配車サービス / ライドシェア(用語)

ライドシェア、配車サービスに関連する記事一覧

  • Lyftの月定額プラン試験、ウェイトリスト登録の受け付け開始

    Lyftの月定額プラン試験、ウェイトリスト登録の受け付け開始

    ライドシェアのLyftは、月定額プランのテストをさらに展開する。この記事掲載から数時間以内に一部のユーザーのアプリに、月定額プラン招待を申し込むウェイトリスト登録ボタンが表示される。 続きを読む

  • Elon MuskがTeslaのライドシェアネットワークについて語った

    Elon MuskがTeslaのライドシェアネットワークについて語った

    本日(米国時間5月2日)行われたTeslaの2018年第1四半期業績報告会で、TeslaのCEOElon Muskが、同社が計画する自動運転車によるライドシェアネットワーク(ridesharing network)について、いくつかの点を明らかにした。簡単に言えば、技術的な観点からはTeslaは来年末には準備が整うと、Muskが語ったということだ。しかしTeskaが、いつ実際にネットワークを立ち上げるかは、まだ明確ではない。 とはいえ実際には、規制と完全自動運転に関わる議論を行わなければならない。すなわち、人間の介入を必要としないレベル4ま… 続きを読む

  • MITの調査により、UberとLyftのドライバーたちの過酷な状況が明らかに

    MITの調査により、UberとLyftのドライバーたちの過酷な状況が明らかに

    配車サービスの巨人であるUberとLyftは、自分の車と運転スキルを提供して会社のコアサービスを支える何十万人もの米国の独立契約者たちに対して、お話にならない手取り金額しか与えていないことが、2つのアプリプラットフォームの経済性を調査したMIT CEEPRの調査によって明らかになった。 この報告書は、ギグエコノミー(ネットを通して一時的な仕事を請け負う労働環境)プラットフォームの労働者たちの、労働環境に関する議論を巻き起こしている。そして同時に、VCが資金を提供するテクノロジーの巨人たちが、税金を逃れることによる社会的影響についての深刻な… 続きを読む

  • Lyftの調査で、その利用者のうち25万人が2017年に自家用車を手放したことが明らかに

    Lyftの調査で、その利用者のうち25万人が2017年に自家用車を手放したことが明らかに

    Lyftは2017年におけるその「経済的インパクト」 に関する詳しいレポートを発表した。レポートにはその業績に関する沢山の統計情報が含まれている。この配車サービス業者によれば、2017年にはのべ3億7550万回の乗車があり、1年前に比べると130%の成長となった。そのうちユニークな乗客数は2300万人であり、これは1年前に比べて92%の成長である。登録されているドライバーは140万人で、2016年の登録数に比べると100%の増加をみている。 Lyftは車の個人所有に関するインパクトに関する、強い主張も行っている:同社によれば、2017年だ… 続きを読む

  • UberがQ3決算を発表、赤字幅は15億ドルに拡大

    UberがQ3決算を発表、赤字幅は15億ドルに拡大

    Uberが株主向けに2017年第3四半期の業績を発表し、赤字傾向が継続していることがわかった。 第3四半期の赤字幅は14億6000万ドルで、第2四半期の10億6000万ドルから拡大。その一方で、売上高は第2四半期の16億6000万ドルから20億1000万ドルへと増え、総資産価額も同様に87億4000万ドルから97億1000万ドルへと増加した。 Bloombergが最初にこのニュースを報じ、TechCrunchでも情報筋との確認がとれた。Uberは現状を説明することで、株主に対して現地時間11月28日にスタートした公開買付で株式を売却すべき… 続きを読む

