ロボット(用語)

ロボットに関する記事一覧

  • 「ごほうび」でロボットに正しいタスクのやり方を訓練する研究論文が発表

    「ごほうび」でロボットに正しいタスクのやり方を訓練する研究論文が発表

    ロボット学習を積極的に追求しているロボット教師養成機関は、おそらく世界には存在しないだろう。しかしこの分野は、産業界に大きな可能性をもたらす鍵を握っている。 続きを読む

  • ゲームやチャットを通じて新しい言語を学べるソーシャルロボ

    ゲームやチャットを通じて新しい言語を学べるソーシャルロボ

    言語学習で一番重要なのはなんといっても繰り返し練習することだ。ここで紹介する愉快なロボットは、この過程を楽しくし言語学習を助ける。 続きを読む

  • Boston Dynamicsの四足ロボが病院内を闊歩、新型コロナの遠隔医療で活躍

    Boston Dynamicsの四足ロボが病院内を闊歩、新型コロナの遠隔医療で活躍

    この2週間、Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)のロボット、Spot(スポット)は、地元ブリガムアンドウィメンズ病院の廊下を歩きまわっている。 続きを読む

  • 無人カフェロボが丸の内・新東京ビルで実証実験開始、アプリから事前注文で待ち時間なくコーヒー受け取り

    無人カフェロボが丸の内・新東京ビルで実証実験開始、アプリから事前注文で待ち時間なくコーヒー受け取り

    無人カフェロボット「root C」を開発するNew Innovationsは3月24日より、三菱地所の協力のもと東京・丸の内エリアの新東京ビルにて同サービスの実証実験を開始する。 続きを読む

  • “下膳ロボ”で飲食店の片付けを自動化、Google出身エンジニア創業のスマイルロボティクスが資金調達

    “下膳ロボ”で飲食店の片付けを自動化、Google出身エンジニア創業のスマイルロボティクスが資金調達

    下膳自動化ロボットを開発するスマイルロボティクスは1月30日、ANRIとディープコアより総額で4500万円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • Trifoが新ロボット掃除機を発表、約16億円の調達も

    Trifoが新ロボット掃除機を発表、約16億円の調達も

    ちょうど2年前、PerceptInはシリーズAで800万ドル(約8億7000万円)を調達したと発表した。200万ドル(約2億2000万円)のシードラウンドに続いて行われた資金調達で、このスタートアップは車からロボット掃除機まで、幅広い製品のためのセンサーを披露することが明かされた。 続きを読む

  • 深海調査のための自動運転深海艇を運用するTerradepthが約8.8億円を調達、創業者はNavy SEALs出身

    深海調査のための自動運転深海艇を運用するTerradepthが約8.8億円を調達、創業者はNavy SEALs出身

    深海の地図作成やデータ収集には膨大な費用がかかるためわずかな調査しか行われていない。元米海軍特殊部隊Navy SEALsにいた二人が立ち上げたTerradepthは自動運転の潜水艇でこの状況を変えようとしている。 続きを読む

  • デリバリーロボが地図なしで配達先のドアを自力で見つける方法

    デリバリーロボが地図なしで配達先のドアを自力で見つける方法

    MITの研究者たちが開発した新しい行路発見方法は、さまざまな業界で客先まで物を届けなければならないロボット、いわゆるデリバリーロボットにとても役に立つ。 続きを読む

  • MITのブロック型ロボットは相互通信によって集団行動

    MITのブロック型ロボットは相互通信によって集団行動

    MITのComputer Science and Artificial Intelligence Laboratory(コンピューターサイエンスと人工知能研究所、 SAIL)が考案したこのキューブ状のロボットは、自力で移動し、お互いとコミュニケーションして協調しながら自分たちを何らかの構造物へ組み立てる。 続きを読む

  • Mistyがプログラム可能な教育用ロボを支援者に出荷開始

    Mistyがプログラム可能な教育用ロボを支援者に出荷開始

    CESでSpheroのスピンオフとなるMistyを見た時には、プログラム可能なロボットことMisty IIが4月に発売される予定だった。このスタートアップは米国時間9月4日の朝、数週間のうちに500人ほどのクラウドファンディング支援者に、ロボットを出荷すると発表した。 続きを読む