Riverfield

  • 東工大発・手術支援ロボットベンチャーのリバーフィールドが総額11.5億円を調達

    東工大発・手術支援ロボットベンチャーのリバーフィールドが総額11.5億円を調達

    東京工業大学発の医療機器ベンチャー、リバーフィールドは、第三者割当増資による資金調達の実施を明らかにした。同社は7月末、芙蓉総合リースと三恵技研工業を引受先として、合計5億円を調達。10月18日には、SBIインベストメント、東レエンジニアリング、ジャフコ、Beyond Next Venturesの各社または各社の運用するファンド等を引受先として、第三者割当増資を実施。一連の調達による調達資金は総額11.5億円となる。 続きを読む