プレゼンテーション(用語)

プレゼンテーションに関する記事一覧

  • 進化したビデオ会議のmmhmmは半分ジョークの社名でもソフトバンクなどから約110.6億円調達

    進化したビデオ会議のmmhmmは半分ジョークの社名でもソフトバンクなどから約110.6億円調達

    くだらない名前のスタートアップが多額の資金を集めるのはテック分野では例外的なことではないが、リービン氏のスタートアップの場合は、名前がほとんどないに等しい(言ってみればただの音、日本語にすると「ふうん」「うんうん」というような感じ)という点で、ボーナスポイントに値する。 続きを読む

  • ビデオ会議ソフトmmhmmが夏に向かって大量の新機能を発表

    ビデオ会議ソフトmmhmmが夏に向かって大量の新機能を発表

    フィル・リービン氏とAll Turtlesが開発したコミュニケーションプラットフォームmmhmmに、さまざまな新機能が加わる。現在のビデオコミュニケーションは、リアルの世界のさまざな要素を表すだけでなく、それらを超えている部分もあるとリービン氏はいう。 続きを読む

  • プレゼンソフトmmhmmが使用量ベースの企業アカウントとWindows用ベータ版を発表

    プレゼンソフトmmhmmが使用量ベースの企業アカウントとWindows用ベータ版を発表

    ビデオチャット上での自分の見た目をカスタマイズできるソフトウェアmmhmmは、米国時間4月1日、使用量ベースの企業アカウントを導入することを発表した。TechCrunchとのインタビューの中で、創業者でCEOのフィル・ルービン氏は、mmhmmには同じ会社から登録しているユーザーが何百人もいると語り、これは自然な進化だと述べている。 続きを読む

  • Wunderlist創業者のスタートアップがPowerPointに挑むために32億円を調達

    Wunderlist創業者のスタートアップがPowerPointに挑むために32億円を調達

    ソフトウェア産業はもはや幼年期ではない、そしてそのことが私たちを技術的に興味深い瞬間にも引き合わせてくれるのだ。広く普及した最大級のレガシーアプリの中には、小規模で動きの速いスタートアップたちの挑戦を受け続けているものがある。 続きを読む

  • マイクロソフトはパワポ用のAIプレゼンコーチを導入開始

    マイクロソフトはパワポ用のAIプレゼンコーチを導入開始

    マイクロソフトは、以前に発表していた、AIを活用したPowerPointのプレゼンテーションコーチの導入を、まずウェブ版から開始した。フィードバックをその場で返すことで、重要なプレゼンテーションの準備を手助けする機能を備えている。 続きを読む

  • Google Slidesの解説ナレーションがリアルタイムで自動的に字幕表示される

    Google Slidesの解説ナレーションがリアルタイムで自動的に字幕表示される

    GoogleのプレゼンテーションツールSlidesに、プレゼン中のリアルタイムの自動字幕というおもしろい機能が加わる。耳の不自由な人や、聴くより読んだ方がよく分かるという人には、とても便利だろう。 この新しい機能は、画面読み上げツールの改良や、Braille、Google Docs/Sheets/Slidesの拡大表示などを作った同社のアクセシビリティーチームの作品だ。この自動化字幕は社内のハッカソンで生まれ、それが今回からは、デフォルトの言語がアメリカ英語である人がChromeブラウザーを使ってる場合に利用できる。 続きを読む

  • 「ソーシャル・ネットワーク+Evernote」をイメージするMrOwl

    「ソーシャル・ネットワーク+Evernote」をイメージするMrOwl

    ソーシャル・ネットワークとEvernoteが融合したようなアプリケーションが登場してきた。ArvindおよびBecky Raichurによるもので、データの保管や共有を簡単に行うことができるようになっている。しかもあらゆるデータ形式に対応しているのだ。 続きを読む

  • 90秒で相手に興味を持たせるピッチとは―、投資家からCEOへのアドバイス

    90秒で相手に興味を持たせるピッチとは―、投資家からCEOへのアドバイス

    Vitaly M. Golombは、HPのベンチャー投資部門HP Tech Venturesで、世界各地の企業に対して投資を行っている。本記事は、企業を成長させる上での彼のアドバイスをまとめた本『Accelerated Startup』から、Golombが大好きなピッチに関する箇所を抜粋したもの。 続きを読む

