rackspace

  • Rackspaceが企業のSalesforce導入を助けるRelationEdgeを買収、アプリケーション管理の部門を充実へ

    Rackspaceが企業のSalesforce導入を助けるRelationEdgeを買収、アプリケーション管理の部門を充実へ

    Rackspaceが今日(米国時間5/17)、Salesforceの実装パートナーでデジタルエージェンシーのRelationEdgeを買収したことを発表した。価額など買収の条件は公表されていない。 Rackspaceは今でも多くの人が、ホスティングとマネージドクラウドサービスとIaaSの企業だと思っている。そしてRelationEdgeは、企業がSalesforceのSaaSを実装しようとするとき、それを支援し管理するサービスだ。しかしRackSpaceは近年、業態の多様化に努めており、各種SaaSアプリケーションの管理サービスもそのポ… 続きを読む

  • クラウドで出遅れたRackspaceがクラウドにやる気を見せてきたGoogleのCloud Platformに管理サービスを提供

    クラウドで出遅れたRackspaceがクラウドにやる気を見せてきたGoogleのCloud Platformに管理サービスを提供

    AWSを筆頭とする三強に押されてこのところ管理サービスに転身しつつあるRackspaceが今日(米国時間3/8)、その管理サービスのポートフォリオにGoogle Cloud Platformを加える、と発表した。これまで同社がサービスを提供してきたのは、Amazon Web Services, Microsoft Azure, およびOpenStackのクラウドを使おうとするクライアントたちだ。これからはGoogleとRackspaceの協働により、管理を伴うクラウドサービスが提供される。その立ち上げは今年後半とされているが、具体的な日程は不明だ。… 続きを読む

  • Microsoftが次世代型クラウドハードウェアの設計をオープンソース化…コミュニティのコラボレーションに期待

    Microsoftが次世代型クラウドハードウェアの設計をオープンソース化…コミュニティのコラボレーションに期待

    Microsoftが今日、同社の次世代型ハイパースケール(hyperscale, 自動スケーリング)クラウドハードウェアの設計をオープンソースにし、それをOpen Compute Project(OCP)に寄贈した。 Microsoftが2014年に参加したOCPには、Facebook, Google, Intel, IBM, Rackspaceなど、多くのクラウドベンダがいる。これまでの2年間で同社はすでに、サーバーやネットワーキング、データセンターなどの設計をいくつか寄贈している。 続きを読む

  • RackspaceがWebホスティング部門Cloud SitesをLiquid Webに売却

    RackspaceがWebホスティング部門Cloud SitesをLiquid Webに売却

    一週間あまり前からの噂では、Rackspaceが売りに出ているということだったが、しかし今日(米国時間8/8)の同社の発表によると、何もかも洗いざらい売るのではなく、Webホスティング部門のCloud SitesをLiquid Webに売る、という話だ。 Liquid Web自身が、クラウド上のWebホスティング企業だから、両社は相性抜群で、同社が買収によって事業を拡大しようとしているように見える。 続きを読む

  • Rackspaceが同社のプライベートクラウドの顧客のためのモニタリングツールとしてAppFormixを選ぶ

    Rackspaceが同社のプライベートクラウドの顧客のためのモニタリングツールとしてAppFormixを選ぶ

    Rackspaceが今日(米国時間4/25)、AppFormixとのパートナーシップを発表し、同社のOpenStackによるプライベートクラウドの顧客に、AppFormixのクラウドモニタリングとパフォーマンス最適化ツールを提供していくことになった。 このパートナーシップによりRackspaceはAppFormixのツールをライセンスし、Rackspaceを利用して自分たちのクラウドを管理しているプライベートクラウドの顧客全員に提供する。それによりR社の顧客はA社のリアルタイムモニタリング、アナリティクス、および最適化ツールにアクセスで… 続きを読む