  • Uberは2016年にデータ漏洩事件を起こし、5700万人の乗客とドライバーが影響を受けていた

    Uberは2016年にデータ漏洩事件を起こし、5700万人の乗客とドライバーが影響を受けていた

    Uberは2016年にデータ漏洩を引き起こし、乗客とドライバーの両方を含む5700万人に影響を与えていた。漏洩したのは名前、電子メールアドレス、そして電話番号だ。その影響を受けたグループには、5000万人の乗客と700万人のドライバーが含まれていたが、ブルームバーグからの新しいレポートによれば、およそ60万人分の米国人ドライバーのライセンス番号も含まれていたということだ。 Uberはこの事件を規制当局や影響を受けた顧客たちに報告しなかったが、その代わりに、レポートによれば、漏洩の事実を口外せずデータを削除することと引き換えに「ハッカーた… 続きを読む

  • Grab、Uber撃退に向けてミャンマー市場への1億ドルの投資計画を発表

    Grab、Uber撃退に向けてミャンマー市場への1億ドルの投資計画を発表

    Grabは隣国ミャンマーの配車市場制覇に向け、これから3年間かけて総額1億ドルを投資すると発表した。 ミャンマーは現在世界のネット市場でもっとも注目されている国かもしれない。以前まで軍事政権下にあった同国ではネットへのアクセスが厳しく制限されていたが、2015年の総選挙を受けてインターネットが一般に開放されることになった。 そこに商機を見出した通信会社やテック企業が、かつては人里離れた小国でしかなかったミャンマーになだれ込み、携帯電話が一般市民の間で急速に普及していった。軍の支配下に会った頃には200ドルから最大1500ドル以上もしたSI… 続きを読む

  • 中国配車サービス大手Didi、中東進出へ向けCareemに出資――さらに広がるUber包囲網

    中国配車サービス大手Didi、中東進出へ向けCareemに出資――さらに広がるUber包囲網

    中国の配車サービス大手Didi Chuxingは、ヨーロッパ企業への初めての投資から1週間も経たないうちに、さらに勢力を拡大すべく、中東でUberと競合関係にあるユニコーン企業Careemへの出資を発表した。なお具体的な出資額は明らかになっていない。 そう、Didiはまた新たな市場でUberのライバルへの出資を決めたのだ。 今月に入ってから同社は、ヨーロッパ・アフリカでUberと競合関係にあるTaxifyへ投資しており、その他にもアメリカではLyft、インドではOla、南米では99、東南アジアではGrabの株主を務めている。さらに昨年中国事… 続きを読む

  • LyftとAmtrakが旅のファーストならびにラストマイルの提供で提携

    LyftとAmtrakが旅のファーストならびにラストマイルの提供で提携

    LyftとAmtrakは、Amtrakアプリユーザーがモバイルから直接旅行の予約ができるように、パートナーシップを組む。Lyft乗車要求機能は、旅行者たちが旅の最初と最後の部分をアレンジできるようにデザインされていて、今回の提携により新しいLyftユーザーたちは最初の4回の乗車に5ドルのクレジットが供与される。 これはLyftが1週間のうちに発表した、自身の隣接領域で活動している主要プレーヤーとのパートナーシップを示すもう1つの例だ。他に発表されているものにはリゾートにおけるディズニーとの提携、そして途中立ち寄りを許すTaco Bellと… 続きを読む

  • Lyftとディズニーが提携して、ディズニーワールドの中で「ミニーバン」を走らせる

    Lyftとディズニーが提携して、ディズニーワールドの中で「ミニーバン」を走らせる

    Lyftは新しい強力なパートナーを得た。Disney Parksだ。ゲストのための追加のホスピタリティとして、選ばれたリゾート内でのオンデマンド移動を提供する。このサービスには、「ミニーバン」が使われる。すなわちミニーマウスのトレードマークのドレス柄でペイントされたミニバンだ。格好のオヤジギャグネタでもある。 このバンはフロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドリゾート内のあらゆる目的地に客を連れて行く。それぞれ6人までのゲストが乗ることができる。各バンには、幼い子供たちのために2席のチャイルドシートも用意されている。試験運転は… 続きを読む