risc os

  • Raspberry PiがRISC OSをゲット, 25年前にARMのウィザードたちが作ったシステムだ

    Raspberry PiがRISC OSをゲット, 25年前にARMのウィザードたちが作ったシステムだ

    1987年に、ARMの初の縮小命令セットコンピュータ(reduced instruction set computer, RISC)チップが登場したとき、ARMの当時の前身であるAcorn ComputersのプログラマたちがRISC OSを作った。それはシンプルな‘協力型マルチタスク’のOSで、小型コンピュータへの搭載を想定していた。その後Linuxほどポピュラーにはならなかったが、今でもRISCについて知るための良い教材であり、しかもブートが高速で本格的なGUIもある。そして今回、Raspberrypi.orgに載っ… 続きを読む