政治・選挙(用語)

政治・選挙に関連する記事一覧

  • Facebookが2020年の米大統領選挙に関する広告のターゲティングデータを研究者に公開

    Facebookが2020年の米大統領選挙に関する広告のターゲティングデータを研究者に公開

    Facebookは、130万件の政治・社会問題に関する広告のデータセットへの学術的アクセスを、米国時間2月1日より公開する。これは2020年8月3日から11月3日(米国の選挙の日)までの間に掲載された広告も含まれる。 続きを読む

  • バイデン新大統領就任でホワイトハウスのウェブサイトも刷新、ダークモード採用などアクセシビリティが大きく向上

    バイデン新大統領就任でホワイトハウスのウェブサイトも刷新、ダークモード採用などアクセシビリティが大きく向上

    米国大統領の行動や取り組みをまとめた公式サイト「WhiteHouse.gov」は、就任したばかりのバイデン大統領の下で、まず最初に変更されるものの1つだ。最近流行のダークモードが用意されたほか、読みやすいように大きな文字に切り替えられるなど、ウェブ管理者はサイト全体を最新のアクセシビリティガイドラインに適合させることを約束している。 続きを読む

  • Facebookが政治広告をジョージア州決選投票後に全米で禁止

    Facebookが政治広告をジョージア州決選投票後に全米で禁止

    ジョージア州は現在、Facebookが政治広告の掲載を許している唯一の州だが、米国時間1月5日の選挙が終わるとそれが変わる。同社はジョージア州を含め、米国における政治および社会問題の広告を米国時間1月6日以降一切許可しない。 続きを読む

  • 2021年提出予定の英国オンライン危害法案の注意義務違反への罰金は年間売上高10%

    2021年提出予定の英国オンライン危害法案の注意義務違反への罰金は年間売上高10%

    目下、議論の的となっているポピュリスト的な計画を、英国はさらに押し進めていくようだ。子供たちを危険にさらす可能性のあるオンライン上の違法または有害なさまざまなコンテンツを規制するというものである。2019年4月に始まった同協議に対して英政府が出した最終的な結論は、「Online Safety Bill(オンライン安全法案)」を2021年の導入に向けて進めていくというものだ。 続きを読む

  • 米大統領選挙の夜、バイデン氏と同じくらい大きな勝利を勝ち取ったVerge Aeroのドローン

    米大統領選挙の夜、バイデン氏と同じくらい大きな勝利を勝ち取ったVerge Aeroのドローン

    2020年は非常に長く感じられたが、今回の大統領選挙もまさにそれを体現していた。第46代大統領を指名するための統計調査プロセスは5日間にもおよび、Joe Biden(ジョー・バイデン)氏が最終的にデラウェア州ウィルミントンで壇上に立ち受諾演説を行ったとき、多くの人々は疲労と高揚感に満たされていた。 続きを読む

  • バイデン時代のテクノロジー、オバマ時代のテクノクラシー再燃はなさそうだ

    バイデン時代のテクノロジー、オバマ時代のテクノクラシー再燃はなさそうだ

    ハイテク産業を愛したオバマ政権で8年間を過ごした次期大統領ジョー・バイデン氏だが、トランプ政権による4年間の中断を経た現在、この長い蜜月時代に終止符が打たれたようだ。 続きを読む

  • EveryActionが米民主党系支持者管理プラットフォームMobilizを買収

    EveryActionが米民主党系支持者管理プラットフォームMobilizを買収

    非営利の寄付者管理プラットフォームEveryActionは、米民主党の選挙キャンペーンとボランティアを結び付け、進歩的な理念を掲げる活動家の組織作りを支援するMobilizeを買収した。かつてMobilizeAmericaという名称で知られていたMobilizeは、左派の政治的目標のためのテクノロジーや選挙の支援に特化したインキュベーターHigher Ground Labsから世に出た企業だ。 続きを読む

  • 「誰もハッキングされない」と主張するトランプ氏のホテルは2度もハックされている

    「誰もハッキングされない」と主張するトランプ氏のホテルは2度もハックされている

    米国時間10月19日にアリゾナ州ツーソンで行われた選挙戦の集会でドナルド・トランプ大統領は「誰もハッキングされない」と述べた。毎日のようにセキュリティに関する記事を書いている者でなくても、それはおかしいと思うだろう。 続きを読む

  • 米国でTwitterの投稿頻度が高いユーザーは民主党支持、しかし一般ユーザーはあまりツイートしないという調査

    米国でTwitterの投稿頻度が高いユーザーは民主党支持、しかし一般ユーザーはあまりツイートしないという調査

    米国時間10月15日、Pew Research Center(ピュー研究所)が発表した最新の調査報告は、米国の民主党支持者と共和党支持者のTwitter(ツイッター)の使い方の違いを掘り下げている。2 続きを読む

  • 社会正義のために行動することは企業使命から「気を散らす」ことにはならない

    社会正義のために行動することは企業使命から「気を散らす」ことにはならない

    ご存じかもしれないが、Coinbase(コインベース)のCEOであるBrian Armstrong(ブライアン・アームストロング)氏が、企業ブログで「Coinbase is a mission focused company(コインベースは使命に注力する企業)」という記事を書いた。この記事は賛否両論を巻き起こし、その議論はしばらく続いている。私はこの件について個人的にそれほど関心がなかった。 続きを読む