  • PowerPointによるプレゼンに投票、Q&Aなどリアルタイムの対話的機能を加えるGlisserが$1Mのシード資金を獲得

    PowerPointによるプレゼンに投票、Q&Aなどリアルタイムの対話的機能を加えるGlisserが$1Mのシード資金を獲得

    退屈になりがちなプレゼンテーションを、Q&Aやリアルタイムの投票などの対話的アクションで活性化するGlisserが、シード資金として100万ドルを獲得した。そのWeb上のサービスは、プレゼンのオーディエンスがスライドをソーシャルメディアに保存共有できるなど、そのほかの活性化機能もサポートしている。 続きを読む

  • GoogleのプレゼンテーションツールGoogle SlidesにQ&A機能が加わる…オーディエンスとのコミュニケーションを円滑に

    GoogleのプレゼンテーションツールGoogle SlidesにQ&A機能が加わる…オーディエンスとのコミュニケーションを円滑に

    GoogleのPowerPoint対抗馬Google Slidesに、今日(米国時間5/4)からQ&A機能が加わる。これによってプレゼンターとオーディエンスのあいだに対話性が生まれ、前者は後者から質問やフィードバックをもらうことができる。オーディエンスが自分のお気に入りの質問に票を投じる機能もある。 SlidesのQ&A機能は、今日から全世界一斉に展開される。 続きを読む

  • Prezi: Behind the Presentation Software

    ユニークなプレゼンツールで成功したPreziのサンフランシスコオフィスで社長のPeter Arvalにインタビュー

    ノンリニア*で対話的なプレゼンテーションができるPreziは、このところニュースらしいニュースがなかったが、このほどハンガリーのブダペストにおける同社のルーツや、9時間の時間差のある二つのオフィス(ブダペストとサンフランシスコ)を抱える悩みなどについて、話してくれた(上のビデオ)。〔*: 従来のスライド型のプレゼンソフトは、リニア(線形)。〕 続きを読む

  • SketchDeckは、最悪のスライドを1日で美しいプレゼンに変えてくれる

    SketchDeckは、最悪のスライドを1日で美しいプレゼンに変えてくれる

    PowerPoiotを再発明しようとしたスタートアップは数多あるが、最近スタートしたSketchDeckは、PowerPointの代替品を作るのではなく、個人や企業が作ったスライドを、デザイナーチームが24時間以内に美しく変えるサービスだ。 続きを読む

  • プレゼン用ウェブアプリ、Bunkrは優れもの―HTML5出力でどんなデバイスでもブラウザだけでスライドが再生可能

    プレゼン用ウェブアプリ、Bunkrは優れもの―HTML5出力でどんなデバイスでもブラウザだけでスライドが再生可能

    フランスのスタートアップ、BunkrはPowerPointキラーになろうという野望を抱いている。 このウェブ・アプリを使うユーザーはビジュアルなコンテンツをさまざまな場所から収集、編集してスライドに仕上げることができる。UIはよく考えられており、デザインも美しい。スライドショーはHTML5ファイルで出力されるので、パソコンでもタブレットでもスマートフォンでも自由に再生できる。またPDF、PPT形式でも出力できる。 共同ファウンダーで最高マーケティング責任者のÉdouard Petitは私の取材に対して「われわれは役立つ情報を収集、分析してク… 続きを読む

  • ジョブズの数々の驚異のプレゼンをプロデュースしてきた幹部が解雇を不当としてAppleを訴える

    ジョブズの数々の驚異のプレゼンをプロデュースしてきた幹部が解雇を不当としてAppleを訴える

    iPhone、iPad、Siriなど数々のジョブズの驚異の新製品プレゼンをプロデュースしてきた元Apple幹部、ウェイン・グッドリッチが昨年12月に解雇されたことを契約違反と不公正なビジネス行為に当たるとしてAppleを訴えた。 12月ということは来るべきiPhone 5の発表のプレゼンにはグッドリッチが関わっていないだろうということを意味する。 グッドリッチがサンノゼ連邦地裁に提訴したところによると、故スティーブ・ジョブズはグッドリッチに対して「仮に〔プレゼンテーション担当エグゼクティブ・プロデューサーという〕役職が廃止された場合でも雇用… 続きを読む