レビュー(用語)

レビュー記事一覧

  • 【レビュー】GMの最先端技術を戦略的な価格で実現したシボレー・ボルトEUV、「スーパークルーズ」追加でテスラModel Yと互角に

    【レビュー】GMの最先端技術を戦略的な価格で実現したシボレー・ボルトEUV、「スーパークルーズ」追加でテスラModel Yと互角に

    2022年型シボレー・ボルトEUVは、シボレー・ボルトEVよりもわずかに長くて大きく見えるが、その少し角ばった車体には数多くの最先端技術が手の届く価格で詰め込まれている。シボレー・ボルトEUVと、オプションで追加できる先進運転支援システム(ADAS)の発表により、GMはADASと電気自動車を大衆の手が届く価格で提供する自動車メーカーになる。 続きを読む

  • あらゆるテクノロジーが詰め込まれたメルセデス・ベンツEQS 2022年モデル、350ものセンサーで実現された数々の新機能

    あらゆるテクノロジーが詰め込まれたメルセデス・ベンツEQS 2022年モデル、350ものセンサーで実現された数々の新機能

    Mercedes-Benzは、数週間かけてじらし広告、発表、生産開始前の試乗イベントを重ねた後、ついに米国時間4月15日、カモフラージュを取り去り、テクノロジーを詰め込んだフラッグシップ超高級セダンEQS(メルセデスSクラスの電気自動車版)を公開した。 続きを読む

  • 【レビュー】2022年のメルセデス・ベンツEQSはラグジュアリーEVの未来に賭ける、ただし賭金は高い

    【レビュー】2022年のメルセデス・ベンツEQSはラグジュアリーEVの未来に賭ける、ただし賭金は高い

    2022年に発売予定のMercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)EQSを1日試乗して過ごし、このドイツの自動車メーカーが、電動化に数十億ドル(数千億円)を投じて成し遂げたことの詳細を間近で見ることができた。EQSは、メルセデスがEVで将来何を提供できるか、そしてその先のさらなる可能性を米国の消費者に示そうとしている。大きな賭けだが、同社は北米でのEQSの展開が成功すると見込んでいる。 続きを読む

  • 【レビュー】アップルの最新位置情報デバイスAirTagの第一印象

    【レビュー】アップルの最新位置情報デバイスAirTagの第一印象

    Apple(アップル)の新しい位置情報デバイスAirTag(エアタグ)を、手に入れてから数時間使っているが、ほぼ宣伝文句通りに動作しているようだ。 続きを読む

  • 【レビュー】レーダーで睡眠をトラッキングする7インチの第2世代Google Nest Hub、やっとSoliの良い使い道が見つかった

    【レビュー】レーダーで睡眠をトラッキングする7インチの第2世代Google Nest Hub、やっとSoliの良い使い道が見つかった

    Nest Home Hubは、初期バージョンがリリースされて2年半になるが、今でも市場に出ている製品の中では筆者のお気に入りのスマートスクリーンの1つだ。これは、このカテゴリーの製品の改善率が悪いということかもしれないし、Googleが最初からかなりしっかりとした製品を作ったということかもしれない。堅牢だがシンプルな素材でできた筐体の外観は市場でもトップクラスだ。 続きを読む

  • 【レビュー】Sonos Roamはほぼ完璧なポータブルスピーカー

    【レビュー】Sonos Roamはほぼ完璧なポータブルスピーカー

    Sonos(ソノス)が3月に発表した新型スピーカーは、様々な点において同社のこれまでの製品とは大きく異なる。米国では4月20に発売される(日本では2021年夏に発売予定)この「Sonos Roam(ソノス・ローム)」は、内蔵バッテリーとBluetooth接続を備えたコンパクトなポータブルスピーカーだが、無線LANストリーミング、マルチルーム機能、音声アシスタントのサポート、そして驚くほど優れた音質を備え、Sonosシステムの一員であることに変わりはない。 続きを読む

  • 2021年フォルクスワーゲンID.4はただ1点を除けばかなりいい仕上がり、高度な技術と長い航続距離を手が届く価格で実現

    2021年フォルクスワーゲンID.4はただ1点を除けばかなりいい仕上がり、高度な技術と長い航続距離を手が届く価格で実現

    かつては電気自動車の分野において素人だったVolkswagen(フォルクスワーゲン)が今、その未来をテクノロジーに賭けている。3万3995ドル(約370万2700円、連邦政府または州による補助金の適用前の価格)から入手可能な5人乗りフル電動クロスオーバーである新しいフォルクスワーゲンID.4は、EVを主力製品にしようとするフォルクスワーゲンが初めてグローバル市場を目指して取り組んだ成果であり、2050年までにカーボンニュートラルを実現するというさらに大きな目標への一歩でもある。 結論から言えば、VW ID.4は、バランスよく融合されたテク… 続きを読む

  • 自分の肌の色とパーソナルカラーがわかるZOZOの測定ツール「ZOZOGLASS」を体験

    自分の肌の色とパーソナルカラーがわかるZOZOの測定ツール「ZOZOGLASS」を体験

    ZOZOのフェイスカラー計測ツール「ZOZOGLASS」。3月19日、ZOZOが開催したメディア向けのZOZOGLASSの体験会に筆者も参加し、ZOZOGLASSを試してきたので、使い勝手の程をお伝えしたい。 ZOZOGLASSはレンズの入っていないメガネ型の計測ツール。ZOZOGLASSをかけた状態で、ZOZOTOWNのアプリを使い、自分の顔を映すことで肌色を測定できるというものだ。 続きを読む

  • Amazon Echo Show 10レビュー、「回転するスクリーン」モーション機能は無効化していい

    Amazon Echo Show 10レビュー、「回転するスクリーン」モーション機能は無効化していい

    新しいスマートホームデバイスが登場するたびに、新たな疑問が湧く。利便性を得るためにはプライバシー、セキュリティ、そして他には何を諦めればいいのかという疑問だ。新製品を自宅に導入し、こうした話題を持ち出して評価するのは、アンチテクノロジー派だからというわけではない。 続きを読む

  • Copy.aiのAI利用記事作成システムは「使える」レベルの驚異的な出来、日本語も対応

    Copy.aiのAI利用記事作成システムは「使える」レベルの驚異的な出来、日本語も対応

    Copy.aiの資金調達ラウンドを取材する際に私はAIによる文章作成を実際に試してみた。その結果、非常に魅力的なアイデアだと感じた。この好奇心を満たすためには実際に使ってみるのが手っ取り早い。そこで今朝、CopyのライバルであるHeadlimeと比較しながら利用してみた。 続きを読む