  • OpenStackの第13リリースMitakaは大企業のプロダクションユースの増加に対応して管理性とユーザー体験に注力

    OpenStackの第13リリースMitakaは大企業のプロダクションユースの増加に対応して管理性とユーザー体験に注力

    OpenStack Foundationが今日(米国時間4/7)、そのオープンソースのエンタープライズクラウドプラットホームの13回目のリリース、Mitakaをローンチした。 多くの点でこの新しいリリースは、2010年にRackspaceとNASAから孵化したこのプロジェクトの、さらなる成長ぶりを見せている。重要な機能を新たにたくさん加えることよりも(今回も多いことは多いが)、焦点はこのプラットホームをクラウドの運用者にとって管理しやすくすることと、全体的なユーザー体験の改良に置かれている。 “焦点の置きどころを変えたのは、ほぼ… 続きを読む

  • ハードウェアからソフトウェアまで、企業のOpenStackプライベートクラウド導入と管理のすべてを支える「おまかせ」サービスをRackspaceがローンチ

    ハードウェアからソフトウェアまで、企業のOpenStackプライベートクラウド導入と管理のすべてを支える「おまかせ」サービスをRackspaceがローンチ

    RackspaceはNASAと共に、オープンソースのクラウドコンピューティングプラットホームプロジェクトOpenStackの創始者であり、また同社は長年、OpenStackのプライベートなデプロイメントを管理するサービスを企業に提供してきた。しかしそのためには企業ユーザーは、ハードウェアのインフラストラクチャを自前で構築する必要があり、かなりの初期コストを要した。 しかし今日(米国時間4/7)からは、OpenStackでプライベートクラウドを構築したいと考えているエンタープライズ(大企業)や中小企業はRackspaceに、ハードウェアか… 続きを読む

  • 高価なGPUやFPGAなど特殊ハードウェアをクラウド上で安価に利用できるBitfusionのCloud Adaptorサービス

    高価なGPUやFPGAなど特殊ハードウェアをクラウド上で安価に利用できるBitfusionのCloud Adaptorサービス

    今年の本誌主催TechCrunch Disrupt NYのStartup BattlefieldでデビューしたBitfusionは、アプリケーションが高性能なハードウェアの上で走る場合、ジェネリックで平凡なコードを実行させず、そのハードウェアの性能をフルに使って動けるようにする。デスクトップの場合はもちろんだが、これからは、特殊で高性能なコンピューティングクラウド(“スーパークラウド”)上でもそれができる。 同社の最初のプロダクトBoostは、ライブラリをマシンのハードウェアに合わせて最適化することによって、既存のアプ… 続きを読む

  • コンテナ化したアプリケーションがベアメタル級の速さで動くクラウドホスティングサービスCarinaをRackspaceが立ち上げ

    コンテナ化したアプリケーションがベアメタル級の速さで動くクラウドホスティングサービスCarinaをRackspaceが立ち上げ

    Rackspaceが最近ますます、コンテナに深入りしてきた。その同社が今日(米国時間10/27)、コンテナサービスCarinaのベータローンチを発表した。Carinaは完全な管理サービスを伴うコンテナ環境で、ベアメタルのパフォーマンスを提供するとともに、デベロッパがローカルに使い慣れていたDockerツールをすべて提供する。 続きを読む

  • OpenStack Foundationがクラウドアドミンの資格認定事業を発表、分かりやすい構造理解のため視覚化ツールをローンチ

    OpenStack Foundationがクラウドアドミンの資格認定事業を発表、分かりやすい構造理解のため視覚化ツールをローンチ

    二年に一度行われるOpenStack Foundationのカンファレンスで、OpenStackによるクラウドを管理するアドミンの資格認定プログラムが発表された。 OpenStackは多くのサブプロジェクトで構成されているので相当複雑であり、このソフトウェアフレームワークを使ってクラウドを構築しようとする企業にとってはとくに、有能なアドミニストレータを見つけるのが難しい。 数年前に当Foundationは教育訓練のマーケットプレースを立ち上げ、そこにRedHat、MirantisなどのベンダやLinux Foundationのような団体が提供… 続きを読む

