privacy

  • アメリカ政府はFacebook Messengerの通信傍受要請で敗訴

    アメリカ政府はFacebook Messengerの通信傍受要請で敗訴

    アメリカ政府の捜査官たちは、FacebookのMessengerアプリ上の通信の傍受を要求して、裁判所に拒絶された。 大規模なギャング団MS-13を捜査している国と州の合同法執行チームは、音声通話のリアルタイム聴取を拒否したこのSNS大手を、法廷侮辱罪で地裁に告訴していた。 続きを読む

  • Googleを辞めた研究員がProject Dragonflyの人権違反懸念で上院に書簡を送った

    Googleを辞めた研究員がProject Dragonflyの人権違反懸念で上院に書簡を送った

    上院の通商科学運輸委員会に宛てた書簡で、元Googleの研究員Jack Poulsonが、8月の終わりに同社を辞めた理由を詳しく述べている。今週初めに送られたその小文は、Project Dragonfly(蜻蛉プロジェクト)に対する、増大する懸念を詳述している。それは、中国市場に有意に参入しようとするGoogleの試みだ。 続きを読む

  • MozillaのFirefox Monitorが今後のアカウントハックのアラートサービスを開始

    MozillaのFirefox Monitorが今後のアカウントハックのアラートサービスを開始

    今年の早い時期にMozillaは、ユーザーのオンラインアカウントが最近のデータ漏洩事件でハックされたことを検出するサービスFirefox Monitorを発表した。それは、ユーザーのメールアドレスを入力するとHave I Been Pwnedのデータベースを調べて、どのサイトでいつ、何が漏洩したか〔例: パスワード〕を教えてくれる。そして今日(米国時間9/25)Mozillaはさらに一歩進んで、ユーザーがMonitorの登録ユーザーになっておくと将来の漏洩をアラートしてくれることになった。 続きを読む

  • 「ほぼすべて」のPCとMacに、暗号化データを盗まれるセキュリティー欠陥がある

    「ほぼすべて」のPCとMacに、暗号化データを盗まれるセキュリティー欠陥がある

    現代のコンピューターの殆どが、たとえディスクが暗号化されていても、数分のうちに機密データを盗む新たな攻撃に対する脆弱性があることが、最新の研究によって明らかになった。 続きを読む

  • 10月3日以降Apple App Storeのすべてのアプリにプライバシーポリシーが必要とされる

    10月3日以降Apple App Storeのすべてのアプリにプライバシーポリシーが必要とされる

    Appleは、ユーザーの個人情報をどのように使っているか、そして、その安全と共有について、ユーザーにちゃんと伝えていないアプリを取り締まろうとしている。AppleがApp Store Connectポータルにポストしたデベロッパー向けの発表によると、まだテスト中のものも含めてすべてのアプリに、2018年10月3日の時点で、プライバシーポリシーがなければならない。 続きを読む

  • GoogleがMastercardとパートナーしてユーザーのオフラインの買い物を追跡する

    GoogleがMastercardとパートナーしてユーザーのオフラインの買い物を追跡する

    Bloombergの記事によると、GoogleはMastercardとの秘密契約により、クレジットカードの利用データから小売の売上を調べられることになった。このことは、Googleの本当の顧客が広告主であることの、また新たな証拠だ。 オンライン広告は今や、他のすべての広告媒体を抜き去った。 続きを読む

  • Firefoxが近くデフォルトでトラッカー(ユーザー情報の収集)をすべてブロックする

    Firefoxが近くデフォルトでトラッカー(ユーザー情報の収集)をすべてブロックする

    Mozillaが今日(米国時間8/30)、そのFirefoxブラウザーがデフォルトでは自動的にすべてのクロスサイトトラッキングをブロックする、と発表した。 この戦略には、3つの部分がある。 続きを読む

  • スマートメーターの警察によるデータ利用には令状が必要

    スマートメーターの警察によるデータ利用には令状が必要

    どれだけ電力を使っているかがわかると、その家庭で起きている多くのことがわかる——特に、その情報が数分ごとに収集されて中央に記録されていれば。スマートメーターのデータを警察当局が取得するためには捜査令状が必要であると、利用者が想定することはプライバシーの観点から妥当であると連邦裁判所が判断したことは実に示唆的である。 続きを読む

  • AppleがFacebookのOnavoをアプリストアから削除、ユーザーデータの無断収集を処罰

    AppleがFacebookのOnavoをアプリストアから削除、ユーザーデータの無断収集を処罰

    Facebookの次の大きなプライバシー問題はなんだろう?と、座席から身を乗り出すようにして期待していた方、お待ちどおさまでした!。The Wall Street Journalによると、AppleはFacebookのOnavoアプリがApp Storeのポリシーに違反しているとして、近く削除することになった。 続きを読む

  • 密かにユーザーの位置追跡を続けている件についてGoogleが説明文を更新

    密かにユーザーの位置追跡を続けている件についてGoogleが説明文を更新

    4日前(米国時間8/13)には、位置履歴追跡が無効にされてもユーザーの追跡を続けていると認めたGoogleが、Webサイトを更新して、位置に関する同社のポリシーを詳細に説明した。 続きを読む

  • Amazon Echoをハックして盗聴できることをセキュリティ研究者たちが発見

    Amazon Echoをハックして盗聴できることをセキュリティ研究者たちが発見

    DefConでハッカーたちが、スマートスピーカーの新たなセキュリティ問題を公表した。このセキュリティカンファレンスでスピーチしたTencentのWu HuiYuとQian WenxiangはBreaking Smart Speakers: We are Listening to You(スマートスピーカーを破る: あなたを盗聴できる)と題するプレゼンを行い、彼らがAmazonのEchoスピーカーをハックして、それにスパイ役をやらせた方法を説明した。 続きを読む

