Porsche / ポルシェ(企業)

ドイツの高級自動車メーカー。

  • ポルシェのEV最上位モデルは「Turbo」の名を獲得、価格は13万ドル以上

    ポルシェのEV最上位モデルは「Turbo」の名を獲得、価格は13万ドル以上

    Porscheの来年発売予定の全電動スポーツカー「Taycan」には、少なくとも3種類のバリエーションがあり、全輪駆動車もそのひとつだ。 続きを読む

  • VW傘下のポルシェ、ディーゼルから完全撤退

    VW傘下のポルシェ、ディーゼルから完全撤退

    Porscheはディーゼル駆動車の製造をやめ、電気およびハイブリッドテクノロジーに投資を集中する。週末に同社が発表した。 続きを読む

  • WayRayのホログラフィックAR HUDにポルシェなど自動車メーカーが800万ドルを投資

    WayRayのホログラフィックAR HUDにポルシェなど自動車メーカーが800万ドルを投資

    巨大にして古い体質を引きずる自動車産業は、次世代の自動車技術を開発してもらおうと、革新的なスタートアップに望みと夢を託してきた。そのいちばん新しい物語のページが、先日、開かれた。チューリッヒに本社を置くホログラフィーを使った拡張現実技術(AR)とハードウエア(運転者の視界に映像を投影するヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)に使われる)を開発する企業WayRayが、ポルシェが主導するシリーズC投資として800万ドル(約9億円)の資金を調達した。これには、現代自動車、以前から同社に投資を行っているアリババ・グループ、招商局集団、JVCケン… 続きを読む

  • ポルシェ、オンデマンド会費モデルを発表――911にもカイエンにも乗れて月3000ドル

    ポルシェ、オンデマンド会費モデルを発表――911にもカイエンにも乗れて月3000ドル

    ポルシェを買わずにポルシェに自由に乗りたい? それならポルシェが発表した新しいPassportサブスクリプション・プログラムがぴったりかもしれない。これはジョージア州アトランタで開始されたオンデマンドのレンタル・システムで、アトランタ市民は月額2000ドルで8タイプのポルシェに乗るプログラムに参加できる。これには718 Boxster、Cayenne、Cayman Sが含まれる。 続きを読む

  • ポルシェのMission E、テスラ車と並んでテスト中

    ポルシェのMission E、テスラ車と並んでテスト中

    後部に見える排気管は無視していい。あれは一般の見物人をだますカムフラージュにすぎない。Autoblogによると、この車はPorscheがTesla対抗として発表を目論む電気自動車である可能性が高い。Porscheは数年前から、Mission Eと呼ばれるコンセプトでこの車について話してきたが、生産モデルの写真はこれが初めてだ。 続きを読む

  • ポルシェの電気自動車「Mission E」が2019年に発売へ。価格はパナメーラと同等

    ポルシェの電気自動車「Mission E」が2019年に発売へ。価格はパナメーラと同等

    Porsche初の完全電気自動車が2019年末に発売される、と今年のフランクフルト・モーターショーで同社が発表した。価格は現在のPorsche Panameraと同程度ということなので、米国では少なくとも8万ドル程度からになりそうだ。 続きを読む