エクソスケルトン / 外骨格 / パワードスーツ(用語)

外骨格(エクソスケルトン)やパワードスーツに関連する記事一覧

  • 外骨格スーツのGerman Bionicが最新パワードスーツを8.4万円からのサブスクで提供開始

    外骨格スーツのGerman Bionicが最新パワードスーツを8.4万円からのサブスクで提供開始

    German Bionicは7月1日、最新世代スマート・パワードスーツとして、カーボンファイバー・フレーム採用の第4世代Cray Xを発表した。RaaS(Robot as a Service)として複数の価格プランとサービスレベルを設定しており、月額8万4000円からのサブスクリプションモデルによる導入が可能。 続きを読む

  • 航空会社もCES参入、デルタはAR活用の新アプリやパワードスーツをお披露目

    航空会社もCES参入、デルタはAR活用の新アプリやパワードスーツをお披露目

    CES 2020の新顔は航空会社だった。デルタ航空のCEO、エド・バスティアン氏がエアラインのトップとして初めて基調講演を担当し、旅客を助ける同社の最新テクノロジーを紹介。フライトにまつわるすべてをこなす新アプリやエクソスケルトン(外骨格)を発表した。 続きを読む

  • ロボティック外骨格のRoam、ヤマハ発動機などから1200万ドル調達

    ロボティック外骨格のRoam、ヤマハ発動機などから1200万ドル調達

    ベイエリア拠点のロボティック外骨格会社Roamは、シリーズAで1200万ドルを調達したと発表した。 続きを読む

  • TWIICEの外骨格ウェアラブルロボットは身障者用装具の理想に近づいている

    TWIICEの外骨格ウェアラブルロボットは身障者用装具の理想に近づいている

    テクノロジーの世界に、“完成された技術”というものはめったにないし、外骨格*もまだ完成にはほど遠い技術だ。それらは、あることはあるけどすべて開発途上であり、高価で、重くて、性能も機能も限られている。そんな中で、ロボットウェアラブルのTWIICEは、ユーザーからの要望を積極的に取り入れて大きく進歩している。〔*: exoskeleton, 日本語Wikipediaでは“パワードスーツ”で載っている。〕 続きを読む

  • 人が着るソフトロボット(パワードスーツ)は工場労働者や四肢麻痺患者を助ける

    人が着るソフトロボット(パワードスーツ)は工場労働者や四肢麻痺患者を助ける

    1/4世紀の間稼働を続けたカリフォルニア州リッチモンドの50万平方フィート(46451.52平方メートル)の、Ford Motor Companyの組立工場は、1950年代の中ごろ、自動車の生産をやめた。今そのスペースには、Mountain Hardwearや、ソーラーパネルのメーカーSunPowerなどさまざまな企業が入っているが、しかしこの場所にいちばんふさわしいテナントといえば、Ekso Bionicsだろう。 続きを読む