Radiation

  • 携帯電話/スマートフォンを体に近づけてはいけない、とカリフォルニア州公衆衛生局が警告

    携帯電話/スマートフォンを体に近づけてはいけない、とカリフォルニア州公衆衛生局が警告

    カリフォルニア州公衆衛生局(California Department of Public Health, CDPH)が今週、携帯電話からの電磁波放射の危険性に関する警報を発令した。そう、今や私たち全員が中毒になっていて、手放すことができないと思われているあれから、電磁波が漏れているので、カリフォルニア州は安全のためのガイダンスを発表したのだ。 続きを読む

  • $25Mを投じた2年間の研究で携帯電話が発する電磁波と雄のラットの発癌に正の相関が見つかる

    $25Mを投じた2年間の研究で携帯電話が発する電磁波と雄のラットの発癌に正の相関が見つかる

    【抄訳】 国による大規模な毒物研究事業National Toxicology Program(NTP)が、携帯電話などが発している電磁波への被曝とラットの発癌とのあいだに、わずかながら正の相関があることを発見した。ただしそれは、雄の個体のみだった。 ピアレビュー(同僚審査)を伴うこの2年間の研究は、何千匹ものラットに2年間毎日、一定量の電磁波を照射した。電磁波をまったく当てないコントロールグループも、同期間養育した。被曝したラットの2ないし3%が脳に神経膠腫を生じ、1ないし6%が心臓に神経鞘腫を発現した。 続きを読む

  • 箱(パッケージ)に入ったままの食品の放射能を12秒で検出–日本の富士電機が新装置を開発

    箱(パッケージ)に入ったままの食品の放射能を12秒で検出–日本の富士電機が新装置を開発

    3月11日に日本を襲った地震と津波の災害から5か月経った今でも、この国には食品の放射能汚染への不安がある。このたび東京のFuji Electric(富士電機)は、魚、肉、果物、野菜などの食品中の放射能をわずか12秒で検出する装置を開発した。 同社によれば、これまでの同種製品は検出に通常数十分を要したが、同社の今回の製品では食品サンプルを細かく刻む必要もない。むしろ同装置は、ボール紙の箱に入ったままの食品約200箱を、60分でチェックできる。箱から食品を取り出したり、切ったりする必要はない。 続きを読む