  • OpenStackクラウド設営サービスのAnsibleがCiscoやCSC、HP、Rackspaceなどとパートナーして大幅アップデート

    OpenStackクラウド設営サービスのAnsibleがCiscoやCSC、HP、Rackspaceなどとパートナーして大幅アップデート

    IT自動化サービスAnsibleが今日(米国時間5/18)、HPやRackSpace、CSC、Ciscoおよびオープンソースのコミュニティとパートナーシップして、OpenStackによるクラウドの展開と管理を容易化するサービスを提供して行く、と発表した。 オープンソースのクラウドコンピューティングプラットホームOpenStackは、今やきわめて強力だが、その実装と展開はきわめて容易とは言いがたい。このプラットホームは構成部位の数が多くて、それらをシームレスにまとめて構成するのが難しい。AnsibleはOpenStackクラウドの管理サー… 続きを読む

  • 寿命の短い第二鍵によるクラウド認証を提供するScaleFTがシードで$800Kを調達

    寿命の短い第二鍵によるクラウド認証を提供するScaleFTがシードで$800Kを調達

    Rackspaceの元役員や技術者たちが始めたDevOpsサービスScaleFTが今日(米国時間5/11)、本家Rackspaceからの戦略的投資として80万ドルのシード資金を獲得した、と発表した。この投資ラウンドには、CoreOSのCEO Alex Polviなど、数名のエンジェル投資家も参加した。なお、PolviはRackspaceの出身だ。 続きを読む

  • AmazonのAWS re:Invent会場周辺でIBMとRackspaceが大型バスや女の子集団で(むなしい)対抗キャンペーン

    AmazonのAWS re:Invent会場周辺でIBMとRackspaceが大型バスや女の子集団で(むなしい)対抗キャンペーン

    Amazon Web Services(AWS)は競合他社にとってますます難攻不落の強敵になりつつある。今週行われたAWSのデベロッパカンファレンスre:Inventで、IBMやRackspaceも会場周辺で存在を誇示していたが、それらを見てもAWSとの落差の大きさをあらためて痛感してしまう。 先週IBMは、AWSよりも優れていると主張する広告で叩かれた。その広告はIBMを哀れっぽく見せ、むしろAmazonを一層有利にしたようだ。Amazonは、競争者をけなすことよりも、顧客に奉仕することが重要、と反撃したのだ。 続きを読む

  • Amazon Web Services(AWS)がNode.jsによるSDK/オブジェクトライブラリを提供

    Amazon Web Services(AWS)がNode.jsによるSDK/オブジェクトライブラリを提供

    Node.jsは今や、アプリケーションを開発するとき誰もが使っている。それはサーバサイドのJavaScriptだ。比較的おぼえやすいので、とても人気がある。今回はAmazon Web Services(AWS)が、Node.jsによるSDKをリリースし一般公開した。 あるブログ記事によると、AWSは12月のプレビューリリース以降、さらに機能を増強した。新しい機能は、バウンドパラメータ、ストリーム、EC2インスタンスのIAM roles、バージョンロッキング、プロキシなどだ。AWSによると、このSDKはAWSのサービス(Amazon S3, Ama… 続きを読む

  • 珍しく初期段階で却下された特許訴訟: 数学的アルゴリズムは特許を取れないと

    珍しく初期段階で却下された特許訴訟: 数学的アルゴリズムは特許を取れないと

    連邦判事がRackspaceに対する特許侵害訴訟を却下し、数学的アルゴリズムは特許の対象にならない、と裁定した。東部地区(Eastern Disrict)におけるこの裁定は、2012年にUniloc USAが行った告訴に対するもので、その訴えは、Linuxオペレーティングシステムによる浮動小数点数の処理は特許の侵犯であると主張していた。 首席判事Leonard Davisはこの裁定の根拠を、数学的アルゴリズムの特許取得を禁じている合衆国最高裁の判例法としている。Rackspaceによれば、これは、テキサス州の東部地区連邦地裁が、特許を取得でき… 続きを読む

