rackhub

  • Rackhubに見るリーンスタートアップの実践手法

    Rackhubに見るリーンスタートアップの実践手法

    エリック・リースのリーンスタートアップでは、構築(Build)-計測(Measure)-学習(Learn)というフィードバックループを、スタートアップにおける重要なサイクルだと位置づけている。具体的には、スタートアップが取る一つ一つの行動に対して、まずその行動によって期待できる効果を仮説として定義し、適切なデータを収集し、定義した効果が得られたかどうかをデータを基に検証するという一連のステップを何度も繰り返すことになる。 しかし、仮説の定義、データの収集、データの検証というそれぞれのステップを、実際に自分自身のサービスに適用するのは大変… 続きを読む