  • Facebook、米国フォロワーの多いページのセキュリティーを強化

    Facebook、米国フォロワーの多いページのセキュリティーを強化

    本日(米国時間8/12)Facebookは、多数の米国人フォロワーをもつFacebookページの安全を強化し,偽アカウントや乗っ取ったアカウントを使ってページを運営することを困難にする新しい規制を実施する。米国に多くのフォロワーをもつ人々を皮切りに、一部のFacebookページではPage Publising Authorization(ページ発行承認)プロセスの通過が必要になっている。Page管理者は自分のアカウントのセキュリティーを確保し、位置情報の検証も行わなければならない。 続きを読む

  • カリフォルニア州で画期的なデータプライバシー法が成立

    カリフォルニア州で画期的なデータプライバシー法が成立

    【抄訳】 カリフォルニアのデータプライバシー法は、内密のデータ収集が生きる糧(かて)でもある多くのテクノロジー企業の強い反対を乗り越えて、あとは知事が署名するだけで成立の運びとなった。そのCalifornia Consumer Privacy Act of 2018は州議会を通り、今、成立のためにJerry Brown知事のデスクに向かっている。 アップデート: 知事が法案に署名したので、法は来年末に発効する: 続きを読む

  • モバイルのプライバシーで頑張るKeepsafeが守秘機能を強調したブラウザーをリリース

    モバイルのプライバシーで頑張るKeepsafeが守秘機能を強調したブラウザーをリリース

    プライベートな写真アプリKeepsafeを作っているKeepsafeが、製品ラインを拡大し、モバイルのWebブラウザーをリリースした。 協同ファウンダーでCEOのZouhair Belkouraによると、写真アプリ、VPN、プライベートな電話番号生成アプリなどKeepsafeの製品はすべて、プライバシーの保護で共通しているだけでなく、意図的にそれらの機能をシンプルで分かりやすくしている。 続きを読む

  • 監視カメラがあなたを認識して警告や解説をメッセージするパーデュー大学のPHADEシステム

    監視カメラがあなたを認識して警告や解説をメッセージするパーデュー大学のPHADEシステム

    [筆者: Sarah Wells] 今や、通りにも、美術館にも、お店にも、どこにでもカメラがあるという認識は、人間の第二の天性になっている。でもそんなカメラが、人間とコミュニケーションできたらどうだろう? パーデュー大学のコンピューターサイエンスの研究者たちは、そのディストピア的な未来を現実化して、今日、ペーパーに発表した。ただし彼らによると、それはそんなに怖いものではないそうだ。 続きを読む

  • iOS 12ではFace IDに2人目の顔を登録できるらしい

    iOS 12ではFace IDに2人目の顔を登録できるらしい

    ARの機能向上からグループFacetimeまで、iOS 12に関する注目すべき発表は山ほどあった。しかし、今年の秋にやってくるAppleのモバイルOSには、WWDCのキーノートでは触れられなかった実用的なアップデートがある。 続きを読む

  • Facebook曰く、Cambridge Analyticaの不正に気付かなかったのは「古いタイプの脅威」に集中していたから

    Facebook曰く、Cambridge Analyticaの不正に気付かなかったのは「古いタイプの脅威」に集中していたから

    Cambridge Analyticaの2016年大統領選挙に関わる大規模なデータスキャンダルを見聞きした人々の多くは、どうしてそんなことが起きたのか不思議に思っている。実は、Facebookも、起きると思っていなかった。Facebook COOのSheryl Sandbergが今晩(米国時間5/30)のCodeカンファレンスで語った。 続きを読む

  • Yahooから30億のメールアカウントを盗んだハッカーが5年の懲役と全資産没収

    Yahooから30億のメールアカウントを盗んだハッカーが5年の懲役と全資産没収

    11月に罪を認めたカナダ人ハッカーKarim Baratov(23歳)は、Yahooをハックして最大30億のアカウントを露出した罪の、少なくとも一部に関して有罪が確定し、刑期5年の懲役刑が下(くだ)された。司法省によるとBaratovは、ロシアの諜報機関FSBの二人のエージェントの指示により、それらのアカウントを漏洩した。 続きを読む

  • GDPRの施行でアメリカのニュースサイト触法懸念でヨーロッパからの読者を敬遠

    GDPRの施行でアメリカのニュースサイト触法懸念でヨーロッパからの読者を敬遠

    EUの新しいプライバシー法が施行された金曜日(米国時間5/25)には、アメリカの一部のニュースサイトがヨーロッパの読者にとって存在しなくなった。そのGeneral Data Protection Regulation(GDPR)と呼ばれる規則は、消費者の何らかの個人データを集めるインターネット企業が従うべき厳格な要件の集合を定めている。その影響はきわめて大きいので、アメリカのメディア企業Troncは、何かが違反と見なされることと、それがもたらす予期せざる結果を恐れて、ヨーロッパの読者をすべてブロックすることに決めた。 続きを読む

  • Facebook、プライバシー設定の確認を全世界ユーザーに要請

    Facebook、プライバシー設定の確認を全世界ユーザーに要請

    Facebookは、今週から全世界のユーザーに対してプライバシー設定の見直しを促すプロンプトをFacebookアプリ内に表示する。そこでは広告ターゲティングから顔認証まで、Facebookが様々なプロダクトでユーザーの個人データをどのように使っているかを確認するようユーザーが依頼される。この改訂規約とユーザー設定の確認は、新たに制定されたデータプライバシー規制であるGDPRを受けてEUのユーザーに配信されたものに準拠している。 続きを読む