再生可能エネルギー(用語)

再生可能エネルギーに関連する記事一覧

  • みんな電力がブロックチェーン電力取引とトレーサビリティで特許取得、現在はStellarを採用

    みんな電力がブロックチェーン電力取引とトレーサビリティで特許取得、現在はStellarを採用

    電気生産者や空気の「顔の見える化」プラットフォームを提供するみんな電力が7月2日、ブロックチェーン電力取引およびトレーサビリティシステムに関する特許に関する発表を行った。3件の申請のうち2件の特許権を取得。残る1件については特許審査を終了し、設定登録待ちとしている。 続きを読む

  • ドローンパイロットを提供するDroneBaseが約8億円調達、再生可能エネルギー企業との連携狙う

    ドローンパイロットを提供するDroneBaseが約8億円調達、再生可能エネルギー企業との連携狙う

    ロサンゼルス拠点で、産業サービス企業向けにドローンパイロットを提供しているDroneBase(ドローンベース)が、再生可能エネルギー企業との仕事を倍増させるため、新型コロナウイルスが蔓延する最中に750万ドル(約8億円)を調達した。 続きを読む

  • 財務分析を応用して企業の炭素排出量削減を助けるYC卒のSINAI

    財務分析を応用して企業の炭素排出量削減を助けるYC卒のSINAI

    企業にとって、気候変動と戦うための第一歩は、自分たちがそれにどれだけ貢献しているかを知ることだ。Y Combinatorを最近卒業したSINAI Technologiesは、その理解を助けてくれる企業だ。 続きを読む

  • Googleは新たに18の再生可能エネルギー関連の契約を発表

    Googleは新たに18の再生可能エネルギー関連の契約を発表

    グーグルは、これまでで最大となる再生可能エネルギー購入の契約パッケージを発表した。合計で1600MWにも達するもので、米国、チリ、ヨーロッパにおける18件の契約にまたがる。この結果、同社の再生可能エネルギーの購入量は約5500MWに達する。 続きを読む

  • 人が歩くと電力が生まれるPavegenがクラファンで3億円超獲得

    人が歩くと電力が生まれるPavegenがクラファンで3億円超獲得

    人の歩行からエネルギーを取り出し、そのデータも集める英国のPavegenが、クラウドファンディングで目標額95万ポンド(約1億3000万円)に対し、それを大きく上回る260万ポンド(約3億5500万円)を調達した。 続きを読む

  • 都市問題に挑戦するスタートアップを育てるアクセラレーターが7社を選定

    都市問題に挑戦するスタートアップを育てるアクセラレーターが7社を選定

    世界の都市問題を解決するスタートアップを育てることを目的とするアクセラレーターUrban-Xが、その第6次の育成グループとして7社を選んだ。 続きを読む

  • Amazon、2030年までに出荷の50%をカーボンニュートラルにすると宣言

    Amazon、2030年までに出荷の50%をカーボンニュートラルにすると宣言

    最近Greenpeaceが発行した “dirty cloud”に関する報告書から目をそらすためだろうか、今日(米国時間2/17)午前Amazonは環境に関する新たな決意として、二酸化炭素排出量削減計画を発表した。 続きを読む

  • Googleが台湾でクリーンエネルギープロジェクトを開始、アジアでは初

    Googleが台湾でクリーンエネルギープロジェクトを開始、アジアでは初

    Googleが、アジアで最初のクリーンエネルギープロジェクトを立ち上げた 。 続きを読む

  • 野菜のように、顔の見える生産者から電気を買う「みんな電力」が11.8億円調達

    野菜のように、顔の見える生産者から電気を買う「みんな電力」が11.8億円調達

    「顔の見える電力プラットフォーム」を提供するみんな電力は1月21日、シリーズBラウンドにおいてTBSイノベーション・パートナーズなどから11億8000万円を調達したと発表した。 続きを読む

  • 機械学習を使用して米国全体のソーラーパネルをマッピングする

    機械学習を使用して米国全体のソーラーパネルをマッピングする

    ソーラーパネルは一般に光に晒されたときにもっとも良く働く。しかも、パネルを衛星軌道上から発見して数えることが容易になる。これこそが、DeepSolarプロジェクトが行っていることだ。 続きを読む

  • Facebook、アジア地域初となるデータセンターを構築予定

    Facebook、アジア地域初となるデータセンターを構築予定

    Facebookが、初めてアジアにデータセンターを構築する。Facebookのアナウンスによれば、シンガポールに11階建てを建築する予定であるとのこと。サービスパフォーマンスおよび効率性の向上を狙ってのことだとのこと。費用はシンガポールドルで14億ドル見込みで、米ドルにすると10億ドル程度となる。 続きを読む

  • Facebook、2020年までに全世界事業の100%再生可能エネルギー化を誓約

    Facebook、2020年までに全世界事業の100%再生可能エネルギー化を誓約

    本日(米国時間8/28)Facebookは、温室効果ガスを75%削減し、2020年までに全世界の運用に100%再生可能エネルギーを使用することを宣言した。 続きを読む

