政治・選挙(用語)

政治・選挙に関連する記事一覧

  • Twitterが米大統領選挙に関するニュースやお役立ち情報をまとめたハブを導入

    Twitterが米大統領選挙に関するニュースやお役立ち情報をまとめたハブを導入

    Twitterは米国時間9月15日、米国民が米国近代史上最も不確実な選挙に備えられるようにする一連のツールを導入し、選挙ハブをデビューさせた。 続きを読む

  • Facebookがニュースフィードで米国の投票所スタッフ募集のプッシュ通知を開始

    Facebookがニュースフィードで米国の投票所スタッフ募集のプッシュ通知を開始

    パンデミックが米国全体を襲う中、選挙が迫っている。投票所のスタッフ不足は今年11月の投票に対する多くの脅威の1つにすぎない。だが大きな問題だ。 続きを読む

  • AIが描いた選挙区はゲリマンダーを止めるのに役立つ可能性がある

    AIが描いた選挙区はゲリマンダーを止めるのに役立つ可能性がある

    ゲリマンダー(ジェリマンダーで)とは、政治プロセスに影響を与える最も陰湿な方法の1つだ。票の集め方や数え方を合法的に変えることで、結果に影響を与えることができる。解決策は、公平な手で投票区を描くAIシステムかもしれない。 続きを読む

  • TwitterとFacebookがトランプ大統領の「2回投票せよ」発言に強く抵抗

    TwitterとFacebookがトランプ大統領の「2回投票せよ」発言に強く抵抗

    ノースカロライナ州の有権者は複数回投票すべきだと示唆したトランプ大統領による発言は、Twitterの選挙健全性規則に違反している。米国時間9月3日に発信した一連のツイートで、大統領は郵便投票システムを「チェック」するために2回投票するよう米国市民に推奨した先の発言を詳しく説明した。 続きを読む

  • モバイル投票は新型コロナに苦悩する投票所を救う

    モバイル投票は新型コロナに苦悩する投票所を救う

    2020年大統領選挙を目前にして、不正投票への不安を巡って激しく対立しする米国では、今なお脅威が衰えない新型コロナウイルスへの対応として、州や地方の選挙管理人たちが投票の延期と投票妨害の告発を求めている。 続きを読む

  • メキシコとの国境の壁建設の寄附金をめぐる詐欺疑いでトランプ大統領元側近を逮捕

    メキシコとの国境の壁建設の寄附金をめぐる詐欺疑いでトランプ大統領元側近を逮捕

    トランプ大統領の元首席戦略官の1人が逮捕された。8月20日に連邦検察が明らかにした容疑は、国境の壁建設のための資金調達に関係している。Steve Bannon(スティーブ・バノン)容疑者は起訴された4人のうちの1人だ。 続きを読む

  • インドのFacebook幹部がジャーナリストの投稿を批判し刑事告訴

    インドのFacebook幹部がジャーナリストの投稿を批判し刑事告訴

    インドのFacebookの経営幹部Ankhi Das氏は、彼女の名誉を傷つける投稿をしたとして、一人のジャーナリストを刑事告訴した。だがその投稿は、見たところ新しいウォール・ストリート・ジャーナルの記事の要約に過ぎない。 続きを読む

  • 広告主のボイコットが拡大する中、フェイスブックに米上院議員グループが白人至上主義対策で圧力

    広告主のボイコットが拡大する中、フェイスブックに米上院議員グループが白人至上主義対策で圧力

    マーク・ザッカーバーグ氏に送られた新しい書簡の中で、3人の米民主党上院議員は、フェイスブックの最高経営責任者に対して、同社が白人至上主義を助長し、Boogalooグループに代表される暴力的過激主義者の同プラットフォームでの結社を容認している現状について説明を求めた。 続きを読む

  • Facebookはポリシー違反の「報道価値のある」政治発言にラベル添付を約束、広告主の離反受け

    Facebookはポリシー違反の「報道価値のある」政治発言にラベル添付を約束、広告主の離反受け

    Facebookの偽情報やヘイトスピーチを容認する態度に業を煮やした広告主たちが、そのソーシャルネットワークの巨人から離反してゆく中、同社は彼らをなんとか引き留めようと、強力なポリシーをまとめて導入することを決めた。 続きを読む

  • 米国下院議会が遠隔投票を承認、ただし技術は未定

    米国下院議会が遠隔投票を承認、ただし技術は未定

    米国下院議会は、米国時間5月15日に新型コロナウイルスのパンデミックに対応するための下院965号決議が採択されたことで、その歴史上で初めての遠隔投票が可能になった。 続きを読む