Robinhood(企業)

Robinhoodは株取引アプリを提供する米国のスタートアップ。

  • 株取引アプリのRobinhoodが英国サービス立ち上げを無期延期

    株取引アプリのRobinhoodが英国サービス立ち上げを無期延期

    米国の株式取引アプリRobinhood(ロビンフッド)は英国でのサービス立ち上げを「無期限」に延期する。同社は1年半以上前に海を渡って事業を展開する計画に着手していた。しかし現在、同社はホームマーケットの事業に再び注力する。 続きを読む

  • 人気C向けアプリはいかにして初期ユーザー1000人を獲得したのか?

    人気C向けアプリはいかにして初期ユーザー1000人を獲得したのか?

    C向けサービスがいかにして最初の1000人を獲得するかしっかりまとまってる記事は意外とありませんでした。レニーさんの記事は、実際に創業者のヒアリングを行い、過去インタビューを遡り、Twitterで質問したりした事実に基づく濃密なレポートです。 続きを読む

  • モバイル株取引のロビンフッドが2週間で3度目のダウン

    モバイル株取引のロビンフッドが2週間で3度目のダウン

    この2週間で3回目のダウンを起こしたRobinhood(ロビンフッド)の経営チームは、自分たちのビジネスを動かしている技術基盤を根本から見直す必要があるかもしれない。 続きを読む

  • 株取引アプリ「Robinhood」がNY市場大暴落中に再びダウン 

    株取引アプリ「Robinhood」がNY市場大暴落中に再びダウン 

    Robinhoodのトレーディングアプリを利用していた投資家は、同アプリがウォール街の株価暴落のためダウンした後、再び取引から締め出されることになった。約1時間のダウンタイムを経て、アプリの機能は部分的に復旧している。 続きを読む

  • 2009年以来最大のダウ平均上げ幅の日に株取引アプリ「Robinhood」がシステムダウン

    2009年以来最大のダウ平均上げ幅の日に株取引アプリ「Robinhood」がシステムダウン

    76億ドル(約8130億円)以上のバリュエーションがついた株取引アプリのRobinhoodは、2020年最も忙しい取引日である米国時間3月2日に、最悪のシステムダウンに見舞われた 続きを読む

  • モルガンスタンレーのEトレード買収裏でロビンフッドはソーシャルトレーディングに向け準備

    モルガンスタンレーのEトレード買収裏でロビンフッドはソーシャルトレーディングに向け準備

    76億ドル(約8400億円)の価値がつく前、Robinhood(ロビンフッド)がもともと持っていたアイデアは株式取引ソーシャルネットワークだった。2013年、サンフランシスコの筆者自宅のキッチンテーブルで創業者らは、予測の正確性を争う順位表が閲覧できるフィードを用意し、そこに投稿された耳寄り情報を共有するアプリを構想していた。SEC(米証券取引委員会)承認後は、本当に稼げるような方向へ転換した。アプリで株式を売買したり、資金を借りて代金を払えるようにしたのだ。 続きを読む

  • 高価な株式でも0.000001株から購入できるRobinhoodの1株未満取引

    高価な株式でも0.000001株から購入できるRobinhoodの1株未満取引

    Amazon株は1株1700ドル(約19万円)以上するため、資金力がない投資家は取引から締め出されている。株の取引を身近にするために、Robinhood(ロビンフッド)は「1株未満」取引の取り扱いを始めた。 続きを読む

  • 株取引アプリのロビンフッドがパスワードを平文で保存していた

    株取引アプリのロビンフッドがパスワードを平文で保存していた

    株取引アプリのRobinhood(ロビンフッド)が、一部のユーザーのパスワードを含む資格情報を社内システムに平文で保存していたことを明らかにした。 続きを読む

  • 株取引アプリのロビンフッドが350億円調達し企業価値8200億円に

    株取引アプリのロビンフッドが350億円調達し企業価値8200億円に

    人気の株取引アプリRobinhood(ロビンフッド)は米国時間7月22日朝、DST Globalが主導した3億2300万ドル(約350億円)という巨額のラウンドを発表した 続きを読む

  • 投資アプリRobinhoodからADR経由で外国の上場企業に投資できるようになった

    投資アプリRobinhoodからADR経由で外国の上場企業に投資できるようになった

    アメリカ国内を対象とする投資と投機のアプリRobinhoodで、米国預託証券(American Depositary Receipt, ADR)を利用して外国で上場されている企業に投資する(株を買う)ことができるようになった。 続きを読む

  • 手数料ゼロの画期的な株式売買サービス、RobinHoodが限定ベータ開始

    手数料ゼロの画期的な株式売買サービス、RobinHoodが限定ベータ開始

    E*TradeやScottradeが取引1回ごとに7ドルから10ドルの手数料を取るのに対して、RobinHoodでは手数料ゼロで株式の売買ができる。今日(米国時間2/27)、RobinHoodは登録済みユーザー16万人に新しいアプリを公開し、限定ベータテストを開始した。「株式取引アプリとして今まででいちばん素晴らしいデザインだと思う。しかしわれわれの強みはそこではない」と共同ファウンダーのVlad Tenevはジョークを飛ばした。 なるほどRobinHoodはスタイリッシュなアプリだが、株式売買が手数料なしで可能だというのは驚きだ。読者は… 続きを読む