Recent Funding

  • 一般消費者向け完全菜食製品のKenckoが3.6億円超を調達

    一般消費者向け完全菜食製品のKenckoが3.6億円超を調達

    Froes氏は、急性胃炎になったあとにヴィーガン(vegan, 完全菜食主義者)になった。90%が果物と野菜、という食事療法で薬に頼らずに治ったあと2017年に、起業する気になった。 続きを読む

  • データウェアハウスOSを提供するDataformが2億円超を調達

    データウェアハウスOSを提供するDataformが2億円超を調達

    データをマイニングしてインサイトやビジネスインテリジェンスを取り出すことは、通常ならデータエンジニアとアナリストのチームを必要とする。Dataformはそのタスクを単純化して企業がもっと高速かつ安価にそれができるようにし、データの有効利用を可能にする。 続きを読む

  • AIや機械学習の企業導入を助けるスタートアップがエリック・シュミットなどから5.7億円調達

    AIや機械学習の企業導入を助けるスタートアップがエリック・シュミットなどから5.7億円調達

    RealityEngines.AIは、525万ドル(約5.7億円)のシードラウンドを発表した。同社は、不完全なデータしかなくても、企業がAIをうまく使えるように手助けするスタートアップ。 続きを読む

  • 世界を飢えから救う農業技術コンペの初受賞者決まる

    世界を飢えから救う農業技術コンペの初受賞者決まる

    世界の食糧危機を解決するイノベーションを懸賞付きコンペで募集している財団FoodShot Globalが、そのコンペInnovating Soil 3.0の初回の受賞者を決定した。 続きを読む

  • 腸内細菌の正常化で病気を治すWhole Biomeが2型糖尿病向け製品をリリース

    腸内細菌の正常化で病気を治すWhole Biomeが2型糖尿病向け製品をリリース

    今は人類の歴史の上で、今しかないと言えるほどの希少かつ貴重な時期だ。そこではマイクロバイオームが最先端のテクノロジーおよび生物情報科学(バイオインフォマティクス)と合体して、まったく新しい分野の革新的な健康産業が生まれようとしている。 続きを読む

  • 単眼のカメラから3D画像情報を取り出す次世代3Dセンサー

    単眼のカメラから3D画像情報を取り出す次世代3Dセンサー

    テルアビブのMultiVuは、1つのセンサーとディープラーニングを組み合わせた新しい画像技術を開発している。 続きを読む

  • AR用ディスプレイのメーカーがサムスンとナイアンティックから追加資金調達

    AR用ディスプレイのメーカーがサムスンとナイアンティックから追加資金調達

    AR画像用に別のハードウェアを必要とする方式は使いづらいから、この導光板方式はARにとって理想的だ。 続きを読む

  • GoogleのAI専門VCが機械学習のモデル開発を助けるLabelboxに投資

    GoogleのAI専門VCが機械学習のモデル開発を助けるLabelboxに投資

    Labelboxは機械学習を製造業、運輸交通業、ヘルスケアなどさまざまな分野にわたって産業化していける位置にいる。 続きを読む

  • 安心して犬を飼うための良質な人間関係を構築するGood Dog

    安心して犬を飼うための良質な人間関係を構築するGood Dog

    我々のミッションはいい人といい提供者を結びつけて、悪い人たちを減らすことだ。ペット業界はとっくに破綻しているから、このような人と人を結ぶ仲人業によって無責任な提供者を減らしていけるだろう。 続きを読む

  • Salesforce Ventures初のハードウェア投資先はエンタープライズドローンのKespry

    Salesforce Ventures初のハードウェア投資先はエンタープライズドローンのKespry

    Salesforceのツールを使って保険請求査定官を現場に送り込むが、彼らは今度はKespryのサービスを利用してドローンを飛ばし、家の屋根がどれぐらい壊れているかなどを調べる。 続きを読む