ライドシェア(用語)

ライドシェアに関連する記事一覧

  • NearMeの特定少人数を乗せる通勤専用シャトルが九州で実証実験、トヨタ自動車九州と共同で

    NearMeの特定少人数を乗せる通勤専用シャトルが九州で実証実験、トヨタ自動車九州と共同で

    タクシー相乗りサービスや空港やゴルフ場までの相乗りシャトルサービスなどを展開するNearMeは(ニアミー)は6月30日、トヨタ自動車九州と共同で九州エリアでの通勤専用シャトル「nearMe.Commute」の実証実験を開始した。 続きを読む

  • ジャガー・ランドローバーが都市型のライドシェア用電気自動車を発表、2021年の試験運用を目指す

    ジャガー・ランドローバーが都市型のライドシェア用電気自動車を発表、2021年の試験運用を目指す

    ジャガー・ランドローバーは、Project Vectorという名の4輪の都市型電気自動車を発表した。このコンセプトカーは空港で走っている低床のシャトルバスのようだ。同社はイングランドのコベントリー市議会とウエスト・ミッドランズ合同行政機構と共同で、Vectorを使った試験運用サービスを、早くも「2021年後半」には開始する予定だという。 続きを読む

  • SpaceXが衛星打ち上げライドシェア開始、料金1億円超で予約受付中

    SpaceXが衛星打ち上げライドシェア開始、料金1億円超で予約受付中

    SpaceXnchが衛星打ち上げをウェブから予約できるツールを発表した。Falcon 9の打ち上げに際し、ペイロードに余裕がある場合、ライドシェア方式でミニ衛星を搭載できるというものだ。 続きを読む

  • アウディは自ら運営するライドシェアサービスを南ドイツで実験

    アウディは自ら運営するライドシェアサービスを南ドイツで実験

    アウディ・ビジネスイノベーションは、南ドイツでBITSと呼ばれるライドシェアサービスをテストしている。ガソリン車と電気自動車の両方からなるフリートを使うもの。配車アプリサービスと、フリート管理テクノロジーを提供するFleetonomyとの協力による。 続きを読む

  • ライドシェアLyftがレンタカー参入、Uberは撤退済み

    ライドシェアLyftがレンタカー参入、Uberは撤退済み

    ライドシェアの登場により、金をかけて車を所有する必要性は減ってきた。だが、遠くまで行く際にはライドシェア以外の選択肢が必要なこともあるだろう。米ライドシェア大手のLyftは、レンタカーでそのようなニーズを満たすことを目指す。 続きを読む

  • ライドシェアのCREW、新潟県の⼭古志地域で“住民による利用”を想定した実証実験を開始

    ライドシェアのCREW、新潟県の⼭古志地域で“住民による利用”を想定した実証実験を開始

    MaaSプラットフォーム「CREW」を提供するAzitは11月20日、特定⾮営利活動法⼈の中越防災フロンティアと共同で、新潟県⻑岡市の⼭古志地域におけるCREWの実証実験を開始した。 続きを読む

  • 日本版ライドシェア実現へ、ロイヤルリムジン運営のアイビーアイが4億円調達

    日本版ライドシェア実現へ、ロイヤルリムジン運営のアイビーアイが4億円調達

    モビリティーや不動産に関する事業を展開するアイビーアイは9月18日、グロースポイント・エクイティとXTech Venturesが運営するファンドを引受先とした第三者割当増資により総額4億円の資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • インド最大のライドシェアサービス「Ola」が2輪車サービスに本格参入

    インド最大のライドシェアサービス「Ola」が2輪車サービスに本格参入

    インド最大のライドシェアサービスOlaは、同社の2輪車サービスOla Bikeが現在インド国内150以上の市町村で運用中であり、来年にはこの事業の規模を3倍にする計画であることを発表した。 続きを読む

  • テスラが2020年に自動運転のロボタクシー展開を計画

    テスラが2020年に自動運転のロボタクシー展開を計画

    Tesla(テスラ)は、2020年に自動運転車によるライドシェアサービスネットワークを展開するという大きなビジョンの一環として、初のロボタクシーを投入する見込みだ。 続きを読む

  • ライドシェアのLyftが上場により2300億円超の調達狙う、銘柄コードはLYFT

    ライドシェアのLyftが上場により2300億円超の調達狙う、銘柄コードはLYFT

    ライドシェアサービスを提供するスタートアップのLyftは米国時間3月18日の朝、IPOに向けたロードショーを発表した。上場は2週間以内に行われる見通しだ。 続きを読む

  • 交通の非正常化の未来へようこそ

    交通の非正常化の未来へようこそ

    ロサンゼルスでは奇妙なことが起きている。先日、オフィスでは同僚たちが、トンネルの中を浮上して走る台車でドジャーズ・スタジアム周辺の交通渋滞を緩和するというBoring Companyの提案のメリットについて話し合っていた。 続きを読む

