Proposition 22 / Prop 22(用語)

Proposition 22 / Prop 22に関する記事一覧

  • 「街の電動化」を目指すRevelが50台のテスラ車で全電動配車サービスを開始予定

    「街の電動化」を目指すRevelが50台のテスラ車で全電動配車サービスを開始予定

    かつては、方向性が定まらず、いろいろな形態の交通手段に場当たり的に手を出しているように思えたRevelだが、ニューヨーク市を手始めに、各都市に独自の電動化インフラを展開するという、計算された戦略がようやく見えてきた。これは、創設者でCEOのフランク・レイグ氏が当初から力強く宣言していたことだった。 続きを読む

  • UberがEUで「Prop 22」スタイルのギグワーク基準を求めロビー活動を展開

    UberがEUで「Prop 22」スタイルのギグワーク基準を求めロビー活動を展開

    Uberは、ギグワーカーの労働条件を改善する新しい規則が必要かどうか判断するためにギグプラットフォームの労働条件の精査に乗り出したEUの議員に接触している。配車サービスとオンデマンドのフードデリバリーの巨人は現地時間2月15日、白書を発表し、プラットフォーム業務の「新しい基準」と称するものに関して、欧州の政策立案者に対しロビー活動を展開している。 続きを読む

  • Postmatesの元グローバル公共ポリシー担当副社長が語るギグワーカーの将来

    Postmatesの元グローバル公共ポリシー担当副社長が語るギグワーカーの将来

    現在は「元」が付くPostmatesのグローバル公共ポリシーおよび戦略的コミュニケーション担当副社長であるビクラム・エイヤー氏は、元同僚たちと、ギグエコノミーの利害関係者たちに宛てて、この業界が次に必要としているものに関する彼の考えをまとめた意見書を送った。 続きを読む

  • カリフォルニア最高裁がギグワーカーを個人事業主に分類するProp 22を違憲とする訴訟を棄却

    カリフォルニア最高裁がギグワーカーを個人事業主に分類するProp 22を違憲とする訴訟を棄却

    カリフォルニア州最高裁判所は2月3日、同州のライドシェア・ドライバーのグループとService Employees International Union(国際サービス従業員労働組合)が提出した、提案22号を違憲とする訴訟を棄却した。 続きを読む

  • ギグワーカーと労働組合がギグワーカーを個人事業主に分類するProp22を州憲法違反として提訴

    ギグワーカーと労働組合がギグワーカーを個人事業主に分類するProp22を州憲法違反として提訴

    カリフォルニア州の配車サービスのドライバー団体と、サービス従業員国際連合(SEIU)は、米国時間1月12日、同州住民立法案Proposition 22を、カリフォルニア州の州憲法に違反するとして提訴した。この訴訟の目標は、カリフォルニア州のギグワーカーを個人事業主に分類することを決めたProp 22の撤廃だ。 続きを読む

  • Uberが「ギグワーカーは個人事業主」というカリフォルニアの住民立法を世界展開へ

    Uberが「ギグワーカーは個人事業主」というカリフォルニアの住民立法を世界展開へ

    先にカリフォルニア州で、ギグワーカーを個人事業主と分類し続けることを可能にする住民立法案の投票が行われ、その日のうちに承認される見通しとなった。これを受けてUberは同様の動きを引き続き展開する。ビジネスモデルを守る住民立法というUberの野心は舞台を世界へと移す。 続きを読む

  • カリフォルニア州でのギガワーカー法案通過を見込んでUberとLyftの株価が高騰

    カリフォルニア州でのギガワーカー法案通過を見込んでUberとLyftの株価が高騰

    米国ライドシェアリングの両巨人、UberとLyftの株価は本日11月4日午前の時間外取引で急騰した。カリフォルニア州の投票法案、Proposition(プロポジション)22の通過を見込んだ行動だ。同法案が成立すれば、テック利用のオンデマンド企業は、引き続きギグワーカーを個人事業主として分類できる。 続きを読む

  • 「ギグワーカーは個人事業主」の是非を問うカリフォルニア州住民投票で賛成多数

    「ギグワーカーは個人事業主」の是非を問うカリフォルニア州住民投票で賛成多数

    カリフォルニア州の住民立法案「Proposition) 22」を支持してきたUber、Lyft、Instacart、DoorDashは目的を達成しつつある。ギグワーカーは個人事業主という分類を継続させる住民立法案は承認される見通しとなった。 続きを読む