配車サービス / ライドシェア(用語)

ライドシェア、配車サービスに関連する記事一覧

  • 「街の電動化」を目指すRevelが50台のテスラ車で全電動配車サービスを開始予定

    「街の電動化」を目指すRevelが50台のテスラ車で全電動配車サービスを開始予定

    かつては、方向性が定まらず、いろいろな形態の交通手段に場当たり的に手を出しているように思えたRevelだが、ニューヨーク市を手始めに、各都市に独自の電動化インフラを展開するという、計算された戦略がようやく見えてきた。これは、創設者でCEOのフランク・レイグ氏が当初から力強く宣言していたことだった。 続きを読む

  • スマホ不要のタクシー手配「タクシーダッシュボタン」と電脳交通のクラウド型配車システムが連携開始

    スマホ不要のタクシー手配「タクシーダッシュボタン」と電脳交通のクラウド型配車システムが連携開始

    電脳交通とモバイル・コマース・ソリューション(MCS)は、誰でも簡単にタクシーの配車依頼ができる手配環境を目指し、電脳交通が開発・提供するクラウド型タクシー配車システム「電脳交通」と、MCSが開発・提供する配車注文支援用のIoT機器「タクシーダッシュボタン」のシステム連携を発表した。タクシー利用者は、同機器のボタン操作だけでタクシーの配車依頼が可能となるとともに、タクシー事業者側は低コストで円滑な配車業務が行えるようになる。 続きを読む

  • シェアリング旅行の仏スタートアップBlaBlaCarが126億円を調達してプラットフォーム構築へ

    シェアリング旅行の仏スタートアップBlaBlaCarが126億円を調達してプラットフォーム構築へ

    大型資金調達を発表したBlaBlaCarは欧州のシェアリング旅行大手として知られており、Ouibusを買収して長距離バスのチケットのオンライン化にも進出している。うランドは転換社債で行われた。 続きを読む

  • Uberがコロナ収束後のドライバー不足対策で総額約274億円の報奨金を用意

    Uberがコロナ収束後のドライバー不足対策で総額約274億円の報奨金を用意

    Uberは米国時間4月7日、パンデミックが収束に向かいつつある中、ドライバーの復帰を歓迎し、新しいドライバーを募集するために、総額2億5000万ドル(約274億円)のドライバー刺激策を開始すると発表した。同社の広報担当者によると、復帰したドライバーと新たに就業したドライバーの両方とも、今後数カ月にわたってボーナスを受け取ることができるという。 続きを読む

  • ベルリンの高級車配車サービスBlacklaneが約28億円調達、持続可能な移動手段として事業拡大を目指す

    ベルリンの高級車配車サービスBlacklaneが約28億円調達、持続可能な移動手段として事業拡大を目指す

    世界的にUberの規模が拡大し続ける一方で、ドイツではより小規模なオンデマンド交通機関のスタートアップ企業が資金を調達し、特定のサービス分野をターゲットとするスタートアップにチャンスが残されていることを証明した。Blacklaneは、、この度2200万ユーロ(約28億円)の資金調達ラウンドを終了した。 続きを読む

  • アフリカや東欧で交通ネットワーク拡大に取り組むBoltが国際金融公社から約25.8億円調達

    アフリカや東欧で交通ネットワーク拡大に取り組むBoltが国際金融公社から約25.8億円調達

    Boltは、欧州とアフリカで、自動車やスクーター、自転車を使って人や食料品などを輸送するサービスの国際的なオンデマンドネットワークを構築している、Uberの競合企業の1つだ。このエストニアのタリンを拠点とするスタートアップは、新興市場における事業拡大を継続するために、世界銀行グループの一部門である国際金融公社(IFC)から、2000万ユーロ(約25億8000万円)の資金を調達したと、3月4日のブログ記事で発表した。 続きを読む

  • シンガポール拠点のライドシェアSWAT Mobilityが資金調達、日本におけるサービス開発に投資

    シンガポール拠点のライドシェアSWAT Mobilityが資金調達、日本におけるサービス開発に投資

    シンガポール拠点のモビリティスタートアップ「SWAT Mobility」の日本法人SWAT Mobility Japanは2月8日、資金調達を発表した。調達額は非公開。引受先はグローバル・ブレインが運営するグローバル・ブレイン7号投資事業有限責任組合(GB7号ファンド)など。またグローバル・ブレインは事業開発や知財戦略など多面的に成長支援を行う。 続きを読む

  • ライドシェアから食品の配達まで、Boltが欧州やアフリカでの事業拡大に向け190億円調達

    ライドシェアから食品の配達まで、Boltが欧州やアフリカでの事業拡大に向け190億円調達

    欧州全域で新型コロナウイルス感染の大規模な第二波が広がる中、食品や人々を自動車やスクーター、そして(最近では)自転車で移動させるオンデマンドネットワークを構築しているエストニアのスタートアップ企業が、資金調達の大規模なラウンドを発表した。 続きを読む

  • 公共交通機関にライドシェアを提供するThe Routing Companyが約5.2億円を調達

    公共交通機関にライドシェアを提供するThe Routing Companyが約5.2億円を調達

    James Cox(ジェームズ・コックス)氏は、Uberでのキャリアの大半をライドシェアリングによる渋滞緩和の問題解決に費やしてきた。 続きを読む

  • 電動モペット配車サービスRevelがオースティン撤退、根強い自動車文化に敗北

    電動モペット配車サービスRevelがオースティン撤退、根強い自動車文化に敗北

    電動モペット配車サービスのRevelは米国時間12月4日、今月中にテキサス州オースティンでの配車サービスを終了すると発表した。同スタートアップのCEOであり共同創設者のフランク・レイグ氏は、この撤退の判断の責任を、公共交通機関と並んでマイクロモビリティー・サービス全体の利用者を減らしてしまった新型コロナのパンデミックに丸ごと被せることはしなかった。 続きを読む