配車サービス / ライドシェア(用語)

ライドシェア、配車サービスに関連する記事一覧

  • シンガポール拠点のライドシェアSWAT Mobilityが資金調達、日本におけるサービス開発に投資

    シンガポール拠点のライドシェアSWAT Mobilityが資金調達、日本におけるサービス開発に投資

    シンガポール拠点のモビリティスタートアップ「SWAT Mobility」の日本法人SWAT Mobility Japanは2月8日、資金調達を発表した。調達額は非公開。引受先はグローバル・ブレインが運営するグローバル・ブレイン7号投資事業有限責任組合(GB7号ファンド)など。またグローバル・ブレインは事業開発や知財戦略など多面的に成長支援を行う。 続きを読む

  • ライドシェアから食品の配達まで、Boltが欧州やアフリカでの事業拡大に向け190億円調達

    ライドシェアから食品の配達まで、Boltが欧州やアフリカでの事業拡大に向け190億円調達

    欧州全域で新型コロナウイルス感染の大規模な第二波が広がる中、食品や人々を自動車やスクーター、そして(最近では)自転車で移動させるオンデマンドネットワークを構築しているエストニアのスタートアップ企業が、資金調達の大規模なラウンドを発表した。 続きを読む

  • 公共交通機関にライドシェアを提供するThe Routing Companyが約5.2億円を調達

    公共交通機関にライドシェアを提供するThe Routing Companyが約5.2億円を調達

    James Cox(ジェームズ・コックス)氏は、Uberでのキャリアの大半をライドシェアリングによる渋滞緩和の問題解決に費やしてきた。 続きを読む

  • 電動モペット配車サービスRevelがオースティン撤退、根強い自動車文化に敗北

    電動モペット配車サービスRevelがオースティン撤退、根強い自動車文化に敗北

    電動モペット配車サービスのRevelは米国時間12月4日、今月中にテキサス州オースティンでの配車サービスを終了すると発表した。同スタートアップのCEOであり共同創設者のフランク・レイグ氏は、この撤退の判断の責任を、公共交通機関と並んでマイクロモビリティー・サービス全体の利用者を減らしてしまった新型コロナのパンデミックに丸ごと被せることはしなかった。 続きを読む

  • 配車サービスを提供している都市では性的暴行の発生率が低いとの調査結果

    配車サービスを提供している都市では性的暴行の発生率が低いとの調査結果

    2010年のUberのローンチ以来、配車サービスは多くの都市で最も主要な交通手段の1つに成長している。配車サービスのおかげで、旅行者は手を振ってタクシーを拾う労力から解放された。幸運にも都市で車を所有することができていたとしても、飲酒運転をする必要がなく、宝くじを当てるほどの確率ともいえる駐車場を探す必要もない選択肢が用意されている。 続きを読む

  • タクシー予約・配車業務をクラウド化する徳島拠点の電脳交通が総額5億円を調達、 タクシー会社とのDX推進が超加速

    タクシー予約・配車業務をクラウド化する徳島拠点の電脳交通が総額5億円を調達、 タクシー会社とのDX推進が超加速

    タクシー会社でいまだ人力業務が多い配車・予約管理などのバックオフィス業務のDXを進めてきた、徳島を拠点とする電脳交通は10月8日、総額5億円の資金調達を発表した。 続きを読む

  • データアクセス権とアルゴリズムによる業務管理を巡り配車サービス運転手がOlaを提訴

    データアクセス権とアルゴリズムによる業務管理を巡り配車サービス運転手がOlaを提訴

    2人の配車サービス運転手が、インドに本社を置く配車サービスOlaによる、アルゴリズムを使ったギグワーカーの自動業務管理を巡り、オランダの裁判所に訴えを起こした。この手の訴訟はこれが2つめとなる。 続きを読む

  • 2040年の完全ゼロエミッションを約束するUberが車両の電動化に850億円を投入

    2040年の完全ゼロエミッションを約束するUberが車両の電動化に850億円を投入

    配車サービスの最大手Uberは、2040年までに完全なゼロエミッションを実現すると約束し、2025年までに契約ドライバーの車を電気自動車に切り替えさせるための専用の予算として8億ドル(約850億円)を確保する計画だ。その鍵となるのは、新規と、既存事業の拡大を含む4つの取り組みだ。 続きを読む

  • ジュピターテレコムがライドシェアサービス「J:COM MaaS」の実証実験を開始

    ジュピターテレコムがライドシェアサービス「J:COM MaaS」の実証実験を開始

    ジュピターテレコムは7月16日、全国約4500台のJ:COM営業車を用いた、ライドシェアサービス「J:COM MaaS」の実証実験プロジェクト「J:COM For!」の実施を発表した。日地域の足を守り、日常生活の利便性を向上させるモビリティサービスの実現を目指す。 続きを読む

  • NearMeの特定少人数を乗せる通勤専用シャトルが九州で実証実験、トヨタ自動車九州と共同で

    NearMeの特定少人数を乗せる通勤専用シャトルが九州で実証実験、トヨタ自動車九州と共同で

    タクシー相乗りサービスや空港やゴルフ場までの相乗りシャトルサービスなどを展開するNearMeは(ニアミー)は6月30日、トヨタ自動車九州と共同で九州エリアでの通勤専用シャトル「nearMe.Commute」の実証実験を開始した。 続きを読む