  • ベールに包まれたAWS(Amazon Web Services)の業績実態, 今週は初のカンファレンスも

    ベールに包まれたAWS(Amazon Web Services)の業績実態, 今週は初のカンファレンスも

    Amazon Web Services(AWS)の今年の売上は15億ドルに達する見込みだが、しかし全体としてこの部門は、Amazon.comの中核的資産としては依然過小評価されている。だが、それも今週を境に変わるかもしれない。今週AWSは、初のカンファレンスをラスヴェガスで開催するのだ。このイベントは、AWSへの世間の関心をあらためて高めるだろう。何と言ってもAWSはこれまで、ITとエンタプライズソフトウェアの市場にもっとも重要な影響を与えてきたクラウドベンダなのだから。 Investor’s Business Daily(IBD)… 続きを読む

  • ホスティングサービスDreamhostがOpenStackによるパブリッククラウドDreamComputeを立ち上げ

    ホスティングサービスDreamhostがOpenStackによるパブリッククラウドDreamComputeを立ち上げ

    ホスティングサービスDreamhostが、オープンなクラウドインフラOpenStackを使ったパブリッククラウドサービスDreamComputeを作った。この新しいIaaSは、オープンな製品と商用製品の両方にまたがる幅広い選択肢を顧客に与え、連邦型*で普遍的なクラウドの、市場における将来性を示すものだ。〔*: 連邦型, federated, federation, 単一ベンダ単一システムの反対、複数のクラウドを統合的に使う・使えること。もちろん標準性・互換性がカギ。〕 Dreamhostは長年のホスティングサービスプロバイダだが、ここ数年はOp… 続きを読む

  • GitHubをホストしたら特許侵害?, Rackspaceが特許訴訟の常連企業に訴えられる

    GitHubをホストしたら特許侵害?, Rackspaceが特許訴訟の常連企業に訴えられる

    【抄訳】 PersonalWebとLevel 3 Communicationsが、RackspaceがGitHubをホストしていることを特許侵害として訴えた。アップデート: PersonalWebにはGoogleやFacebookやAppleなどの大型テクノロジ企業を訴えた履歴がある。 アップデート: Rackspaceはこのように応じている。 PersonalWebが、この訴訟の第一原告だ。 Brilliant Digital Entertainmentの子会社であるKinetechは、昨年9月にPersonalWeb Technologiesを買収した… 続きを読む

  • 分散ストレージCephが誰でも使えるストレージサービスDreamObjectsから提供開始

    分散ストレージCephが誰でも使えるストレージサービスDreamObjectsから提供開始

    始まりはAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)だった。そして、それは良かった。そのすぐ後にRackspace Cloud Filesが登場した。そして、それも良かった。そして今日(米国時間9/5)はDreamHostが、同社のクラウドストレージソリューションDreamObjectsを発表して、ホステッドストレージ(hosted storage, どこかでホスティングされるストレージサービス)の選択肢をまた一つ増やした。 DreamObjectsのストレージはCephを使用する。それはDreamHostの協同フ… 続きを読む

  • “AWSこけたらみなこける”の打開策としてAppFogとRackspaceがマルチクラウドPaaSを準備

    “AWSこけたらみなこける”の打開策としてAppFogとRackspaceがマルチクラウドPaaSを準備

    Amazon Web Servicesが2011年4月と2012年6月にダウンしたとき、多くのユーザが困り果てた。理屈としては、アプリケーションをAWSの別のリージョンや、あるいはまったく別のクラウドプロバイダに移せばいいのだが、それはけっこうたいへんな作業になる。たとえばAWSのリージョンは、それぞれサポートしている機能が少しずつ違ったりする。 しかし実際のところ、ダウンタイムのない完全無欠なクラウドプロバイダは存在しない。それどころか多くの場合、自分の会社のオンプレミスのアプリケーションよりはダウンタイムが少ないだろう。しかし、復旧をの… 続きを読む