propeller

  • ネイティブアプリ簡易制作ツールPropellerに主要投資家の大群が殺到, シード資金$1.25Mを投ずる

    ネイティブアプリ簡易制作ツールPropellerに主要投資家の大群が殺到, シード資金$1.25Mを投ずる

    自分だけのネイティブアプリを作れる、というアプリPropellerが、125万ドルを調達した。投資家たちの顔ぶれは、Andreessen Horowitz、ffAngel、Menlo Ventures、Foundation Capital、Max Levchin、Ashton Kutcher、Keith Rabois、Scott Banister、Jason Portnoy、Lee Linden、Rothenberg Ventures、そしてAlfred Mandelだ。 Appsify.me(もっと簡単)やTestflight(ふつうの人向き)などと同様に… 続きを読む

  • AOL、ユーザーにもう一度Propellerに来てくれるようアピール

    AOL、ユーザーにもう一度Propellerに来てくれるようアピール

    AOLのPropellerは2006年、「Diggキラー」としてスタートした。Diggライクなサイトに編集者による監視が加わったもので、大量のnetscape.comのトラフィックがそこに差し向けられた。しかし、ふつうのニュースページを読むことに慣れていたNetscapeユーザーたちは、新しいサイトで何をすればいいのかよくわからなかった。 その後、徐々にさまざまな変更がなされ、Diggから誘い出すために投稿者に報酬を与え、名称をPropeller.comに変え、時にはレイオフまで行った。さらにはマスコットまで投入した。しかし、いずれもサ… 続きを読む

  • 続くAOLの予算削減。Propellerの従業員は虫けら扱い?

    続くAOLの予算削減。Propellerの従業員は虫けら扱い?

    かつてNetscape.comとして運営されていたこともあるDigg風ニュースサイトのPropellerが、厳しいレイオフの波にもまれているようだ。サイトの 続きを読む

  • Propeller 2.0公開。ニュース投票カウントを刈り込んでマスコット新投入

    Propeller 2.0公開。ニュース投票カウントを刈り込んでマスコット新投入

    AOLが運営するDigg風ニュースサイト「Propeller」バージョン2.0が本日(米国時間7/22)午前公開になる。サイトはデザインとロゴを一新、マスコットも加わった。「ある時は教授、またある時は市民ジャーナリスト」とかいうマスコットだ(下図参照)。 でも一番大きな変更点は純粋にDiggライクな投票カウント機能を削ってしまったこと。代わりにアルゴリズムがベースの10段階評価の人気ランキングを導入し、「より多くの参加の側面を考慮する」よう改善。記事投票は「prop it」という、もっと曖昧な呼び名になった。またニュースカテゴリ数も削って… 続きを読む

  • Publish2―Diggのバリエーションは失業ジャーナリストを救済するか

    Publish2―Diggのバリエーションは失業ジャーナリストを救済するか

    新しいスタートアップPublish2はまだローンチしていない。それどころかブライベート・ベータにさえ至っていない段階だが、すでに$2.75M(275万ドル)の資金を集めている。投資家のVelocity Interactive Groupはよほど自信があるとみえてRoss LevinsohnとJonathan Millerという大物2人を取締役会に送り込んできた。 Publish2は実物を誰にも見せたことがないが、サービスの内容についてはあけっぴろげに話している。新聞の編集部は最近の相次ぐ人員削減とブログとの競争で疲れてきっているが、Publis… 続きを読む

  • 「Yahoo Buzz」、ついにローンチ、人気記事はヤフーのトップページに掲載

    「Yahoo Buzz」、ついにローンチ、人気記事はヤフーのトップページに掲載

    ヤフーは以前から噂になっていた Yahoo Buzzをついに今夜(米国時間2/25)ローンチした。あらかじめ指定されたニュースサイト(当面100サイトで出発)に掲載された記事に読者が投票して、人気記事をトップページに押し上げるDigg方式のニュースサイトだ。 どういう仕組みになっているのかは、この記事(あるいはどの記事でもよいが)の最後にある「Buzz」ボタンをクリックしてみるとよい。(アップデート:Buzzボタンが公開されるのは火曜日になるという)。Diggと同様、エンベッドされたボタン、あるいは直接Buzzサイトからの投票が多ければ多い… 続きを読む

