賃貸(用語)

賃貸に関する記事一覧

  • 同じ集合住宅に住む人のための超ローカルなソーシャルネットワークを構築するOneRoof

    同じ集合住宅に住む人のための超ローカルなソーシャルネットワークを構築するOneRoof

    都市部の賃貸市場が回復し、人々が都市に戻ってくると、ロックダウンが開けた生活の新たな活気を受け入れようとしているコミュニティの中で、人々は再びたくさんの新たな隣人に囲まれることになる。 続きを読む

  • 家賃支払いを代行、借り手に支払いの柔軟性をもたらすJettyが約25億円調達

    家賃支払いを代行、借り手に支払いの柔軟性をもたらすJettyが約25億円調達

    ニューヨークを拠点とする従業員100名のJettyは、消費者がオンラインや店頭で利用する機会が増えている「今買って、後で払う」(BNPL)モデルに似たサービスを提供することで、賃借人が家賃を滞納しないようにする方法を考え出した。 続きを読む

  • モバイルアプリでアパートの住人を安全・効率的につなげるSugarが約2.7億円のシード資金を調達

    モバイルアプリでアパートの住人を安全・効率的につなげるSugarが約2.7億円のシード資金を調達

    マリ出身のファティマ・ディッコ氏は、2020年3月にロサンゼルスを拠点とするSugarを設立した。新型コロナウイルスのパンデミックにより人々が隔離されるようになると、ディッコ氏は、アパートや住宅地に住む人々が「安全かつ効率的な方法でお互いが交流する」のを容易にする手助けをする機会があると考えた。 続きを読む

  • アルゴリズムを利用して賃貸住宅の特定や管理を支援し大家の頭痛を解消するKnox Financialが10.8億円調達

    アルゴリズムを利用して賃貸住宅の特定や管理を支援し大家の頭痛を解消するKnox Financialが10.8億円調達

    賃貸物件を所有して収入を得る方法を表す「受動的所得」という言葉は、誰もが知っているだろう。受動的に収入が得られたらいいなと思うアメリカ人は多いが、大家になるための手続きは恐ろしいほどに厄介で複雑なものだ。つまり、土地を売った途端に地価が上がって、売ったことを後悔する人がどれほど多いことか、という話だ。 続きを読む

  • 不動産DXのWealthParkが25億円調達、オルタナティブ投資のプラットフォーム目指す

    不動産DXのWealthParkが25億円調達、オルタナティブ投資のプラットフォーム目指す

    株式や仮想通貨を運用する人にとって、アプリやウェブで資産管理をすることは、いまや常識となった。しかし現在、不動産オーナーの多くは「紙」で資産管理を行っている。この状況を変えようとするスタートアップがWealthParkだ。2021年3月22日、WealthParkはJICベンチャー・グロース・インベストメンツから25億円を調達したと発表した。 続きを読む

  • フリーランスの「借りられない」問題の解決目指すアプリ「smeta(スメタ)」

    フリーランスの「借りられない」問題の解決目指すアプリ「smeta(スメタ)」

    フリーランスは、会社員と比較すると賃貸契約が難しい場合があるなど「自由」の代償は決して小さくない。REASEが運営するアプリsmeta(スメタ)はこのような課題の解決を目指す。フリーランスに加え、スタートアップ起業家や高齢者、外国人などに特化して与信を行い、スムーズな賃貸契約をサポートする。 続きを読む

  • 民泊や短期賃貸物件の共有データベース「nimomin」が正式リリース

    民泊や短期賃貸物件の共有データベース「nimomin」が正式リリース

    民泊運営管理ソフトウェア「m2m Systems」などを展開するmatsuri technologiesは3月11日、民泊業界向けの物件共有データベース「nimomin」を本日より正式リリースすると発表した 続きを読む

  • Airbnbに関する新しい調査が示す、ニューヨーク市の賃貸事情に対する芳しくない影響

    Airbnbに関する新しい調査が示す、ニューヨーク市の賃貸事情に対する芳しくない影響

    自分の住む都市をよく知るものにとっては、Aitbnbの爆発的な人気によって巻き起こった短期賃貸ブームが、色々な影響を及ぼしていることに気がつくことはたやすい。正確には何が変化しているのか、どれほどの速さで手に負えなさが進んでいるのかを見てみよう。ニューヨークでは、それらの影響によって、Airbnbと市の規制当局との間に、何が本当に都市のためになることなのかを巡って、何年にもわたる係争が続いている。その賃貸業界への深い関与は、ただ火に油を注いでいる。 McGill Urban PlanningのDavid Wachsmuth教授が行った新しい調… 続きを読む

  • CozyがシリーズBで850万ドルを調達、借主と不動産管理会社のやりとりを簡素化

    CozyがシリーズBで850万ドルを調達、借主と不動産管理会社のやりとりを簡素化

    不動産管理会社と借主のやりとりを効率化するプラットフォームを提供しているCozyは、本日(米国時間8月30日)850万ドルのシリーズBをクローズした。American Family Venturesがリードインベスターとなった今回のラウンドには、Social CapitalやGeneral Catalystのほか、2012年に行われた同社の150万ドルにおよぶシリーズAに参加した全ての投資家が再度参加していた。 私たちの家が日に日に”スマート化”していく中、住宅の賃貸手法はスマートと呼ぶには程遠い。多くの不動産管理会社は… 続きを読む

  • Naborlyは、家主のためにテナントを自動的に評価してくれるサービス

    Naborlyは、家主のためにテナントを自動的に評価してくれるサービス

    想像してみてほしい。あなたはサンフランシスコにいい物件を持っていて、善良な人々にあまり高くない家賃で貸したいと思っている。果たして新しいテナントが一文なしの怠け者でないことをどうすれば確認できるだろうか?Naborlyには、アイデアがあるらしい。 続きを読む

  • ルームメイト探しアプリのRoomi、400万ドルを調達

    ルームメイト探しアプリのRoomi、400万ドルを調達

    一見したところ、Roomiはこれまでにもあった賃貸物件アプリと同じように見える。しかし、1つ違うのは掲載されている住宅にはすべて借り手がいるという点だ。 Craigslistの競合となるRoomiは、筋トレが趣味、パーティー好き、などの個性に応じてユーザーにより適したルームメイトを探せると考えている。また、アプリはFacebookと同期しており、同居者候補の様子を窺うことができる。 続きを読む