  • NearMeが「100万円あげちゃう!」キャンペーンを実施、タクシー料金が20%お得に

    NearMeが「100万円あげちゃう!」キャンペーンを実施、タクシー料金が20%お得に

    タクシー相乗りアプリ「NearMe.」運営のNearMeは12月25日、「100万円あげちゃう」キャンペーンを開始したと発表。 続きを読む

  • UberのパートナーFairはソフトバンクから3億8500万ドルの投資を受け世界の自家用車に変革を起こす

    UberのパートナーFairはソフトバンクから3億8500万ドルの投資を受け世界の自家用車に変革を起こす

    カリフォルニア州のスタートアップFair.comは、現地時間12月20日に野心的な新しい大きな一歩を踏み出す。 続きを読む

  • NY発ライドシェア 「Via」街や交通機関との“パートナーシップ”を重視した日本戦略とは

    NY発ライドシェア 「Via」街や交通機関との“パートナーシップ”を重視した日本戦略とは

    海外と比較すると、ここ日本においてライドシェアは圧倒的に盛り上がりが足りていない。タクシー業界による猛反対や、第二種運転免許を持たないドライバーが運賃を取って自家用車に乗せる“白タク”と呼ばれる行為が禁止されていることがその背景にある。だがそんな状況にも関わらず、2012年にニューヨークで設立されたライドシェア・スタートアップのViaは2018年8月に日本での実証実験を開始した。 続きを読む

  • Lyftの月定額プラン試験、ウェイトリスト登録の受け付け開始

    Lyftの月定額プラン試験、ウェイトリスト登録の受け付け開始

    ライドシェアのLyftは、月定額プランのテストをさらに展開する。この記事掲載から数時間以内に一部のユーザーのアプリに、月定額プラン招待を申し込むウェイトリスト登録ボタンが表示される。 続きを読む

  • Elon MuskがTeslaのライドシェアネットワークについて語った

    Elon MuskがTeslaのライドシェアネットワークについて語った

    本日(米国時間5月2日)行われたTeslaの2018年第1四半期業績報告会で、TeslaのCEOElon Muskが、同社が計画する自動運転車によるライドシェアネットワーク(ridesharing network)について、いくつかの点を明らかにした。簡単に言えば、技術的な観点からはTeslaは来年末には準備が整うと、Muskが語ったということだ。しかしTeskaが、いつ実際にネットワークを立ち上げるかは、まだ明確ではない。 とはいえ実際には、規制と完全自動運転に関わる議論を行わなければならない。すなわち、人間の介入を必要としないレベル4ま… 続きを読む

  • 中国配車サービス大手Didi、中東進出へ向けCareemに出資――さらに広がるUber包囲網

    中国配車サービス大手Didi、中東進出へ向けCareemに出資――さらに広がるUber包囲網

    中国の配車サービス大手Didi Chuxingは、ヨーロッパ企業への初めての投資から1週間も経たないうちに、さらに勢力を拡大すべく、中東でUberと競合関係にあるユニコーン企業Careemへの出資を発表した。なお具体的な出資額は明らかになっていない。 そう、Didiはまた新たな市場でUberのライバルへの出資を決めたのだ。 今月に入ってから同社は、ヨーロッパ・アフリカでUberと競合関係にあるTaxifyへ投資しており、その他にもアメリカではLyft、インドではOla、南米では99、東南アジアではGrabの株主を務めている。さらに昨年中国事… 続きを読む

  • LA-SF間の寝台バスCabinが$3.3Mを調達、飛行機より高いけど人気

    LA-SF間の寝台バスCabinが$3.3Mを調達、飛行機より高いけど人気

    寝台バス(上図)のCabinが、330万ドルのシード資金の獲得を発表した。この投資をリードしたのはFounders FundのFF Angel、これに半ダースほどの投資家が参加した。この新たな資金でCabinは、その夜間運行サービスの国内供用地を増やすことができる。 続きを読む

  • イメージ戦略の一環?―、Uberが財務情報の一部を公開

    イメージ戦略の一環?―、Uberが財務情報の一部を公開

    人気配車スタートアップのUberは、この度Bloombergに財務情報の一部を公開した。その後Bloombergが報じた数字からは、同社が未だに凄まじい勢いで成長を続ける様子や、巨額の赤字を記録しながらも現金の流出を抑えつつある様子がうかがえる。 これまでにもUberの財務状況がリークしたことは何度かあったが、今回発表された内容は同社にとってポジティブなものだった。また、Uberがこのタイミングで情報を公開したというのにも納得がいく。というのも、4月に入って2017年Q1の結果が出揃ったということもあるが、崩壊しきった企業文化や短気なC… 続きを読む

  • 乗合いタクシーの最適ルートをAIで自動計算、NTTドコモと未来シェアが共同開発へ

    乗合いタクシーの最適ルートをAIで自動計算、NTTドコモと未来シェアが共同開発へ

    タクシードライバーは、長年の経験と勘を頼りに乗客を探しているだろう。しかしそう遠くない将来には、人工知能が乗客のいる場所を予測し、最適な運行ルートを提案できるようになるようだ。本日NTTドコモは未来シェアと「AI運行バス」の実現にむけた共同開発を行うと発表した。交通事業者が運行する「AI運行バス」では、AIが事前に移動需要、時間、乗車人数を予測し、それに応じて最適な走行ルートや配車数を決定するという。 続きを読む