  • DiggのライバルMixx、シリーズA1で$2M調達

    DiggのライバルMixx、シリーズA1で$2M調達

    ソーシャル投票サイトのMixxが既存の投資家、InterSouth PartnersがリードするシリーズA1のラウンドで$2M(200万ドル)を調達した。 Mixxはカテゴリーで分類された記事のソーシャル投票サイトで、Digg、Reddit、Propellerなどのライバルになる。バージニア州McLeanに本拠を置くMixxは、元Yahoo!、AOL、USA TODAY、APなどの幹部が集まって作った会社で、2007年9月にベータ公開された。これは既存のサービスに熱心な固定ファンがついている分野だが、Mixxは新機能を次々にローンチして存在… 続きを読む

  • 数字で見る2007年:AOLがNetscapeのトラフィックを見殺しにした年

    数字で見る2007年:AOLがNetscapeのトラフィックを見殺しにした年

    ソーシャル投票は引き続き2007年も人気の「気晴らし」だったようで、Diggのように来訪者数を3倍以上に伸ばしたサイトもあるが、comScoreのデータによると、サイトによって結果はさまざまだ。 長い歴史を持つ有名どころのひとつに、AOL配下のNetscape.comがある。このサイトは2006年6月にDiggクローンとして再スタートを切り、新しい世代の人たちが、かつての一大ブランドをDiggの代わりに使ってくれることが期待された。しかし、この戦略は無残な失敗に終ったうえ、最後の最後はさらにひどいものだった。2006年11月から2007… 続きを読む

  • やっぱりDiggがベストな理由

    やっぱりDiggがベストな理由

    Michael Arringtonは土曜日にDiggのライバルMixxがDiggからの転向者を引き付けていることについて書いた。Diggのクローンや似たようなソーシャ投票サイトが生まれたのは最近のことではないが、Michaelが書いた記事を読んだ後、このような新たな競争の局面を考慮してもDiggは依然としてトップなのかどうか、確かめてみたいと思った。そこでいくらか時間を費やしてDiggとDigg方式のサイトについて探ってみた。 数値 数値だけで良し悪しを決めることはできない。Windowsは依然として世界でもっとも多く使われているOSだが、… 続きを読む

  • Diggからの難民はMixxに向かっている

    Diggからの難民はMixxに向かっている

    【編集部注】ブックマークされていた方: 「EU、ターゲット広告の禁止を検討中」はリンク先が変りこちらのリンクとなりました。ご迷惑をおかけしお詫びいたします。編集部より 新しいスタートアップのMixxはつい2ヶ月前にプライベート・ベータに入ったばかりだが、ちょうどいいタイミングでちょうどいいサービスを始めたかもしれない。トップ投稿者を含む多くのDiggユーザーがDiggとそのコミュニティーに対して次第に不満を募らせており、そのうちの多くがDiggを去り始めている。さらにDiggがプログラムを使って自動的にある種の記事、リンク、サイトを排除し… 続きを読む

  • Propellerは生きている…今のところ

    Propellerは生きている…今のところ

    ヤーーーーッ。今日は「国際海賊のようにしゃべるデー」。この日を祝うのに、海にまつわる記事に勝るものはない。今新しいNetscapeになったのは、旧Netscape(ただしPropellerと改名)、そして今Propeller.comはライブ。 新しい旧Netscape/Properllerの見た目は以前の新Netscapeにそっくりだが、ロゴとURLは新しくなった。旧Netscapeが今は新Netscapeになって、以前の新Netscapeは旧新Netscapeになる。 ややこしいと思ったら、海賊のモノマネで言ってみるといい。 むこうに氷山… 続きを読む

  • Propeller、Netscapeによる新しいDiggクローン

    Propeller、Netscapeによる新しいDiggクローン

    AOLは、「Propeller.com」がNetscapeのソーシャルメディア実験の新しい場となる、と発表した。いったんは、「Diggキラーになるのでは」と見なされたサービスが、今ではAOL内のへき地扱いだ。 Tom Drapeauはブログの中で「新しいデスティネーション先の正式な公開を前にして、移行がスムーズに進むように舞台裏でけんめいに作業している」と述べている。もっとも、同サイトはまだ公開されていないし、相当するサイトも見当たらず、我々は結局スペアのドメインに行き当たり、それがDiggクローンに別れを告げるきっかけとなった。 Nets… 続きを読む