プライバシー(用語)

プライバシーに関連する記事一覧

  • サードパーティーがユーザーデータを知らぬ間に収集する副次的監視の時代を終わらせよう

    サードパーティーがユーザーデータを知らぬ間に収集する副次的監視の時代を終わらせよう

    我々消費者は、自分たちが使いたいサービスやソリューションにアクセスする際、Google、Facebook、Twitterなどの企業に個人データを提供することを気にしないものだ。しかし多くの人は、水面下でこうした企業がデータ収集をビジネスモデルに統合し、データ収集監視組織として機能していることを理解していない。 続きを読む

  • 米上院議員クロブシャー氏がAmazonのフィットネストラッカーHaloについてプライバシー面の懸念を表明

    米上院議員クロブシャー氏がAmazonのフィットネストラッカーHaloについてプライバシー面の懸念を表明

    ミネソタ州選出のエイミー・クロブシャー上院議員は、Amazonが新しく発表したフィットネストラッカーのレビューを受け、公開書簡を出している。クロブシャー上院議員は米国保健福祉省のアレックス・アザー長官宛に、「最近寄せられる報告から、Haloが個人の健康に関する、大変広範囲にわたるプライベートな情報にアクセスできることについて懸念せざるを得ません」と書き送ったのだ。 続きを読む

  • あなたのプライバシーを守ってくれるウェブブラウザー拡張機能6選

    あなたのプライバシーを守ってくれるウェブブラウザー拡張機能6選

    インターネットはプライベートな場所ではない。広告は一番高く買ってくれる客にあなたの情報を売るために、できるだけ多くのユーザー情報を集めようとする。メールはいつあなたがそれを開封し、どのリンクをクリックしたかを知っている。そして、インターネット最大の詮索好き、つまりFacebookやAmazonは、あなたがウェブで閲覧するサイトからサイトへと追いかけ続ける。 続きを読む

  • プライバシーがテック企業の新たな競争の場に

    プライバシーがテック企業の新たな競争の場に

    11月にカリフォルニア州で、ビジネスのデータ収集に新たな規制を課す投票法案である住民投票事項24が可決された。CPRA(California Privacy Rights Act、カリフォルニア州プライバシー権法)の一環として、個人は自分の個人情報の共有と販売に関するオプトアウトの権利を有することになり、企業は「道理にかなった」範囲でデータ収集を最小限に抑え、ユーザーのプライバシーを保護しなければならない。 続きを読む

  • LayerXとJCBが複数企業間をつなぐ次世代BtoB取引履歴インフラの共同研究開始

    LayerXとJCBが複数企業間をつなぐ次世代BtoB取引履歴インフラの共同研究開始

    ジェーシービー(JCB)とLayerXは12月22日、複数企業間をつなぐ次世代BtoB取引履歴インフラに関する共同研究の開始を発表した。共同研究において両社は、プライバシーに配慮した利用者主体の商流情報の流通を実現し、それらを活用した高度なサービスを可能にする新たなデジタルサプライチェーン構築を目指す。 続きを読む

  • プライバシープラットフォームのOneTrustが約5280億円のバリュエーションで310億円調達

    プライバシープラットフォームのOneTrustが約5280億円のバリュエーションで310億円調達

    プライバシープラットフォームのスタートアップOneTrustは、AirWatch(2014年にVMWareに約1553億円で買収された)を展開していたチームが4年前に立ち上げた。OneTrustは米国時間12月21日、51億ドル(約5280億円)という巨額のバリュエーションで3億ドル(約310億円)のシリーズCラウンドを発表した。 続きを読む

  • アップルがアプリのプライバシー方針を明らかにするラベルを全App Storeで公開

    アップルがアプリのプライバシー方針を明らかにするラベルを全App Storeで公開

    6月に開催された世界開発者会議(WWDC)でApple(アップル)は、App Storeのアプリの製品ページにプライバシーに関する情報を分かりやすく簡潔に表示する機能を新たに導入し、まもなく開発者にアプリのプライバシー方針を顧客へ開示するようを求めることを明らかにした。このアプリの新しいプライバシーラベルは、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSを含むアップルのApp Storeすべてで米国時間12月15日より公開されている。 続きを読む

  • オンデバイスAIでプライバシー保護とパーソナライズを両立させる検索エンジン「Xayn」

    オンデバイスAIでプライバシー保護とパーソナライズを両立させる検索エンジン「Xayn」

    TechCrunchの読者もご存知のように、現在のWebにはプライバシーと利便性のトリッキーなトレードオフがある。この「非常に私的な情報(プライバシー)の盗難」をうまく成功させるために登場したのが、オンライン追跡だ。インターネットユーザーが見ているものを大規模に監視することが、Google(グーグル)の圧倒的な検索エンジンとFacebook(フェイスブック)のソーシャル帝国を支えている。この2社は、広告から資金提供を受ける最も知名度の高いビジネスモデルだ。 続きを読む

  • 企業の情報開示を支援する無料ツールPrivacyGrader

    企業の情報開示を支援する無料ツールPrivacyGrader

    企業のプライバシーの問題が複雑で変化が著しいときは、PrivacyGraderと呼ばれるツールが事態の正常化を助けてくれるだろう。トム・チャベス氏とヴィヴェーク・ヴァイディヤ氏が、データのコンプライアンスとセキュリティを扱うスタートアップであるKetchを作っていた際、このツールはその創業の一環として開発された。 続きを読む

  • GitHubがCookie追放を発表、わずらわしいCookieバナーも消える

    GitHubがCookie追放を発表、わずらわしいCookieバナーも消える

    GitHubは必須ではないCookieをプラットフォームからすべて追放すると発表した。これによりGitHubではCookie配置への同意を求めるCookieバナーをクリックする必要がなくなる。 続きを読む