファウンダーのDave SifryがCEOを降りた。驚いたのは社員です… 続きを読む

  • 親愛なるPodtech─私はおたくのマーケ担当VPじゃないよ

    Podtechは、私が昨夜書いた記事「Podtechで何が起きているか?」がお気に召さなかったようだ。PodtechのCEO、John Furrierは今朝、何度も私にメールを寄越しては訂正を要求。次いでRobert Scobleが、私の記事はかなり不正確であるとTwitterに書いた。不正確であるかもしれないが、私はこの会社について十分に調べた上で、真実だと信じたことを書いた。 この記事は、ブログ世界で広がっている大がかりなネガティブ・パブリシティに対抗するため、Podtechが、何としてでも書いて欲しいと頼み込んできて書かれたものだが、… 続きを読む

  • Podtechで何が起きているか?

    Podtechで何が起きているか?

    シリコンバレーのPodtechが文字通り空中分解したというレポートがいくつも出された。私はPodtechのCEO、John Furrierに直接、噂はどのくらい本当なのかを聞いてみた。彼が私の書くことに影響を与えようとしたことは確かだが、この会社がまだ生き残れると信ずべき兆候が、少なくともいくつかはある。 Podtechは2006年3月、当時としては大がかりなAラウンドの出資で$5.5 m(550万ドル)を調達した。その時点では主に、起業家のインタビューや、スポンサー付「インフォマーシャル」型のポッドキャストを中心としたオーディオコンテンツ… 続きを読む