  • Samsungが再生可能エネルギー採用の推進を発表

    Samsungが再生可能エネルギー採用の推進を発表

    Samsungは、米国、ヨーロッパ、そして中国にあるすべての工場とオフィスに、再生可能エネルギーを100%使用すると発表した。Samsungが、再生可能エネルギーに対する取り組みを公に宣言したのはこれが初めてである。 グリーンピースと環境保護活動家たちが、Samsungに対して、多くのハイテク企業は既に再生可能エネルギーへの転換を開始していると何ヶ月もの間呼びかけていた。 Samsungは、自社の建物、工場、そして事務所など、自分自身でより簡単に管理できる部分から取り組み始めている。グリーンピースのプレスリリースによれば、その38の建物の… 続きを読む

  • SoftBank Groupとサウジアラビアが世界最大の太陽光発電所に2000億ドルを投資する

    SoftBank Groupとサウジアラビアが世界最大の太陽光発電所に2000億ドルを投資する

    金額規模数十億ドルという派手な投資の数々で知名度を上げたSoftBank Group Corp.については、本誌TechCrunchもそのVision Fundや、UberとDidiへの投資などを取り上げてきたが、今回は総工費2000億ドルの太陽光発電所を建設するための、サウジアラビアとの基本合意書に署名した。2030年には200ギガワットの最大発電能力に達すると予想されているその太陽光発電所は、この種類の発電所としてはこれまでで世界最大規模となる。 続きを読む

  • Microsoft、GEが新設したアイルランド風力発電所の全電力を15年間分購入

    Microsoft、GEが新設したアイルランド風力発電所の全電力を15年間分購入

    Microsoftは本日(米国時間10/9)、General Electric(以下、GE)がアイルランドのケリー州に新設したTullahennel風力発電所の37メガワットの全電力を、15年間購入する契約を締結した。 これは、いくつかの点において重要な出来事だ。まず第一に、これはアイルランドにあるクラウドデータセンターの少なくとも一部の電力供給に、Microsoftがクリーンエネルギーを使用することを意味する。これにより、Microsoftは電力コストを削減し、クラウドサービスの運営に伴う環境汚染を軽減できる可能性がある。 だが、これはデ… 続きを読む

  • TeslaとGEが全米50のHome Depotsのルーフトップに太陽光発電設備を設置中

    TeslaとGEが全米50のHome Depotsのルーフトップに太陽光発電設備を設置中

    Teslaのエネルギー部門は、米国内の50のHome Depot(米国では有名なホームセンターのような店舗)のある場所に太陽光発電システムを設置しようとGEのCurrentと協力している。この設置事業は、Home Depotによる店舗電力の更なるクリーン化の一環として行われているものだ。Bloombergによれば、2020年までに、それらの設置場所から135メガワットのクリーンエネルギーを得ることが目標だ。 続きを読む

  • AlphabetのXラボがエネルギー蓄積プラント開発中――塩と不凍液でタービン駆動

    AlphabetのXラボがエネルギー蓄積プラント開発中――塩と不凍液でタービン駆動

    再生可能エネルギーに関しては経済的な蓄積の方法が大きな課題となっている。これについてはTeslaやトヨタなど多くの企業が解決を試みている。ここにAlphabet Xラボ(以前のGoogle Xラボ)が参入した。 XラボのMaltaプロジェクトは商用電力網に利用できるスケールでの電力蓄積プラントの実現を目指す。 続きを読む

  • Teslaのカウアイ島ソーラー設備は、この会社の未来像を垣間見せる

    Teslaのカウアイ島ソーラー設備は、この会社の未来像を垣間見せる

    Teslaによるハワイ州カウアイ島へのソーラー設備の設置は、単なる製品のローンチではない。TeslaによるSolarCityの買収が単なる賢い選択ではなく、実際に必要なものだったことを証明する最初のものだ。 必要なものだったという理由は、それがTeslaによる、ソーラーエネルギー(並びに他の再生可能エネルギー)の実用化と、陽射しの強い場所だけではなく、あらゆる場所でコスト効率のよい発電を可能にしたい、という壮大なビジョンを助けることになるからだ。 続きを読む

  • Greenpeaceがクリーンエネルギー調査でApple、Facebook、Googleを称賛

    Greenpeaceがクリーンエネルギー調査でApple、Facebook、Googleを称賛

    環境団体のGreenpeaceが発行した最新のレポートの中で、Appleが3年連続で世界で最もグリーンな企業に選ばれた。「Clicking Clean: Who is Winning the Race to Build a Green Internet(クリーンにクリック:グリーンインターネット設立に向けた競争に勝つのは誰だ)」と題された本レポートで、Appleは他社をリードしクリーンエネルギー指数83%、総合評価Aというを記録を残した。 FacebookとGoogleも健闘しており、それぞれのクリーンエネルギー指数は67%と56%だった。データセンターのS… 続きを読む

  • Google、来年には再生可能エネルギー100%を達成すると発表

    Google、来年には再生可能エネルギー100%を達成すると発表

    多くのテクノロジー企業にとってデータセンターその他の電力のグリーンエネルギー化は重要な目標だ。ここで世界最大のテクノロジー企業の一つ、Googleが2017中にGoogleが世界で利用する電力を再生可能エネルギー100%とすると発表した。Googleはこの対象にはデータセンターだけでなく、オフィスで消費される電力も含むとしている。 Googleはどうやってこれを達成するのだろうか? 同社が再生可能エネルギーに大規模に直接投資を始めたのは2010年にまでさかのぼる。 続きを読む